« @nifty:NEWS@nifty:イラク邦人拘束、情報収集に全力(読売新聞) | Main | 「注文の多い料理店」 »

May 16, 2005

南野法務大臣という人

について、ふと思い出したこと。

この大臣は任命されてすぐの頃、かなり「個性的」なドピンクファッションとわけのわからない答弁で罷免要求までされて話題になった人だ。

さて、私は鹿児島県出身でこの南野という人にこの世に取り上げられたというトホホな過去を持っている。
テレビでこの人の顔を見るたびになんだか嫌な予感があったため、母にそれとなく「ねぇ、このおばさんって鹿児島の看護協会出身じゃないの?」と聞いてみたのだ。
すると母は「そうだよ、この人があんたの『取り上げばあさん(ママ)』だよ。私あの人大嫌いだったわ(笑)」。
ああ…。
当時はなんとなく日記に悪口を書くのも憚られそのままにしていた。

しかし、気にかかっていたことがあり遅ればせながら日記に記しておこうと考えた。
それは、彼女が県の職員である看護士たちに「婦長になりたければ、J民党への入党届けを書け、書かないと出世させないぞ」ということを平気でやっている日本看護協会の出身であることが、当時騒がれた様々な理由(まともな答弁が出来ないとか、下品だとか)よりももっと法務大臣にふさわしくないんだなと感じたことを残しておかなければと。
日本看護協会はいわずと知れたぶっ壊されるべきだったJ民党の支持団体。
うちの母は労働組合運動をしていたため目をつけられ、J民党の入党届けも断固拒否し続けたのでめでたく婦長になることはなく数年前に退職した。

法律をつかさどる法務省の大臣がこんな人権感覚の微塵もない団体の出身で、かつ、自分がその先頭に立ってJ民党員を大量に確保したことで出世してきたような人間だからふさわしくない。というのがほかで見かけるどんな理由よりも重たい理由である気がする。

私は、母に「そんなに悪いことだと思うならばなんで辞めるまでに内部告発しなかったのか」と「今からでも遅くないから告発しろ」と言ってきた。だから、自分の考えをここにまとめて記しておきたい。
名誉毀損で訴えられたとしても責任を負う覚悟で(笑)。

|

« @nifty:NEWS@nifty:イラク邦人拘束、情報収集に全力(読売新聞) | Main | 「注文の多い料理店」 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Use good high quality 2 cycle oil (higher if it comprises gasoline stabilizer).

Posted by: craftsman chainsaw chain will not turn | September 22, 2014 at 07:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/4158350

Listed below are links to weblogs that reference 南野法務大臣という人:

« @nifty:NEWS@nifty:イラク邦人拘束、情報収集に全力(読売新聞) | Main | 「注文の多い料理店」 »