« 憲法を守る保障制度 | Main | 近日公開[LOAD OF WAR] »

November 22, 2005

米軍再編情報

気になる米軍再編情報

河北新報ニュースより

--------------------------------------------------------------------------------
鹿屋市長、受け入れ拒否 米軍再編で額賀長官に

--------------------------------------------------------------------------------
 額賀福志郎防衛庁長官は21日午前、鹿児島県鹿屋市役所で山下栄市長と会談、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の空中給油機12機を海上自衛隊鹿屋基地に移駐させる案を盛り込んだ在日米軍再編の中間報告に理解を求めたが、山下市長は受け入れを拒否した。
 山下氏は「事前の説明不足だ。頭越しにいきなり負担増を言われても困る。市民の安心、安全を考えると受け入れられない」と述べ、空中給油機移駐に反対した。
 額賀氏は「(騒音などの)被害を最小限にするため最大限努力する」と強調したが、来年3月の最終報告取りまとめに向けた今後の調整は難航しそうだ。2005年11月21日月曜日

鹿屋市:鹿児島県鹿屋市、大隈半島のほぼ中心に位置する。自衛隊鹿屋航空隊基地、鹿屋体育大学などがある。知覧とともに特攻隊の基地があったことで知られる(平和運動が盛んでないゆえ知覧ほど知られていないのは自衛隊の基地を持つ街で基地による固定資産税などの収入に依存していることにも原因がある)。
鹿屋市を含む大隈半島は保守の強固な土地で元自民党副総裁二階堂進(ロッキード事件で灰色高官と騒がれた最後の田中派)や山中貞則などの地盤。

私の出身地でもある。こういうところの市長が、政府の言うことを拒否することだけでも天変地異のごとき驚きを禁じえない。
いま沖縄の「痛み」が本土の辺境まで及ぶ危機にあるということだ。いままで唯々諾々と言うことを聞きつづけてきた結果が米軍の移設先に選んでも市民の反発が少ないとかなり舐められていると思われる。


日経新聞ニュースより

シュワブ沿岸移設案に反対・名護市議会が決議  沖縄県名護市議会は21日、在日米軍再編の中間報告で合意した米軍普天間基地のキャンプ・シュワブ沿岸部(同市)への移設について「強く反対を表明する」との意見書と決議を賛成多数で採択した。近く小泉純一郎首相らに送付する。

 意見書と決議は「代替施設の滑走路の延長線上に民間地域が位置し、騒音など住民生活への影響が懸念される」と指摘。「(合意は)地元の頭越しに行われたものと断じざるを得ず、(沖縄本島)北部への基地集約が懸念されることからも憤りを禁じ得ない」としている。

 移設反対派の市議の一部は「修正されれば(シュワブ周辺への移設を)受け入れるとも解釈できる」と反対に回った。 (13:02)

保守的な地域性と人はいいのだが、何も考えていない人があまりに多すぎるわが故郷。私が愛するとともに憎悪してやまない郷里。これで少しは沖縄の人々の気持ちが理解できるようになったのではないか。いまこそ、沖縄の住民たちと連帯して米軍基地撤去運動でも始めたらいかがだろうか。

追記:威勢のいい人々も少しは存在するようだ。あんな土地柄でも地殻変動はおこりつつあるのかもしれない。
連なるシャッター街以前なら自民党から市議会議員になりそうな人でも商売を続けられなくなった街。額賀長官をシュプレヒコールで迎えた40人の人々に心からエールを送ろう。(22日正午)

OTV沖縄のニュースより

◇◇鹿児島県知事も移設反対を表明◇◇ 05/11/21 (月) 21:07


 嘉手納基地のKC135空中給油機の鹿児島県・鹿屋への移設問題で、防衛庁の額賀長官が地元に理解を求めましたが、鹿屋市長と伊藤県知事は反対する考えを示しました。

 額賀長官は市民団体の移設反対のシュプレヒコールの中午前11時、鹿屋市役所に到着し、山下市長との会談に臨みました。会談は予定の30分を大幅にオーバーし、1時間に及びました。この中で額賀長官は「地元の要望に丁寧に応えながら、国の立場と地方の立場の接点を探りたい」と述べましたが、山下市長は改めて移設に反対の考えを伝えました。このあと、額賀長官は県庁を訪れ、伊藤知事と非公開で会談しました。このなかで、伊藤知事は「沖縄が再編計画に反対する以上、鹿屋への移設は賛成できない」などと述べ、初めて反対の姿勢を明確に打ち出しました。



防衛庁長官は振興策示唆 (朝日新聞地域情報)--------------------------------------------------------------------------------

 米軍再編に伴う空中給油機部隊の鹿屋移転計画で、伊藤祐一郎知事が21日、初めて「反対」を表明した。ただ、同日会談した額賀防衛庁長官の発言からは再編案修正の余地はうかがえず、政府として地元振興や負担軽減策を打ち出し、あくまで地元に理解を求める考えを示した。
 
 伊藤知事は会談に先立つ記者会見で、計画への反対姿勢を明確にした。沖縄が米軍普天間基地の移設案に反対していることや、日米特別行動委員会(SACO)の合意の実現を優先させることを理由に挙げた。鹿屋市の山下栄市長も会談後、「米軍移転を容認する考えはない」と従来の姿勢を崩さなかった。
 
 伊藤知事によると、SACO合意の実現について額賀長官は「困難」という趣旨の発言をしたという。一方、額賀長官は記者会見で、伊藤知事、山下市長とも安全保障が大切という共通の認識を持っていると受け止めたと感想を述べた。「地元の将来のために、どういうことを考えるかについて話し合いがもたれる可能性がある。地方との調整やかかわりについて、受け皿を作っていくことで対応したい」とし、経済振興と負担軽減に取り組む考えを示唆した。
 
 今後の対応について山下市長は、市議会や各種団体で構成する意見交換会議や近隣市町と協議し、意見を集約する。伊藤知事は「騒音対策など具体的な対応を国がすると思う。それを待って判断しなければならない」と話した。
 
 額賀長官の訪問に合わせ、鹿屋市役所前では「反戦・反核・平和運動をすすめる大隅市民の会」(上山陸三代表)など4団体のメンバーら40人が抗議集会を開いた。
(11/22)

それにしても「振興策」ね。いくら国からお金が出ても道路ができて大型店がやってきてみんなレジのアルバイトか交通整理しかできなくなる。地方経済の疲弊ぶりを小手先の「振興策」で補助金付けにして言うこと聞かそうって了見が垣間見える。

|

« 憲法を守る保障制度 | Main | 近日公開[LOAD OF WAR] »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

こんばんは、TBありがとうございます。そぞろさんのブログはちょくちょく拝見しておりました。鹿屋だったんですね…偶然と言うか、不思議な縁を感じます。私は、そんなに文章力も知識もありませんが、これからもどうぞよろしくお願いします。

Posted by: rosso_fiolencino | November 23, 2005 at 05:44 PM

rosso fiolencinoさん
コメント&TBありがとうございます。
鹿屋市は人口が8万人くらいの小都市ですからね。驚きました。
文章力や知識のお話をされると私も全くですが、何かを伝えたい気持ちだけで書いています。こちらこそよろしくお願いいたします。

Posted by: miyau | November 23, 2005 at 09:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/7246556

Listed below are links to weblogs that reference 米軍再編情報:

» 在日米軍再編問題を考える [世相春秋]
ここ数日間、沖縄在日米軍基地移転の問題が取り沙汰されていますが、マスコミは少女毒物 殺人未遂の「少年事件」ばかり報道して、この問題に真剣に取り組んでいるとは言えません。 国民の目を、他の「センセーショナル」な事件にそらさせ、その問題が「スケープゴート」に なっていると言わざるを得ません。 さて、沖縄の米軍再編問題ですが、沖縄で1995年に沖縄駐留米軍による少女暴行事件を きっかけに、沖縄の住民の方々が総決起集会を開いて、沖縄の痛みを理解して欲しいと言う 世論の高まりがそのきっかけにな... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 12:53 AM

» 米軍鹿屋基地移転問題 [世相春秋]
前回の記事に触れまして、防衛問題を書き記してみたいと思います。 賀防衛庁長官が、鹿児島県を訪れ、同県内の鹿屋市にある海上自衛隊 基地に沖縄米軍普天間基地飛行場の、空中空輸機17機移転を巡って、 伊藤県知事と鹿屋市長の山下市長の元を訪問し、その計画を説明しまし た。 額賀長官は、鹿児島県庁にて、重ねて移転に関する説明をしましたが、 ここに至って、伊藤知事は反対を表明し、「沖縄知事が反対している以上、 賛成できない」と発言しました。 ちなみに、この現在の鹿児島県知事の... [Read More]

Tracked on November 23, 2005 at 12:13 PM

» 吉田健正『戦争はペテンだ』 [タカマサのきまぐれ時評]
■吉田健正『戦争はペテンだ バトラー将軍にみる沖縄と日米地位協定』 〔七つ森書館, 2005年〕は、琉日米3者関係についての、有数の入門書だ。しかも情報量がおおい■NR出版会という、マイナーかつ良心的な小出版社連合に所属する「七つ森書館」は、『高木仁三郎著作集...... [Read More]

Tracked on November 24, 2005 at 08:33 AM

» 麻生外相 辺野古沖十分(10分)視察  [ファミリー メンタル クリニック]
今日の地元紙夕刊での記事内容です。流石ポスト・コイズミですね。辺野古沖を10分視察すれば十分なのでしょう。 外相の(相変わらずボクのPCは外傷と変換したり(笑) 取材に在京記者はそばで取材を許されたが、地元紙はカメラもペン記者も米軍がガードし近づけなかったと怒った論調。地元に取材さえさせないなんてありえない!(米軍がガードするのがきっと日米安全保障なのでしょうか。) これまでも述べています... [Read More]

Tracked on November 25, 2005 at 10:45 PM

« 憲法を守る保障制度 | Main | 近日公開[LOAD OF WAR] »