« 南野法務大臣という人 | Main | 靖国神社公式参拝 »

June 03, 2005

「注文の多い料理店」

新銀行東京新宿支店が5月日にオープンした。石原都政が「中小業者のために」と鳴り物入りで血税を注ぎ込んだ銀行だ。石原都知事が発案。「貸し渋り問題への対処が目的で、中小企業への貸し付けをメインとする。無担保・無保証でも、赤字でも債務超過でも、5000万円まで融資」と、資本金は1500億円、のうち1000億円を東京都が出資した。
蓋を開けてみると、「審査費用2万円よこせ」「青色申告じゃなきゃ駄目」「税金の完納証明が必要」。申し込んでみると1000万円のはずが500万円に減額され、利息が9%の2年返済。「サラ金よりましでしょう」程度の内容だ。既存の制度を拡充したほうがよっぽど中小業者のためになったのではないか。
中小業者は宮沢賢治の寓話「注文の多い料理店」のハンターのようだ。 

|

« 南野法務大臣という人 | Main | 靖国神社公式参拝 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/4393756

Listed below are links to weblogs that reference 「注文の多い料理店」:

» 新銀行東京 [銀行の知識]
新銀行東京新銀行東京(しんぎんこうとうきょう、''ShinGinko Tokyo, Limited'')は、信託銀行に属する金融機関である。なお金融庁の分類では、「新たな形態の銀行|新たな形態の銀行等」として、ネット専業銀行など、新規参入銀行とともに位置付けられている。Wikipediaより引用...... [Read More]

Tracked on July 05, 2005 at 01:01 PM

« 南野法務大臣という人 | Main | 靖国神社公式参拝 »