« 感情と理性 | Main | 転載〔≪緊急≫■アリジャンを知っていますか■〕 »

November 11, 2005

美名のもとで

テレビしか観ていない人の忘れているもの、それはイラクで続けられている「テロとの戦争」と言う名の大量殺戮。

この空の向こうでは、何の抵抗もできない人々が残虐極まりない方法で殺戮され続けている。

私たちのお金を使って、死の商人たる多国籍企業と石油のためにアメリカ合衆国と戦争請負会社が毎日多くの民間人を殺し続けている。そして、自爆テロに及ぶほど絶望しきった人々を毎日多く生み出し続けている。

反戦翻訳団【隠された大虐殺】ジークフリード・ラヌッチ、Rainews24(2005/11/8)

2004年の11月に行われた米軍によるファルージャ攻撃。その際に化学兵器(白リン弾)およびナパーム弾が使用されたのではないかという憶測が以前から様々なメディアで取り上げられてきましたが、米国政府は「白リンはあくまで照明弾として使用されてきた」と弁解してきました。  昨日(11月9日)イタリアのニューステレビ局Rainews24が放送したドキュメンタリー映像は、化学兵器とナパーム弾がファルージャ攻撃にやはり使用されていたこと、しかも、攻撃の対象には一般市民も含まれていたことを、各種記録映像と参戦した元米兵などの証言から立証し、その事実を告訴しました。

そしてさらに、人体の内側から焼く兵器、その名は「ウィリー・ピート」。私はまだ動画まではとても観られないでいるが沖縄でも使用されたこの兵器の酸鼻な映像も報道された。暗いニュースリンク

私はこのような残虐なことをお金のために遂行するアメリカ合衆国を許せないし、それを助けている今の日本の政府も許せないし、無力な自分にも腹が立つ。

厳然たる真実の前で自分の無力さを嘆いても何も始まらない。どうか、一人でも多くの人にこの事実を知って欲しい。「私たちは安全な場所にいて、彼らを見殺しにし続けることで殺戮を助けているのだ」。

|

« 感情と理性 | Main | 転載〔≪緊急≫■アリジャンを知っていますか■〕 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

小泉政治に疑問を持つブロガーのリング に参加頂き有り難うございます。TBC騒動を見ていて、何か代用になるものはないか試しに立ち上げてみました。可能性はわかったので削除しようと思った矢先に参加して頂きました。
参加は完全に自由です。何があっても拒否も削除も致しません。基準となる見識も持ち合わせていませんので。
よろしくお願いします。

Posted by: 早雲 | November 13, 2005 at 12:58 AM

全く同感であるとだけ書いて置きます。
要らない事一杯書きそうだから、これ以上はご勘弁です。

Posted by: 三輪の何某 | November 13, 2005 at 10:36 PM

同感です。
「悪人が勝利するのに必要なことは、善人が黙っていること」ですね。
無力を恥じながら、市井にいながら、それでも意識だけは持ち続けたいと考えています。

TB、コメント、ありがとうございました。

Posted by: 足踏堂 | November 13, 2005 at 10:46 PM

三輪の何某さんコメントどうもありがとうございます。
三輪さんのように熱い気持ちをお持ちの方ならこれを見てきっと義憤にかられていることとお察しいたします。真の民族主義者ならば自衛隊のイラク派兵は最も忌むべきことと考えるからです。

足踏堂さんこちらこそわざわざコメントをありがとうございます。
回り道シリーズとてもいいですね。示唆深くてじっくりいろんなことを考えようという気持ちにさせていただきました。renqingさんもとても評価していたのでずっと注目していました。他のエントリもゆっくりじっくり考えながら読みたいと思います。

Posted by: miyau | November 13, 2005 at 11:00 PM

TB御礼。11-12月とすっかりお忙氏で、ものすごくお返事が遅れましてすみません。来年もイラクのことは忘れないで取り上げていきたいですね。良いお年を!

Posted by: わにぞう | December 31, 2005 at 01:59 PM

わにぞうさん
わざわざTB御礼感謝いたします。
特にイラクの問題は世界の歪みを象徴的に炙り出しているので取り上げていきたいと思います。良いお年を!

Posted by: miyau | December 31, 2005 at 03:17 PM

Hi there to all, how is all, I think every one is getting more from this website, and your views are good for new visitors.

Posted by: www.homeimprovementdaily.com | August 15, 2014 at 06:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/7028240

Listed below are links to weblogs that reference 美名のもとで:

» burning inside 人体の内側から焼く [缶コーヒーブレイク]
ひさしぶりに物凄く夜更かしをしてしまいました。既に朝ですね^^; [Read More]

Tracked on November 11, 2005 at 06:07 AM

» 燐(リン)弾は化学兵器であった [半共分子の独り言]
低気温のエクスタシーで、燐(リン)弾の記事 【再掲】イラク帰還海兵隊の告発「我々は黄燐弾と劣化ウランを使った」イタリア国営放送の【要覚悟】ファルージャ動画ニュースを見る方法中日新聞「米軍、化学兵器を無差別使用?伊・国営放送がドキュメンタリー」 を見て、驚きました。他のニホンの大手マスゴミには出ていないようです。 私の知識では、確か学校の化学に出てきたのは、赤リンと黄リンで、白リンとは聞いたことないな、と思いました。赤リンは安全でマッチに使われているが、黄リンは危険だというくらいは知っていました。調べ... [Read More]

Tracked on November 11, 2005 at 07:47 AM

» 「党議拘束の禁止」を憲法に書き加えたい [ちょっと一言]
 「テロ容疑者の拘束延長、英下院が否決…与党議員も造反」との記事が今朝の読売新聞 [Read More]

Tracked on November 11, 2005 at 11:51 PM

» 燃える雨2(「ファルージャ 隠された大虐殺」日本語訳) [フットボールは未来の兵器である]
以下、先のエントリーにて紹介した番組の日本語訳(ゆっくすさん訳:リスペクト!)。 --------------------------------------------------------------- ベトナム戦争でのアメリカ軍によるナパーム弾使用の映像。映像が世界をかけ巡り実体を伝えることによって、ナパーム弾の非戦闘員に対する使用を国連が禁止することにつながった(1980年)。) 今回は、我々の時代に行なわれている戦争についてお伝えします。 この戦争は、誰も目にするこ... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 02:06 AM

» ファルージャでの化学兵器使用?(イタリアのドキュメンタリー) [Piece of Peace]
イタリアの飯田亮介さんから ご無沙汰です、kyoさん。 イタリアの飯田亮介です。... [Read More]

Tracked on November 12, 2005 at 10:35 PM

» 新自由主義の本質は [晴耕雨読]
最近貨幣制度が気になり 日本人が知らない恐るべき真実 を最初の記事から最新まで目を通しました。 貨幣の本質について実に懇切丁寧にまとめ上げられており、目から鱗の落ちる思いで一気に読ませて頂きました。11/12にupされたノーム・チョムスキー教授の『国家と企....... [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 02:23 AM

» アメリカ軍化学兵器使用-イタリア国営放送より [Let's blow!毒吐き@てっく]
まいったよ あっしゃあ別に反戦主義者と違うけど、これにはまいった 高野孟って人の... [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 08:45 PM

» ≪緊急≫■アリジャンを知っていますか■ [日記はこれから書かれるところです。]
時間がありません。また、時間内にここを見つけてくれる方も少ないでしょう。ですが、もしこれを読まれるのが一人だけでも、お願いしたいことがあります。アフガン難民のアリジャンの支援のために、署名してください(一瞬で終わります)。以前、『母さん、ぼくは生きてま...... [Read More]

Tracked on November 13, 2005 at 11:27 PM

» 戦争で人が死ぬ怖さを、私たちは知らない [野良狸の巣]
 2ちゃんねるで少しばかり書き込みをしていた。相も変わらず、圧倒的に「右」に偏りきっている人たちだらけの場所。  憲法改正の何が悪い、改正すべきだ、そんなような考えでいる人たち。... [Read More]

Tracked on November 14, 2005 at 12:57 AM

» 白リン爆弾 [瀬戸智子の枕草子]
米軍、イラクで「白リン爆弾」使用認める 「通常兵器」とというニュースが飛び込んで [Read More]

Tracked on November 17, 2005 at 02:01 PM

» 米国防総省はイラクでの(国際法違反の)白リン爆弾の使用を認めた! [★遊牧民★のメディア棒読み!]
米国防総省はイラクでの白リン爆弾の使用を認める  AFP通信 【以下抜粋転載】 ■米国防総省はイラクでの(国際法違反の)白リン爆弾の使用を認めた! ロンドン発 AFP通信 2005年11月15日  米軍高官は昨年イラクの対ゲリラ戦に白リン爆弾が配置されたことを認めたが、それが一般市民に対して使用されたというニュース報道は否認した。 米国防総省の広報担当ベナブル中佐は、BBCとのインタビューにおいて、「白リンは通常弾だ。化学兵器ではない... [Read More]

Tracked on November 19, 2005 at 02:19 AM

» 米国がサマワ派遣の自衛隊に軍事協力を要請していた [★遊牧民★のメディア棒読み!]
中国新聞 スポットニュース 米国が日本の自衛隊にも人道支援を超えた治安維持の仕事を要求〜日本政府、「現時点で不可能」を伝達 大手マスコミは、こんなブッシュ政権の日本に対する「平和憲法蹂躙」を一切報道していません! 英字新聞「ジャパンタイムス」は1面記事で取り上げています。 http://www.japantimes.co.jp/cgi-bin/getarticle.pl5?nn20051120a2.htm 日本の「中国新聞」は遠慮しながらも取り上げていました。 �... [Read More]

Tracked on November 22, 2005 at 02:32 AM

» イラク戦争:ファルージャで米軍は何をしたのか [私的スクラップ帳]
 今からちょうど1年前、イラクのファルージャ(Falluja)という町で、アメリカ軍による徹底的な掃討作戦が行われていた。町の周囲を厳重に包囲したアメリカ軍によって、この場所からほぼ完全にジャーナリストたちがシャットアウトされた。このため、当時ファルージャの町でいったい何が起こったのか、ほとんど分からなかった。ただ、漏れ伝わってくる断片的な情報からだけでも、この場所で米軍による戦争犯罪が行われていることは、明らかだった。  当時、ファルージャの町の周囲で取材していたアルジャジーラの記者は、米軍によっ... [Read More]

Tracked on November 22, 2005 at 12:41 PM

» 政府は、即時自衛隊をイラクから撤退させよ! [世相春秋]
一昨日、アメリカはイラク南部「サマワ」に駐留している、「陸上自衛隊」に他地域に移転す るよう打診したという、一報を耳にしました。(現在移転先は不明) 先日、ブッシュ・小泉外交でイラクの自衛隊派遣の延長が示唆されましたが、泥沼化する イラク状勢を巡って主要同盟国へ、再び、日本側に重い「負担」を強いる、やり方が露骨に なりました。ただでさえ、「憲法9条」違反であるという禁を破ってのイラク派遣(派兵)なのですから、 さすがに今回の「打診」は日本側には堪えたらしく、「不可能」であると、難色を示... [Read More]

Tracked on November 26, 2005 at 02:09 PM

» 【増補版】イタリア国営放送「ファルージャ・隠された大虐殺」和訳 [低気温のエクスタシー・パイロットファーム]
ファルージャで米軍が白燐弾を使用したことを検証した、イタリア国営放送Rainews24のドキュメンタリー「La strage nascosta」(ジークフリード・ラヌッチ作)の音声聞き取り・翻訳。 以下に映像のリンクを記します。 【警告】イタリア国営放送の..... [Read More]

Tracked on November 30, 2005 at 09:16 AM

» 英紙デイリーメール「白燐弾は“骨まで焼く”」 [低気温のエクスタシー・パイロットファーム]
白燐弾(白リン弾)に関する英紙デイリーメールの記事。 ☆White phosphorus 'burns to the bone'(英紙「デイリーメール」) http://tinyurl.com/aue9m US troops used white phosphorus during the battle for Fallujah. So why is the chemical so controversial? Whit..... [Read More]

Tracked on December 05, 2005 at 02:43 PM

» WAR CRIMES [反戦老年委員会]
 ローマでデモがあった。何の飾り気もないプラカードに、おおきく WAR CRIM [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 09:01 AM

» 伊紙分析記事「白燐弾(白リン弾)の有害性・残虐性について」 [低気温のエクスタシー・パイロットファーム]
イタリア紙「ベッラ・チャオ(Bella Ciao)」の白燐弾(白リン弾)に関する記事 「FOSFORO BIANCO : dietro l’orrore di Falluja」 http://bellaciao.org/it/article.php3?id_article=11637 の日本語訳をkamenoko氏が公開した。 http://www.asyura2.c..... [Read More]

Tracked on December 15, 2005 at 08:34 AM

« 感情と理性 | Main | 転載〔≪緊急≫■アリジャンを知っていますか■〕 »