« 解散総選挙 | Main | 小泉内閣による「痛み」を忘れない »

August 20, 2005

言葉の嘘は言葉で対抗したい

4月25日のJR西日本の事故からまだ4ヶ月も経たないうちに、この国のマスメディアは「民営化」という名の「私物化」の問題をなかったことにしている。

郵政「民営化」問題も然り。国民の財産をまた合衆国や大企業にくれてやろうとしている(あるいは極端に安価で譲り渡そうとしている)。

様々な事象の腐った中味を、美しい言葉やコマーシャルで飾り立てて私たちに進呈し続けている。

それらの嘘に対抗する手段はやはり言葉ではないだろうか。「民営化」は全て「私物化」に置き換えると、この国の実際がもっとよくわかるようになると思う。

|

« 解散総選挙 | Main | 小泉内閣による「痛み」を忘れない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/5558278

Listed below are links to weblogs that reference 言葉の嘘は言葉で対抗したい:

» 郵政民営化の本質 - 【官から民へ】 ではなく 【公から私】 へ [世に倦む日日]
昨夜の『ニュース23』では野中広務が生出演して、小泉政権の郵政民営化に反対の正論を訴えていた。やはり野中広務は評論家よりも政治家の方が似合っている。まさに政治家が天職の男で、政界を引退する最後までその弁説にはキレがあった。この十年間に日本に存在した稀少なステイツマン(ポリティシャンに対する)と言える。野中広務が健在であったなら小泉首相の衆院解散は阻止できただろう。無能な亀井静香だから駄目だった。亀井静香は東大経済学部卒で野中広務は園部高校卒だが、この二人を比較すると、本当に、人間は学歴ではないという... [Read More]

Tracked on August 21, 2005 at 09:32 AM

» 国民を騙すような候補者・政党は支持できない [このままでいいの?ニッポン]
 総選挙投票日が近づいてきました。   小泉首相・自民党は郵政民営化を唯一の争点としています。  しかし、小泉首相・自民党は国民に対し嘘をついています。  たくさんの嘘がありますが、その中の2点について取り上げてみます。  第一は、「小さな政府」の嘘です。  小泉首相は郵政民営化を唯一の争点とし、竹中大臣・自民党幹部・候補者たちとともに口をそろえて「小さな政府か大きな政府か」「役人天国でいいのか」と同じせりふを繰り返しています。  その結果、各世論調査によると、国民の郵政民営化問題へ... [Read More]

Tracked on September 11, 2005 at 02:46 AM

« 解散総選挙 | Main | 小泉内閣による「痛み」を忘れない »