« @nifty:NEWS@nifty:「共謀罪」が審議入り(共同通信) | Main | 今日気になったこと »

October 17, 2005

オリックス-「トロイの木馬」でぼろ儲け

共謀罪の審議入り障害者自立支援法が参議院で可決、郵政民営化法案の可決、労働安全衛生法の可決、政治資金規正法骨抜き、大増税計画などなど自公政権による国民総抑圧が着々と進んでいる。
さて、私たちはなぜこのような目にあわされているのだろうか?アメリカだけのせいだろうか。いや、そうではない。アメリカに国を丸ごと売りつけて恥としない「売国奴」の群れに蝕まれているせいだ。

今年6月3日付け「注文の多い料理店」で触れた新銀行東京とも関係が深い。

オリックスという会社はもともとは「リース会社なのだが、金貸しばかりしている」(自民党越智道夫氏発言)との談もあるとおり高利貸しで巨万の富を築いた会社である。

そして、アメリカ外資の水先案内人「トロイの木馬」とも言われている。
宮内氏は、米国型に日本経済を改造することで、うま味をすくい上げていこうという哲学を経営に取り入れている

、「アメリカの手先」である。アメリカのビジネス・インナーサークル(その最たる例が、アメリカ商工会議所の出先機関である在日アメリカ商工会議所=ACCJ、グレン・フクシマ系)と結託して、日本のビジネスをアメリカ企業に開放させ、そのおこぼれにあずかろうという発想で動いている人たちである。

オリックスの宮内会長といえば、あおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)の買収劇の際にも、サーベラスという外資系投資ファンド(代表は、ダン・クウェール 父ブッシュ政権副大統領)とのつながりが噂された。一部週刊誌では、宮内氏自身がサーベラス・ジャパンの、「アドバイザリーボード・チェアマン」に就いていながら外資参入を促す、「総合規制改革会議」の議長を務めている事実が暴かれた。

さて、ここの宮内会長は、外務省改革のための「変える会」の座長を勤めるなど、小泉純一郎との関係も深い。

整理回収機構(RCC)とは、不良債権の買取・回収を行う機関である。
以下Allaboutより引用

整理回収機構はRCCと呼ぶ。事業内容多岐にわたるが、中心的な業務は、破綻金融機関や一般の金融機関から不良債権を買い取って回収すること。そのほか、金融機関の資本増強のための株式等の引受けなども行う。RCCは旧住専7社の破綻処理を目的として設立された宅金融債権管理機構と金融機関の破綻処理を担っていた整理回収銀行とが1999年4月に合併し、預金保険機構による100%出資の子会社として発足した。

そしてRCCは「構造改革」でふみつぶされていった中小業者・個人債権の行き着く先である。これを中小業者をゴミ扱いして「清掃車」に乗せているというような表現も見受けられた。石川銀行出資被害者の会ホームページより

私がゴミだと言っているのではない。社会からゴミの扱いを受けているのに、清掃車に乗せられても気付かないことに問題があると言いたいのだ。ゴミの自覚と覚悟があれば、自力再生の道はいつだって残されている。問題はこの自覚だ。今年から来年は、特に石川銀行関連の債務者の競売物件が増えるに違いない。法的回収に着手しなければ、彼らの仕事が終わらない。債務者が気づいた時は手遅れだろう。

あるとき真面目にRCCに返済している中小業者にRCCがいきなり一括弁済を高圧的な態度で迫り、困った当事者とRCCに行ったことがある。すると、悪代官みたいなすごい顔の職員が、「一括弁済できないなら、オリックス紹介しますよと」3回も4回も言っていた。もちろん、RCCに返済するより利息が高くなることは言うまでもない。
幸いなことに、このときは一括弁済はしなくて済み、もとの条件より少し弁済額を増やして返済することで落ち着いたのだが、なにか引っかかるものを感じていた。
「RCCはオリックスと何か関係があるのか?」

オリックスはRCCからの債権を引き受けるハゲタカ業者でもある。

銀行(簿外化)→整理回収機構(RCC)→オリックスサービサーなど(瑕疵担保特約;税金)

公的資金(税金)

あれあれ?おかしいぞ、と思った方はかなり頭にくるかもしれないが、瑕疵担保責任についてをごらん頂きたい。
長銀のリップルウッドだけじゃありませんね。同じ方法で2重に税金が湯水のように投入されているのだ。

この点、亀井静香氏も言及している。

規制談話(筆者注:これは緩和の誤植と思われる)を声高らかに叫ぶオリックス会長の宮内義彦氏のような財界人が、自らの利益追求を目的にして、政府の諮問機関や政府を仕切っている。そうした状況下で、堀江氏による今回のライブドア騒動が持ち上がった。  一般国民はようやく、「社長や従業員すべてが堂々と努力してきた成果を、彼らはパッとお金の力で横取りしてしまう。これはひどい。アメリカ的手法は良くない」と思い始めたわけです。


そして、日本国民に先立って口先だけの売国奴を喝采で迎えた東京都民のみなさんの税金もオリックスは以下のような方法で吸い上げている。

「スーパーエコタウン」のカラクリより

2002年4月、東京都は石原の意向を受けて「東京圏ゴミゼロ構想」報告書を公表し同時に東京湾中央防波堤内側処分場跡地と城南島(下水処理を主目的とした埋立地)の都有地を民間企業に分譲する「スーパーエコタウン事業」の一般公募を始めた。同年7月には18件の応募企業・グループの中から10件を選定する。その中で最大の事業主は、東電・荏原製作所・清水建設およびオリックス環境からなる「ガス化溶融等発電施設」であった。日量550トンと日本最大の流動床式ガス化溶融炉で廃プラスチックを主とする産廃を溶融。同時に100トンのバーチカル炉で医療廃棄物を焼却し、約2万3000kW/日の発電を行なうという大型プロジェクトである。このほか建設混合廃棄物、食品廃棄物、情報機器廃棄物のリサイクル施設など10件の事業が東京湾岸にズラり集結する。

この記事には土地転がしの問題なども書いてあるので、東京都民の方は必読のテキストだ。

鳴り物入りで、1500億円の資本金のうち1000億円を東京都が出資した「新銀行東京」(因みに中小業者予算は年間で4000億円ほど大阪府の半額である)。中小業者予算を削って作った「新銀行東京」であるが、その経営実態は無理やり信用金庫などから行員を出向させ、融資の審査はオリックスの作ったコンピュータシステムによる審査しかできない。
「審査費用2万円よこせ」「青色申告じゃなきゃ駄目」「税金の完納証明が必要」。申し込んでみると1000万円のはずが500万円に減額され、利息が9%の2年返済。「サラ金よりましでしょう」程度の内容だ。既存の制度を拡充したほうがよっぽど中小業者のためになったのではないか。

東京都議会財政委員会速記録第二十三号平成十五年十二月十二日(金曜日)を一読すると「必死で頑張っているところにこの銀行は貸すのですか」との問いに「そういうところに何とかいろいろ工夫をして少しでも手当てをしていきたいというのがこの銀行の本意であります。」と答える大塚出納長の答弁が薄ら寒い。

そして、その銀行はオリックスにおんぶに抱っこ、石原慎太郎後には都民の税金をつぎ込んだ「新銀行東京」ごとオリックスに…か。
「新銀行東京」に早くも合併の噂!ホント? 2年後に“都立銀行”の看板を降ろすの? 参照

4月1日に開業したばかりの“石原銀行”こと新銀行東京に早くも「2年後には“都立銀行”の看板を返上するのではないか」との観測が浮上している。同行設立の旗振り役を努めた石原慎太郎知事が2年後に任期切れを迎えるためだ。石原知事が2期目の選挙出馬に当って新銀行設立を公約に掲げた当時と違って、金融界を取り巻く環境は大きく様変わりしており、東京都が民業を圧迫する自前の銀行を持つ意味が希薄になってきたことが背景にある。といって血税から1000億円を拠出して設立した銀行を簡単に潰せるわけがない。そのため第三者への売却、もしくは既存の銀行と合併させる――との2つのシナリオが囁かれている。既に「ポスト石原」を睨んだかのように、「ダボハゼ軍団」の異名を取るオリックスが「水面下で譲渡工作を展開している」(金融筋)といわれる。しかし、新銀行東京の旗揚げに戦々恐々としている都内の地銀勢がオリックスの野望を傍観するわけがない。実際、外資カラーに染まった東京スター銀行を除く都内の地銀・第2地銀3行(八千代、東日本、東京都民)も2年後を見越して東京都に「擦り寄っている」(同)のが実情。中でも東京都民銀行はかつて東京都が出資した経緯があり、争奪戦では一歩も退かない構えといわれる。むろん、東京都は周囲の雑音を否定し、開業3年目で地銀中位行並みの融資残高9306億円のアドバルーンを掲げているが、この金額自体が都内の地銀勢には脅威でしかない。来年どころか、2年後をいえば鬼がセセラ笑うにせよ、「ポスト石原」を睨んで壮絶な銀行争奪戦が展開されそうだ

新自由主義者の言う「競争」は、公正な「競争」ではない。お金と権力さえあればなんでもありを翻訳しているのだ。


|

« @nifty:NEWS@nifty:「共謀罪」が審議入り(共同通信) | Main | 今日気になったこと »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

トラックバック受け取りました。ありがとうございます。貴重な情報と意見、大変ためになりました。兎に角、マスゴミは報道の不作為を決め込んでますから。じゃんじゃん真相を発信してください。よろしく。

Posted by: BLOG BLUES | October 20, 2005 at 01:48 PM

BLOG BLUESさん
ご丁寧にコメントありがとうございます。
今の情報操作のすごいところは、事実は隠されていない、事実がメディアや書籍で断片化されて嘘とないまぜになっていることで、ちょっと考えたくらいでは騙されていることがわからないように巧みに操作されている点でしょうね。
それを見抜くには知識も大事なのですが、研ぎ澄まされた感性が必要なのかもしれません。
心に響く真実と感情に訴えかける欺瞞を見分けられる人がもっと増えるといいですよね。

Posted by: miyau | October 21, 2005 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/6435268

Listed below are links to weblogs that reference オリックス-「トロイの木馬」でぼろ儲け:

» 今、抗議の声をあげずにはいられません。- 新自由主義革命へのプロテスト [とくらBlog]
 「小泉改革」の政治に抵抗し抗議するブロガーのネットワークを呼びかけたい。と世に倦む日日が表明されてから、もうじき2週間。最初、世に倦む日日にいつもTBされているブログの方々の参加表明が多くみられましたが、最近、少しずつ増えている参加表明は、私がこれまで知らなかったブログが多く、STOP THE KOIZUMI を見に行くのが楽しみです。  今日は、  これまでネット上で自ら発信した経験はないが、昨今の情勢を見ていると焦燥感が強まり、ついにプログを開設することにした。  とブログを始められたば... [Read More]

Tracked on October 17, 2005 at 11:42 PM

» やれやれ、やっと参拝できた。(^_^;) [小泉純一郎のつぶやきブログ (^_^;)]
あー、これで、すっきりした。(^_^;) 大阪高裁の判決やら、アジアもうるさかったりして、今回ぐらい、いろいろ気を使っちゃったことはないよ。(^_^;) ′応、一般の参拝者と同じようにして参拝したからね。 公約にもはいってるし、何と言っても、毎年、これは欠かせないか..... [Read More]

Tracked on October 18, 2005 at 12:26 AM

» ロッテ優勝おめでとう、でも日本のプロ野球界っどうなるの [やぶ医者のつぶやき]
千葉ロッテマリーンズが優勝した。 実は私は子供の頃はロッテのファンだった。ロッテ [Read More]

Tracked on October 18, 2005 at 10:58 AM

» 究極のマネーロンダリングとしての小泉郵政改革――河宮・青木論文(2005-10-09)を読む [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊 【解題】 独立系メディアに発表された標題の論文の頭に付ける短いコメントのつもりだったのだが,文字数制限に引っかかって入らなくなってしまったので独立のテキストとして分離した.紹介文のつもりで書いているので,もとより本格的な評論ではない.論文はかなり長いので,こちらを一読されてから取り掛かるとよいかもしれない.論文は I 部,II 部,補論の3部からなる.(馬場英治) 【追記】Think About Japan ブログで,財務省のWEBサイトにある債... [Read More]

Tracked on October 19, 2005 at 01:23 AM

» 日本を卑しい国としないために [極楽三十路生活賛歌]
 僕は、こちらでも紹介した、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」プロジェクト [Read More]

Tracked on October 19, 2005 at 10:37 PM

» 狂気。 [慢性疲労症候群日記]
 新自由主義    社会進化論  これが、この国が向かおうとしている方向である。 [Read More]

Tracked on November 03, 2005 at 06:37 AM

» 今、必要なのは国民の怒りだ! [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
って書いても、なんのこっちゃわからないですよね。小泉構造改革に見る規制緩和の流れや、地方分権の流れ、応益負担に向かう税制改革の流れ、公務員を減らそうとする流れなどなど、国民の意見というよりも、財界の意見だろうなって思っていました。小泉さんや... [Read More]

Tracked on April 08, 2006 at 11:42 AM

« @nifty:NEWS@nifty:「共謀罪」が審議入り(共同通信) | Main | 今日気になったこと »