« ㈱保証協会サービサーの問題 | Main | 小泉劇場大当たり(苦笑) »

October 31, 2005

表現の自由

「共謀罪」「国民投票法案」「自民党の憲法改正試案」「「人権保護条例」これらの法案・条例に共通する私たちの権利がある。これは民主主義の根幹をなしている必要不可欠な権利といわれる。
その理由は民主主義において、政治上の意思決定は終局的には国民によってなされることとなるが、適切な意思決定をなすには、その前提として十分な情報とそれに基づく議論が必要となる。情報を得、また議論をなすためには表現の自由は必要不可欠な権利である。いわば、表現の自由は、民主主義の根幹をなしているのである。
この権利は日本国憲法第21条において規定されている。
第21条
1集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

また、表現の自由の保障を実効化するために国民の知る権利が当然必要とされ、国民の知る権利にこたえるために報道の自由が導かれている。現在この国のマスメディアが国民の知る権利が「政治的意思決定を助ける」ことに主眼があることをすっかり忘れ去って、あたかもくだらない有名人のプライバシーを垂れ流したり、真面目に政治のことなど考えたりしないようにうんざりさせられる小泉劇場を垂れ流したりしているようだが。

しかし、私たちは報道機関の持つ情報に依存せざるをえない。このブログでもそうだが、多くのブロガーたちがマスメディア批判をしているのも民主主義を維持するうえでマスメディアの担う役割に対する大きな期待があるからに他ならない。

例えば、アメリカのルイス・リビー逮捕の元になったマスメディアの報道内容に「イラクに大量破壊兵器があった」という情報操作事件がある。
この事件については、ニューヨークタイムズの記者が情報操作に深く関わったとして批判にさらされている。

CIA情報漏洩で収監のNYタイムズ記者、退職濃厚に

 米中央情報局(CIA)工作員の身元漏洩(ろうえい)疑惑で、取材源を秘匿して一時収監された米ニューヨーク・タイムズ紙のジュディス・ミラー記者が、退職を含めた今後の処遇について同紙のサルツバーガー会長兼発行人と話し合いを始めたことが26日、分かった。米ウォールストリート・ジャーナル紙(電子版)が事情を知る弁護士の話として伝えた。

 ミラー記者は取材源秘匿を理由に大陪審での証言を拒否、85日間収監された。ニューヨーク・タイムズ紙はミラー記者を全面支援してきたが、社内調査で同記者が取材経過を適切に報告していなかったり、取材源との距離が近すぎたりした疑いが浮上。会社側は「上司をミスリードした」(ケラー編集主幹)と批判に転じた。

 ニューヨーク・タイムズ紙はイラクの大量破壊兵器開発問題をめぐる報道でも、開戦の材料が欲しいブッシュ政権の意向に沿う誤った記事を連発したとされる。今回の問題を契機に、社内外で「政権の情報操作に利用された」との批判が一気に高まった。(ニューヨーク=中前博之) (21:15)

情報操作をするのもそれを暴くのも報道機関なのだ。

私たちに必要なのは、私たちをミスリードする情報を歪曲した報道機関や記者を批判するとともに、適切な判断の材料になる情報を提供する報道機関や記者を評価支援することだ。

考えるためにわかりやすい資料としては法学館憲法研究所HP中高生のための憲法教室第12回 <「表現の自由」はなぜ大事?> が平易な言葉で解説しているので参考にして欲しい。

「報道・表現の危機を考える弁護士の会」

CIAスパイ情報漏洩事件のわかりやすいまとめが「sankenbunritsu」にあるので参考にした。

追記:情報のミスリードには言葉の置き換えも含みたい。「イスラエル軍がガザ空爆 過激派司令官ら7人を殺害」2005.10.28 Web posted at: 13:57 JST- CNN
この題名だけを見ると、テロリストを殺して何が悪いと思いやすい。しかし、これをレジスタンスと書き換えると全く逆に読める。言葉の定義を大切にするしかないのか。

|

« ㈱保証協会サービサーの問題 | Main | 小泉劇場大当たり(苦笑) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございました。
お説に全く共感いたします。

>情報操作をするのもそれを暴くのも報道機
>関なのだ。
>私たちに必要なのは、私たちをミスリード
>する情報を歪曲した報道機関や記者を批
>判するとともに、適切な判断の材料になる
>情報を提供する報道機関や記者を評価支
>援することだ。

本当にそうですね。

TB返させて頂きます。頂いたものの他に、「表現の自由」ということで関連のあるものを一つ付け加えて送らせていただきます。

Posted by: 足踏堂 | November 01, 2005 at 06:01 PM

足踏堂さんコメントをどうもありがとうございます。TBの記事読ませていただきました。
いろいろなことをあまりにも知らなさ過ぎる(もしくは意図的に捻じ曲げる)人々の感情に理性の言葉で語りかけることがいま必要なのかもしれませんね。
時々私も感情的なエントリも書いていますが(笑)、憂さ晴らしもしつつコツコツやろうかなと思いながら書いています。
たゆまずへこたれず。民主主義は獲得するにも継続するにも努力が必要なものですから。

Posted by: miyau | November 01, 2005 at 09:59 PM

どうも。他にTBつけてよさそうな記事がすぐに見当たらなかったので、ここつけてしまいました。もう少し、記事に反応したものだと良かったのですが。枯れ木も山の賑わい、とご海容下さい。

Posted by: renqing | November 04, 2005 at 02:16 AM

TBがたくさんくるとお捻りみたいで嬉しいですよ。
全くエントリの内容を理解しないで送ってくる人も時々いますがね(苦笑)
とっても騙されているなって人が騙されている人を揶揄しているエントリにTB送ってきたりして…。不快でなければほっぽらかしてあるのですが。いま文章の意味を理解できない人にもいつか伝わることもあるかもねと思いつつ。

Posted by: miyau | November 04, 2005 at 07:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/6767160

Listed below are links to weblogs that reference 表現の自由:

» ■弱さゆえ■ [日記はこれから書かれるところです。]
題が題だけにリリックに入りたいのだが、そこは勘弁願いたい。でも、俺が日本国憲法テクストのなかで、二番目に好きなところを引用することでそれに代えたい。ここはちょっと詩的なんじゃないかって思ってる。不器用でぎこちないが、多くの人の手を経て、それぞれの手脂に...... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 06:03 PM

» ■自由への予備的問題(2)■ [日記はこれから書かれるところです。]
法はどこで生まれるのか。これは現代民主主義=立憲主義を考えるうえで、つまりは、自由(われわれの自由とこの国の自由)を考えるうえで、大切な問題であろうと思う。「日本は法治国家」だという、よくある誤解を語り出しの鍵としようか。■日本は法治国家ではないネタと...... [Read More]

Tracked on November 01, 2005 at 06:03 PM

» 憲法は《不磨の大典》か? [本に溺れたい]
 比較憲法というと、英米独仏の憲法を引き合いに出して、日本の1946年憲法と比べ [Read More]

Tracked on November 04, 2005 at 02:05 AM

» 《憲法》を基礎付けるもの(1) [本に溺れたい]
 以下に、人権について規定している、三つの国の憲法と一つの「権利宣言」を引用しよ [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 01:43 AM

» 《憲法》を基礎付けるもの(2) [本に溺れたい]
 ここに一人の法学者の言を引こう。 《・・・実定法が自然法の制約の下にある以上、 [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 01:48 AM

» フィッツジェラルド特別検察官の記者会見 [本に溺れたい]
 ブッシュ政権の、CIA工作員名漏洩事件は、既に周知のことと思う。今更、ブッシュ [Read More]

Tracked on November 09, 2005 at 04:29 AM

» 結局、「個人」なのだ。 [ニュースの現場で考えること]
時々、「うおおおお」と叫びたくなる。それほど、ここ数年のメディアの閉塞ぶりは、すさまじい。このブログを立ち上げた理由も、何とも言えぬ閉塞感をどうにかしたいと思ったからだった。でも、こんなちっぽけな試みとは無縁なところで、メディア企業内部の「事なかれ主義」は怒涛のように渦巻いている。しかも渦巻きは激しくなる一方だ。 いまのメディアが最大の病は、組織が官僚化し、事なかれ主義・前例踏襲主義が蔓延し、だれも責任を取ろうとしない、新たな試みに臆病になっていること等々に最大の原因がある。そのことは、この1... [Read More]

Tracked on November 10, 2005 at 11:41 AM

« ㈱保証協会サービサーの問題 | Main | 小泉劇場大当たり(苦笑) »