« @nifty:NEWS@nifty:国民審査で「白紙を投票箱に」(共同通信) | Main | ブログと民主主義 »

September 11, 2005

投票まだの人いますか?

私がいつも行く投票所は巨大な団地の中にあります。
なんだかいつも行く選挙より人が多かったなぁ。

8時まではまだ時間があります。東京は生憎の雨になりましたが、投票所に行って投票する。
とっても簡単なことです。まだの人は是非行ってこの国の行方に参加してきてください。
そして、自分が票を預けた人や政党の行動を責任を持って見守って次の投票に生かしてください。

私たちがこの国のあり方にかかわれるほとんど唯一の方法がこの投票という行動です。
大勢の人がかかわることなので、大勢のひとがきちんと考えてくれないとまともに機能しないという欠点のある制度ですが、このささやかな抵抗の手段すらない人々もこの地球上には大勢存在しています。

切実な気持ちを持っている人でもあまり深く考えないでいる人でも1つずつしか持っていません。
できるだけ多くの人が関心を持って良心に従って行動することを前提にしている制度でもあります。
20歳を超える全ての人が関心と良心を持っていればこの国の未来は、きっと今より良い方向に向かうから。
今からでも遅くありません。まだの方は、是非参加してきてください。

そして、今後も今回以上に様々なことを知って議論して少しずつ良い方向をめざしていきましょう。

|

« @nifty:NEWS@nifty:国民審査で「白紙を投票箱に」(共同通信) | Main | ブログと民主主義 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/5892480

Listed below are links to weblogs that reference 投票まだの人いますか?:

» 多くの心ある人々が郵政民営化法案に反対しています [このままでいいの?ニッポン]
 小泉首相は叫びます。「一部の特権階級の既得権益より、1億2千万の国民全体の利益を」と。「一部の特権階級」とは彼が言うところの「27万人の郵政公務員」のことなのでしょう。  しかし、郵政民営化法案に反対しているのは直接生活を脅かされるであろう26万2千人の郵政公社職員とその家族・関係者だけではありません。  数多の心ある人々が立場の違いを越えて郵政民営化法案に反対しています。  いわゆる「有識者」では、思いつくまま上げても内橋克人氏、岡野加穂留氏、荻原博子氏、金子勝氏、榊原英資氏... [Read More]

Tracked on September 11, 2005 at 07:40 PM

« @nifty:NEWS@nifty:国民審査で「白紙を投票箱に」(共同通信) | Main | ブログと民主主義 »