« 投票まだの人いますか? | Main | トヨタ自動車と総選挙(小泉純一郎の背後に見えるもの) »

September 11, 2005

ブログと民主主義

私のブログは、ひっそりこっそり自分で正しいと思うことを時々書き綴ってきた。他人に読まれるに足りる文章を書く自信もなかったからだ。

今回の選挙前日(遅すぎますね)、身につまされる話を聞いて、もっといろんな人に考えて欲しいという気持ちがますます強くなった。
陰に隠れていた私は、かねてからお気に入りでアクセス数の多い「世に倦む日々」にトラックバックを送った。
「自民圧勝」投票日の前にもかかわらず、人々の抵抗を抑えるかのように連日マスメディアは垂れ流しつづけた。
いや、まだあきらめてはいけないと、それに抗うブロガーの人を見かけるたびにトラックバックを送りつづけた。
土日と仕事になってしまい。時間が足りないな。自分の能力が足りないな。と感じながらもできることをやろうとトラックバックを。

熱い気持ちでいろいろな人が「この国のことをあきらめないで」と訴えていた。胸が熱くなった。
たぶん、トラックバックを受けた人、送った人は様々な支持政党があったり無党派だったり基本的な考え方が違う人がいた。
それでも、共通する意識があったように思う。

この国の未来をあきらめてはいけないという気持ち。

すさまじいプロパガンダ報道のなかで、警鐘を鳴らす声はかきけされた。
今回の衆議院選の結果、自民党と公明党の鵺のような政権の延命どころかより一層強力に憲法を変えることができる力を持つほどになった。与党に投票した人々は、自分の投票した人の政策に責任を負っている。
頼まれただけ、なんとなく、どういう理由でも責任を負っていることを忘れないでほしい。

無力な自分ではあったが、怠惰でも無知でもない。何か行動をしたことを誇りに思うし、何か行動を起こした人々のにも賞賛を送りたい。

民主主義は、不完全な制度である。その制度を維持するにも、機能させるにも参加する人々のたゆまない努力が必要だ。まだまだ、この国の民主主義は不十分である。

あまりにバランスの悪い選挙結果にこの国を逃げ出したい。恥ずかしいとすら思った。
しかし、今回、この不完全であやうい制度を維持、機能させるために努力した大勢の人々の気持ちを忘れない。その気持ちを希望の光として今後も沈黙せず、発言し続け行動し続ける。一人だけならこの国を逃げ出すことは簡単だ。大勢の友人や肉親までを引き連れて逃げ出すことは不可能だから。この国の未来に責任を負い、よい方向に少しでも変えられるよう努力し続けることが、私の無力さに対する責任の負い方だと思う。

|

« 投票まだの人いますか? | Main | トヨタ自動車と総選挙(小泉純一郎の背後に見えるもの) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

初めまして、なるほどの努力不足により残念な結果になりましたが「みなさん。これが わたしのすむ日本というくにが さんせいしている、せんそうです」のヘッダーに『DAYS JAPAN』創刊号のクラスター爆弾で重傷を負った女の子の写真を中心にしたイラク自衛隊差止め訴訟のビラ画像UP!致しました。http://takg619.hp.infoseek.co.jp

Posted by: なるほど | September 12, 2005 at 10:29 PM

コメントありがとうございます(^^)
早速お気に入りに追加いたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: miyau | September 12, 2005 at 10:34 PM

TBありがとうございます。
私も「世に倦む日日」、とても気に入ってます。こちらのブログをリンクさせて頂きます。マズければ、コメ連絡ください。
 

Posted by: unclemac | September 13, 2005 at 12:35 PM

こちらこそありがとうございます。
リンク了解致しました(^^)
こちらからもリンク貼らせていただきます。

Posted by: miyau | September 13, 2005 at 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/5896214

Listed below are links to weblogs that reference ブログと民主主義:

» 植民地ファシズムの壮大な実験 [とりあえず]
 小泉は任期延長を否定しているが超長期政権になるのではないか、という予測が結構出ているらしい。英雄だと思っていたナポレオンが皇帝になってがっかりするという経験はベートーベンの失望を最後にしてもらいたいと思うが、歴史は繰り返すものかもしれない。 戦前の日本が天皇制ファシズムだったというのが一般的な見方だが、新しい歴史を捏造する会の教科書は、どうも普通の国だったと思っているらしい。この辺からずれが始まるのだが、単純なスローガンの繰り返し、マスコミが無内容にスローガンを連呼し、国家の危機をあおり、民族意識... [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 10:09 PM

» クズの国のカスによる選挙になるのか、今日は曇り空 [blog::TIAO]
... [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 10:10 PM

» やられました・・・。でも終わりではない! [三歩進んで二歩さがる!]
 見事にというべきか、なんというべきか・・・。昨日は積み重ねられて行く票を見ながら言いようの無い不安に駆られました。そして、今日は一日中頭の中が混乱していました。日頃明るい私も今日ばかりは・・・。しかし、そうしてばかりもいられません。私たちがやるべき事はまだ残されています。今回の選挙についてあらゆる角度から分析し、議論し、来たるべきときに向けて策を考えねばなりません。今回の選挙で私自身のBLOG上での方向性、実際の活動面での方向性がつけられたような気がします。とはいっても、まだ頭の中は混乱しています... [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 10:30 PM

» さあ、いよいよブログの本領発揮! [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
とんでもない選挙結果でしたね。 でも事実は事実として冷静に受け止めねばなりません [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 10:56 PM

» それでもやはり自民党の終焉? [権力に迎合したマスコミ人を忘れるな!]
今後の小泉自民党の行く末についてとても示唆に富んだ内容のブログを見つけました。 [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 10:57 PM

» この社会とどう関わっていったらいいんだろう? [野良狸の巣]
 只今11日の20時を過ぎたところです。  テレビ見るの嫌なので、ラジオにしようと思ったら、早速、聞きたくないような情報が流れ始めました。  …これが現実だってーんですか?  もうどういう結果が出ようともよござんすが(もう朝のうちに、ネットの情報を見て泣いてい..... [Read More]

Tracked on September 12, 2005 at 11:29 PM

» これからの一年間を見守ろう [どこへ行くのだ?]
自民幹事長「首相の任期延長、大事な課題」  自民党の武部勤幹事長は11日夜、民放番組で小泉純一郎首相の党総裁任期延長論について「小泉改革をしっかりやり遂げなければならない。大事な課題になる」と語った。 (NIKKEI NET21:15)  竹中平蔵氏曰く「郵政民営化はIQの弱い人向けに」。  それが予想以上にヒット。竹中平蔵は日本人を馬鹿にしてる!とか思っていたら、なんだかホントにおバカだった。そんなシャレにならないトホホな結論になってしもうた・・・  こんな首相を通してしまったからに... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 12:08 AM

» 異議異見を許さないポピュリズム社会化╱容赦ないグローバリゼーションとナショナリズムの共謀の日本的現れー衆議院選挙の結果とこれから [Radical Imagination - from 鎌倉 with LOVE]
世界的に見れば今日は「9.11」の4周年だ。 昨年9.11に書いた状況からさらに世界の流れは人々にとって悪化したが、日本では憲法改悪が一気に政治日程に上るかも [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 12:33 AM

» ■[自民圧勝]消費税増税「私の任期中はやらない」「選挙としては邪道」郵政選挙 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
9月12日付・読売社説[自民圧勝]「郵政以外の課題にも取り組め」  (抜粋)有権者は、小泉政権の継続を選択した。自民党が圧勝し、公明党との与党で、全議席の3分の2を超えた。  郵政民営化関連法案のように、参院で法案が否決されても衆院に返付し、3分の2以上の賛成で議決すれば成立する。小泉首相の政権基盤は強化されることになった。、、、  自民党の圧勝は、郵政民営化の賛否に絞った首相の劇場型手法が、予想以上に功を奏したのだろう。だが、国政上の重要課題は、郵政民営化だけではない。一つのテーマに限定して争... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 12:35 AM

» カッコつけるのは勝手だが損をするのは御免です。 [俺なりのたわごと]
総選挙関連のエントリを書いたら、のまネコなみにPVが伸びた。 政治的信条は人それぞれ、ということで、僕もついでに好き勝手書いてみる。 昨日書いたとおり、小泉政権はブッシュドクトリンへの擦り寄りによるアメリカ追随がその外交政策の全て、だと思っ...... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 01:34 AM

» ブログは民主主義を救うのか? [非国際人養成講座]
結論から言ってしまうと、そんな甘いもんじゃないと思う。例えば、考えてみて欲しい。今後ますますネットが発達したとして(もう飽和点にあるような気もするが・・・)有権者が全員ネットから情報を取るような時代が来ると思うか? ... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 04:33 AM

» 舵をきってしまった [徒然なるままに]
小泉自民党の歴史的大勝という結果で、第44回衆議院議員総選挙は終わりました。与党で3分の2の議席を得たわけですから、参議院で否決された法案も衆議院で成立させることも可能です。私たちは、小泉にフリーハン... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 05:21 AM

» 小泉圧勝を嘆く暇はない [反戦老年委員会]
 当委員会では、最初から小泉圧勝の可能性を指摘し、野党の選挙戦術にコペルニクス的 [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 09:37 AM

» スターウォーズ・エピソードⅢ:銀河帝国の誕生 [On the Beach ]
9月11日午後、空港を出発する直前に猛烈な雨と風と雷に襲われ、1時間半ほど出発が遅れました。離陸後も機体の真下まで真っ黒な雲がせり上がり、日本列島を覆っています。機体も左右が交互に上下してに激しく揺れます。これまでにない不吉な予感がし、非常に不安な気持ちがしました。悪いことが起こらなければ良いがと祈っておりました。... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 03:52 PM

» 新自由主義の「自由と必然の王国」へ - 「革命」と「ファシズム」 [世に倦む日日]
今度の選挙は結果も経過もきわめて重大な歴史的事件であり、後で歴史の教科書に記述されるだろう。これからその意味をめぐって議論が続くだろうが、議論は十年間以上長く続くに違いない。いろいろな角度から意味づけすることができ、今後の日本の政治を予想することができる。この事件は必ず世界を変える、これから日本と自分はどうなるだろうと思ったのは4年前のことで、不安に苛まれながらネットの中を逍遥していた自分を思い出す。今度の政治的事件もそのときと同じかそれ以上の衝撃であり、頭の中を様々な想念と思考が溢れ、そのため脳の... [Read More]

Tracked on September 13, 2005 at 10:06 PM

» 郵政民営化法案について あらためて・・ [とくらBlog]
 元気です。と強がってみても、自分で考える以上に、やっぱりものすごく痛手を負っているようで、朝おきてもTVも新聞も見たくないので、現状を把握していないのですが、ブログをめぐっていると、いろんな方がこれからの日本が戦前のように最悪になると予想されています。でもファシズムとかいう言葉を聞くと、さすがにそこまでは悪くならないだろう、と また、いつものように自分に都合のいい解釈をして、どうにか心のバランスを保っています。そもそもファシズムってどういうものなんだろうかと私は理解していないので、のんきなことを書... [Read More]

Tracked on September 14, 2005 at 12:10 PM

« 投票まだの人いますか? | Main | トヨタ自動車と総選挙(小泉純一郎の背後に見えるもの) »