« 表現の自由 | Main | 新自由主義の誤謬 »

October 31, 2005

小泉劇場大当たり(苦笑)

最近話題になっていたいわゆるB層
そんな人は身近にいないのでそんなに操作されやすい人なんているのか?と半信半疑でいた。
しかし、私はつい数時間前その典型の主婦に遭遇した。

b

こんな感じの人(汗)

帰りが遅かったので夕食を取ろうと、とある食堂に入る。隣に30代と思しき夫婦が座り、奥さんが大声でしゃべくりはじめた。
五月蝿いなと思いつつ、しばらく我慢していると、「2ちゃんが…」とか「ミクシィが…」とかノタマッテいらっしゃる。
よっぽど暇なのだろう。
そして、「今日見たテレビでねー、ブログにはまる主婦とかやってたよ~。ネタを考えるのに毎日5時間とかね~」。いかにも私は(2ちゃんやミクシィは見るけど)ブログなんて見ませんよといった雰囲気に少し目眩を覚えつつも、ここまではあまり気にもとめていなかった。

「ねーねー、今日超こ~ふんしちゃった~。テレビでずっと小泉内閣改造のやってて~。ず~~~っとザッピングしながら見てたんだけど~、安部さんが発表はじめるとこなんか~1・4・6・8・10って~ぜーーんぶ同じなの~。12ちゃんだけがチャンネル4とかやってて~健康のこととかやってた~。そんでね~ゆりこちゃんが~(お前の友達かよ!(筆者心の叫び))。」云々。

見事なほど「小泉劇場」の術中にはまっているようだった。

旦那の方はふんふんと相槌を打つ程度で、評論家気取りでマシンガンのようにしゃべりまくる奥さんに、私はかなり閉口した。
しょうがないので、連れにメールで「B層?」と書いたりして憂さ晴らししたのは内緒にしてください。

さて、まとめるといわゆるB層と思われるこの女性に今日の「将軍様の側近選びの巻」は大好評だったようだ。
今回の洗脳の前に注意深く批判的なブログなんて見ないようにご丁寧な前振りがあったことにも驚かされた。
広告代理店はさぞや笑いが止まらないだろう。
連れ曰く。「鴨がねぎ背負って、鍋かぶって、ミネラルウォーター片手にカセットコンロを引きずりながら歩いているみたいだね。プロデュースした人は、リオのカーニバル並に踊って喜んでいるだろうね」。

翻って私はかなり鬱になった。彼らは自分たちが増税され食い物にされることには全く気付いていないようだ。
彼らは自分達を踏み潰そうとしている人たちに簡単に騙されている。
振り込め詐欺にも簡単に引っかかってしまいそうだ。誰か彼らのために祈ってやってください。

|

« 表現の自由 | Main | 新自由主義の誤謬 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

この絵、miyauさんが書いたんですか?
すごい上手。雰囲気がすごくよくわかります。
「鴨がねぎ背負って、鍋かぶって、ミネラルウォーター片手にカセットコンロを引きずりながら歩いているみたいだね。」に笑ってしまいました。

Posted by: 野良狸 | October 31, 2005 at 11:57 PM

どうもこんばんわ
あまりの印象深さに、MSのペイントで落書きしました(笑)
隣でごにょごにょと「B層ってググればわかるよ…」などメールを使って会話してました(爆)

Posted by: miyau | November 01, 2005 at 12:12 AM

コメントをどうも、ところで"見事なまつぼっくりだらけのページ"とは、どういう意味ですか。

Posted by: isld | November 01, 2005 at 01:19 AM

こんにちは。
私は今”まつぼっくり”に苦労している(これからもずっと苦労するであろう)ので、あのスキンにしたのです。
今日はこれから定期的に通っている病院です。

Posted by: isld | November 02, 2005 at 09:02 AM

まつぼっくりの苦労がもとであのようなスキンにしていたのですか。スキンに選んでしまうほどとは、闘病中なのですね。
苦しいことも多いと思いますが、お大事に健筆を続けてください。

Posted by: miyau | November 02, 2005 at 02:07 PM

TBありがとうございます。
テレビだけを見ている人には、小泉劇場がとても楽しいのでしょうね。
でも、この劇場は見て楽しむだけならいいのですが、自分たちの生活に直結するということを忘れている人が多い気がしますね。

Posted by: homegorosi | November 03, 2005 at 09:10 PM

homegorosiさんこんばんわ!
楽しいだけなら問題無いのですが、自分の足元が見えてないというか、それが大勢の人にも迷惑というか…なんともいえませんね(^^;)

みんな!いいかげんに目を覚ましてよ~!と思う日々です。

Posted by: miyau | November 03, 2005 at 09:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/6798029

Listed below are links to weblogs that reference 小泉劇場大当たり(苦笑):

» 外れました!!小泉内閣トトカルチョ(内閣改造予想) [V35スカイラインクーペが欲しい!]
サプライズもなくはたまたマスコミの予想どおりともいえず・・・ 昨日、予測した小泉改造内閣ですが、全然外れました。 かろうじて武部幹事長留任が当たったぐらいで福田康夫氏が入閣しないことを触れたぐらいだ。なかなか予測が難しかったです。 てきとーさんの言うとお....... [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 11:21 PM

» 嗚呼、恥ずかしい [野良狸の巣]
 今日、ブログの更新をしないつもりでいたんですが、新閣僚がひな壇に並んだところをニュースで見て、なんだか思わずパソコン立ち上げてしまいました。 [Read More]

Tracked on October 31, 2005 at 11:52 PM

» 小泉内閣最終形態とその裏で・・・ [兄やんの一言モノ申す]
この間に、結構いろんな問題が動いていたのにも関わらず、必要以上に誰が何をするのか?ということばかり追い回していたために、自民党の思惑通り(?)に、このワイドショーの陰でいろいろと動きもあった。 ・輸入牛肉問題・障害者自立支援法・沖縄の米軍基地  &...... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 07:02 AM

» ・・・・なんじゃこの組閣は? [三輪のレッドアラート!]
TBありがとうございます!今回の組閣はサプライズ無しでした。 けれど、町村外相は閣外へ、ジェンフリフェミナチの猪口邦子が新設の日本に取って有害なポストに。 ちょっと危なそうな鞭蠅��い掘¬鞠修慮�銃醋遒鬟妊蝓璽函+どうなる?小泉大惨事改造内閣・・・・。... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 12:30 PM

» 朝日新聞とポスト小泉外交の展望〜アジアってどこの国のことかしら? [ニッポンのこれから]
わくわくしながら待っていました。朝日の社説。昨日、麻生外相に「ポスト小泉レースでのライバルは誰ですか?」と聞いて、「マスコミ」と答えられたのが相当頭にきたようですね。毎日は冷静に分析をしていますが、党三役人事に派閥を持ち出しているあたりがちょっと甘いと感じます。さて、問題の朝日社説と天声人語です。〜引用開始〜内閣改造 アジア外交が心配だ  小泉改革を継続し、残り1年の任期で総仕上げを目指す。今度の内閣改造で首相の決意... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 04:09 PM

» 官房長官に安倍氏ですか!平成の上杉鷹山を目指せ! [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
第3次小泉内閣発足 小泉内閣の布陣が発表された。安倍氏が内閣官房長官というのはナイスである。ポスト小泉となるかどうかは、まだ未知数だ。 しかしながら、国民的人気の高い安倍氏だけに期待は大きい。だからこそ、安倍氏には平成の上杉鷹山を目指して欲しい。 上杉...... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 05:31 PM

» 人民 [Э 夏の月 Э]
もはや日本人は [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 01:12 AM

» さあ改革、総仕上げ内閣のスタートだよ (^_^;) [小泉純一郎のつぶやきブログ (^_^;)]
やっと改革への総仕上げのための筋書きがこれで実現できそうだよ。 大増税、年金べらし、そして憲満正して、普通に自国の安全を守るための戦争ができる、まともな国になっていけると思うよ。(^_^;)(もう戦争するためにうじゃうじゃ議論をして不毛な時間を浪費することは..... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 01:56 AM

» 北風と太陽 [T.N.君の日記]
 米原万里さんのエッセイ「真昼の星空」(中公文庫)に、「北風と太陽」というのがあります。  表題作は誰もが知っているイソップ物語の、「北風と太陽」。ある日、北風と太陽が、どっちのほうが偉いのかきめるために、旅人のコートをどちらが早くぬがす事ができるか競い合います。北風は精一杯凍てつくような冷たい嵐を吹き付け、コートを吹き飛ばそうとします。しかし、旅人はコートを脱ぎません。太陽は暖かい陽光を浴びせ、旅人をリラックスさせ、しまいに旅人はコートを脱ぎましたとさ、という説話。  他人に何かをさせよう... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 08:20 AM

» 内閣改造の小賢しさ そして下世話な私たち [非国際人養成講座]
最近テンションの高い文章が続いたので久しぶりにだらだらと書かせてもらう。昨夜は久しぶりに早く家に着いたので朝のNHKニュースを見ることができた(本日現在、サンパウロ時間は日本時間マイナス11時間である)。見るたび思うのだが、あのアナウンサーは同じ日本人な..... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 08:34 AM

» IQの低い人扱いにそろそろ気がつくべき! [とくらBlog]
 最近、「どうせ、オレはB層だから~」というフレーズが流行っていると、2チャンネルをのぞく友達が教えてくれました。竹中大臣の口利き疑惑は国会の郵政民営化に関する特別委員会でも何度も質問されましたが、なぜか、あまりTVや新聞では報道されませんでした。その質疑で出てきた郵政民営化をPRするためのチラシ(フライヤー)の企画資料(郵政民営化・合意形成コミュニケーション戦略)はネット上でも見ることができるので、「小泉支持層=バカ決定資料!?」と書かれているブログやこれって本物?と書かれているブログを多く見るよ... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 01:37 PM

» 小泉イブニングドレス内閣とアジア外交のゆくえ [Make Your Peace]
第三次小泉内閣が発足しました。今回の(ワイドショー的)最大の見物は、宮中での認証式と首相官邸での記者会見における女性閣僚の、特に小泉チルドレンから初入閣となった猪口邦子少子化・男女共同参画担当大臣のイブニングドレス姿でした。 鈍い光沢を放つ、ちょうちん袖のその青いロングドレスを見た時、私は衝撃で青くなってしまいました。イメルダ・マルコス元フィリッピン大統領夫人を思い出させるあのドレス、国益を損なっていません? この写真、まさか海外に配信されていませんよね。女性閣僚がああいうドレスを来て記念撮影... [Read More]

Tracked on November 02, 2005 at 11:32 PM

» ちっぽけな叫びでも [家にいさせて]
表明してから寝ることにします。                                本日朝日新聞上の是枝裕和氏(映画監督)・・・ 軍備を増強して普通の国になっていくための憲法なのか。武力ではなく、話し合いで紛争を解決できる国と国の関係の構築を目指す憲法なのか。どちらも100%の安全はないし、犠牲を伴うけど、僕は後者のリスクなら引き受ける。 dar... [Read More]

Tracked on November 03, 2005 at 12:09 PM

» ブログしてると頭が悪くなりますよ!危険分子は排除排除! [玄耕庵日乗]
最近なんかパソコンの前に座らないようにしているので、携帯からの投稿が多いわけやけど、どっちにしてもロクな記事が書けるわけでなし。 「ウチのいちびり」ほんとはやりたいんやけど、書いとるうちに頭がカッカして叫びたくなるからやれへん。夜中に叫んで通報されても困るしな。ホンマ、一々チェックしとったらナンボ女心に鈍感で心の広いわしでも、ゴルゴ13を1300人は雇いたなる。1300できくかいな? 日経は1面で「内閣支持56%に上昇」やて。文化勲章の式典で天皇陛下と小泉が映っとったけど、陛下は内心小泉... [Read More]

Tracked on November 03, 2005 at 06:18 PM

» いろんなものをぬぎさって [とくらBlog]
 またまた、ものすごく落ち込むことがあり、いつもぐちをこぼしに行く場所をのぞくと、新しい記事は不思議なこと。でした。幽霊見たことないし、・・・と始まるので、ヤバイ、夜中にこんなの読んだら怖くなってどうしようもなくなる、とすぐにそのブログを閉じましたが、朝おきたらオノ・ヨーコとかをTBいただいていたので、あらためて、その下の不思議なこと。を読んでみると、ぜんぜん怖い話ではなくて、なぁ~んだ、怖がってソンした!とひとりで笑っています。そういえば、世に倦む日日からのぞいてみたカッシーニさんのところに、「こ... [Read More]

Tracked on November 03, 2005 at 07:31 PM

» ボージョレ・ヌーボーの解禁という誘惑にまけて・・・ [とくらBlog]
 なんでも、とりあえず始めてしまうのが悪いくせで、走りながら考えるとくら とよく言われますが、「走りながら考えるのは悪いことじゃないです。考えずにひた走るのがファシズムなんです。」と書いてくれた方もあり、そんな言葉をくれた方の優しさも忘れていないよ。と こんなところで書いても伝わらないかな。走りながら“咀嚼”(笑)するのは大変なので、たまには立ち止まりたいと思います。  ということで、やはり、ボージョレ・ヌーボーの解禁という誘惑にまけて、飲みにでてしまいました。毎年、おいしいと思ったことがないのに... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 01:51 PM

» 第三次小泉改造内閣について [世相春秋]
この記事は、以前、私が運営していた、ヤフーブログに11月1日(火) に記述した ものです。 政治・時事関係の記事は、ある種「生もの」ですが、もう一度この内閣の、本質を 考察して見たいので、過去の記事から転載してきました。 以下は、その時の記事です。 突然発表という「演出」がミエミエですが… NHKのニュースを見ながら、この内閣人事の記事を書いています。 官房長官・安部氏、外務大臣・麻生氏、財務大臣・谷垣氏と続き、中には「小泉 チルドレン」の人事もなされたようで... [Read More]

Tracked on November 18, 2005 at 11:18 PM

» 小泉劇場を笑い飛ばせ! [世相春秋]
今年も残り少なくなりました。この年の最後を飾る記事をUPします。 今年の「流行語大賞」に「小泉劇場」が選ばれました。何ともふざけたことです。これに怒り心頭の方もいらっしゃることでしょう。国民にあれだけの「負担」や「増税」、「生活破壊」を強い、自己の政治手法に逆らうものあれば、全て切り捨てるやり方は戦後政治最悪の総理と言わねばなりません。 そこで、「小泉劇場」を年越しに「笑い飛ばし」今年の苦痛を少しでも忘れるよう、今回は「ザ・ニュースペーパー」のコントの一部をご紹介し、「小泉劇場」を揶揄し... [Read More]

Tracked on December 29, 2005 at 09:26 PM

« 表現の自由 | Main | 新自由主義の誤謬 »