« 年次要望書と日本の右翼 | Main | @nifty:NEWS@nifty:ヤミ金取り立て苦に男性自殺…警察、対応遅れる(読売新聞) »

September 22, 2005

民主主義の危機 表現の自由は死んだのか?

9・11はこの国の表現の自由を、マスメディア自身がかなぐり捨て、利潤の犬たる醜い姿が白日の下に曝された日でもあった。

最近私はブルーリボンをサイトにリンクした。これは、インターネットの表現の自由を守ろうというキャンペーンに賛同する趣旨だ。マスメディアだけではない。インターネットの表現の自由もいま危機に曝されている。

とくらblogで紹介されていた記事がそのことを物語っている。
JANJANによると、YOHOOの子会社オーバーチュア社が「靖国参拝」「反日デモ」「憲法9条」などの用語を含む記事に関する広告掲載を拒否するケースが多発したことで、広告契約を結んだ日本ビデオニュース社がウェブサイトの検索連動型広告システムを運営するオーバーチュア株式会社(本社・東京都港区、上野正博社長)を相手取り、東京地裁に広告掲載を求める仮処分命令を申請した。
--------------------------------引用開始
日本ビデオニュース社は05年3月30日に検索連動型広告システムの契約を締結した。ところが、当初から「靖国参拝」「反日デモ」「憲法9条」などの用語を含む記事に関する広告掲載を拒否するケースが多発した。そこで、オーバーチュア社に問い合わせたところ、「特定の政治団体・個人を誹謗中傷するような内容が見受けられたため、弊社ガイドラインにより、掲載をお受けできないと判断した」との回答(7月13日)があった。

 日本ビデオニュース社が「どの部分が誹謗中傷なのか」と問い合わせたのに対して、オーバーチュア社は「誹謗中傷」は取り消したが、今度は「特定の組織・団体への批判が含まれる」として、日本ビデオニュース社のサイト全体について広告掲載を拒否することを通告(7月20日)してきた。

 さらに、日本ビデオニュース社は「報道機関の広告は掲載しないという趣旨か」と問い合わせた。これに対して、オーバーチュア社は「特定の組織・団体への批判と見受けられる表現がある場合は掲載不可」との回答(7月26日)を寄せた。それ以降の問い合わせには回答がない。日本ビデオニュース社の話では、これまでに依頼した広告のうち、174件が不掲載になっているという。
--------------------------------引用終了

憲法で保障された権利よりも、一私企業の内規を上に置くという思想にインターネット広告を寡占している企業の傲慢さがにじみでる。大きな力を持つ私企業が個人の知る権利や他社の表現の自由を侵害する典型例だ。
JRでも経済効率を無視して、運転士をコンビニやレストランで働かせるという嫌がらせが横行したことを忘れてはならない。
経営者であっても経済効率だけで動くとは限らない、人間は主観の枷から逃れられないからだ。市場原理主義はこの点をわざと隠蔽している。

先日書いたトヨタ自動車や旧来から知られる建築関係の会社の選挙介入は、短期的な経済効率のみから行われる社会や政治への不当介入といってもいいだろう。

最近感じたことは、タダで垂れ流されるテレビの情報歪曲の酷さだ。タダほど高いものは無いということだろうか。
自ら調べ労力をかけたり、書籍を購入したりできない人間は情報操作の餌食になる時代が到来している。
自らの利益を守るためにも信頼できる正確な情報源と判断能力が必要だ。
虚飾と礼賛の渦に弱いものが飲み込まれていく。渦に飲み込まれた者を自己責任論で切り捨てる。
人間が人間らしく生きる権利そのものが奪われる序曲だ。

On the Beachに全く同感。
北朝鮮の人々をあざ笑うことなど今の私にはとうていできない。

法格言で「権利の上に眠れるものは保護されない」という言葉がある。自分たちが何もしなくても守られるということは無い。主張しはっきりと意思表示しなければ権利は権利ではいのだ。

|

« 年次要望書と日本の右翼 | Main | @nifty:NEWS@nifty:ヤミ金取り立て苦に男性自殺…警察、対応遅れる(読売新聞) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

すみませ~ん。TBがだぶってしまいました。お手数ですが、2つ削除願います。
いつもいろんな情報をいただいていますが、これからも 何かがおかしい? を発信し続けて下さい。よろしくお願いします。

Posted by: とくら | September 23, 2005 at 05:25 PM

いえいえ、私もよくダブってますから(笑)
こちらこそいつもとくらさんの熱い思いのこもったブログを楽しみにしています(^^)
今の時代は何が本当なのかがわかりづらいので、少しでも事実の積み重ねのうえにたつ真実を探したいと思って考えつづけています。
とくらさんと同じく足りないづくしのなかですが少しでもいろんなことが良くなる一助になるといいですよね。

Posted by: miyau | September 23, 2005 at 11:45 PM

そうですね。表現の自由といっても。
自らそれを行使しなければ 意味がない。
9条堅持を 街角で 表現し 発表し 叫び
コイズミ打倒を 叫ぶ ことが いま 一番
大切なこと かもしれない。ブログ やってる
場合ではない。か。

Posted by: かものはし | October 09, 2005 at 06:24 PM

かものはしさんコメントありがとうございます。
そうですね。
ブログだけでなくオフラインの世界にまで影響を及ばせるくらいでないと、単なるガス抜きで終わってしまいますから。
行動に移すための認識の発展を起こしていけるといいですね。
ところで、かものはしさんのリンクがおかしいので、ブログにおじゃまできませんでした。差し支えなければ正しいリンクを教えてください。

Posted by: miyau | October 10, 2005 at 01:24 PM

失礼しました。うまく いくかどうか。

Posted by: かものはし | October 14, 2005 at 11:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/6068739

Listed below are links to weblogs that reference 民主主義の危機 表現の自由は死んだのか?:

» 報道規制に乗り出したYahoo!-ビデオニュースファンの方からのコメントです。  [とくらBlog]
 早く書いたほうがいいと思うけど、仕事もあるし、早く行かなくちゃとあせりながら書いているので、タイミングを失って書かないままになることがたくさんあります。そこで、ちょっと手抜きですが、昨日いただいたまりもさんからのコメントとそれにお返事した私のコメントをそのまま転載します。リンクをはったのは私です。  (以下、まりもさんからのコメントの転載です。) とくらさん、こんにちは。 時々のぞかせていただいています。 私も、ビデオニュースのファンなのですが、 JANJANで気になる記事をみつ... [Read More]

Tracked on September 23, 2005 at 12:54 PM

» 歴史修正主義論 [反戦老年委員会]
仮想定例委員会(出席者:硬、乙、平) 平 定例委員会のテーマ(カテゴリ)「反戦論 [Read More]

Tracked on September 23, 2005 at 05:05 PM

» 小泉純一郎 日本を北朝鮮化する [PARDES]
憲法改正も原則的に許容されるものであり、確かにその施行を整備する法案がなかったのは事実であり、当然、整備されてしかるべきである。しかし問題は、自民党が提出しようとしている案の 『国民投票法』 の内容である。なんと言論弾圧を可能にする条文が盛り込まれているそうである。これに公明党が同意するのは、当然としても、信じられないことに、民主党までつるむ動きもあると聞く。自公民大連立的暴挙に及ぶならば、小泉も、神崎も、前原も、詰め腹�... [Read More]

Tracked on September 25, 2005 at 01:53 PM

» 民主党よ、国民投票法で妥協するな! [PARDES]
大体、構造改革、財政赤字、年金問題、社会保障、教育問題、外交問題、防衛問題、貿易問題、そして憲法改正と、日本国が抱える懸案は、出尽くし、同じ問題を争っているのであり、要点は、それをどのような方法で解決するかということに尽きる。自公連立政権と民主党が、一見似たようなことをやっているように見えるのは、やむを得ない。国民は、与野党の政策・対案を十分吟味する必要があるし、与党には厳しい目を向け、野党には明確な対案を求めるという態度が重要だと思われ... [Read More]

Tracked on September 29, 2005 at 08:27 AM

« 年次要望書と日本の右翼 | Main | @nifty:NEWS@nifty:ヤミ金取り立て苦に男性自殺…警察、対応遅れる(読売新聞) »