« @nifty:NEWS@nifty:自民税調、定率減税の全廃を容認(読売新聞) | Main | 消費税-大人の授業時間スクラップ »

December 01, 2005

この国の「構造的欠陥」

はなゆーさんから【増補版】イタリア国営放送「ファルージャ・隠された大虐殺」和訳 のTBを頂いて改めてイタリアで放送された映像の内容の和訳をじっくり読ませていただいた。今もイラクで殺されつづけている人のために是非一人でも多くの人にイラクでの大量殺戮の実態を知って欲しい。
また、アリジャンさんの裁判で国側の控訴が認められてしまった。しかし、まだ裁判が終わったわけではないもっと多くの人がこのことに関心を持てば日本の恥ずべき難民政策も少しはましになるかもしれないので冒頭で紹介した。


まず、構造計算書偽造の問題については多くの人が語っているのだが、やはり検査機関を「民営化」し「簡素化」した背景に注目したいと思う。

以前「拒否できない日本-アメリカの日本改造が進んでいる」のエントリの冒頭で少し書いたが、著者の関岡英之さんは、阪神大震災が起こった後だから検査が厳しくなるだろうと思っていたが、逆に検査基準が緩やかになったこと、それがアメリカの要求即ち「年次要望書」による「国際基準」に合わせるためと気付いて「年次要望書」に注目するようになったとしている。これにも地震国である実態よりもアメリカの要望を優先するわが国の歪みが現れているように思う。

今回の構造計算書偽造問題では、姉葉建築士やヒューザーの小嶋社長などオモシロオカシイ登場人物が多数いるので人物に目がいきがちだが、私はここでこの国の抱える問題の根源にある「構造的欠陥」とのかかわりを考えてしまう。

ベテランの大工さんが事件の発覚数日前に「私は丁寧に仕事をしているのだけれど、それでもどれほど仕事を丁寧にやったかがわかってもらえず、お客さんがみんな値段のことばかり言うことが多くなった。値段が安い業者はたくさんいるが、私はそんな値段ではできない。適正な値段でやっていても『高い』と言われてしまうのが残念だ」と言っていた。
そのとき私は「安いものはそれなりのものだということを知らない人が多すぎるのでしょう。いい仕事をいくらしてもその仕事を評価できる顧客がいなければ、いいものは作れなくなってしまいますよね。お客さんたちに正しい情報をもっと知らせる必要があるのかもしれませんね」と応えた。
彼は、先日の水害で顧客のところに翌朝には出向き、職人さんたちを総動員して老女2人だけでは到底できない住居の後片付けと行政が視察に来るより先に床を張りなおし屋根の下で眠れるようにした。そういう仕事のできる職人であるにもかかわらず値段だけで評価されているのだ。
多くの賞を受賞している染色師の方も同様に言っていた。「評価してくれる顧客がいなければ、技術は廃れてしまう。私が師匠から受け継いだ素晴らしい伝統の技を、弟子を育て後世に残したいと切望していても、素晴らしい技術とおざなりな大量生産品との区別をつけられる顧客の見る目がなければ腕のいい職人でも経済的に成り立たなくなってしまう」と。

どうやらこの国は「消費者」だけがいて「顧客」も「生産者」もいなくなってしまったようだ。

政治でも同様のことがいえるのではないだろうか。例えば、今回の構造計算書偽造の問題が起こる一つ一つの場面で、正しい情報と優れた目を持つ人々が関わり、間違っていることがあれば恐れず批判し、そのことを多くの人が支え評価したとしたら。

いま、私たちにできることは生きていくうえで直面する様々な事象についてできる限り優良な情報を集め、それを検討し判断すること、そして黙らないことではないだろうか。
思考停止の頚木から自らを解き放ち自らの固定観念を打ち破る。それが私に課せられた一番大きなハードルのように思えるが。良き聴衆、良き顧客、良き評価者。それを個々人が確立する努力のひとつひとつが闘いなのかもしれない。

|

« @nifty:NEWS@nifty:自民税調、定率減税の全廃を容認(読売新聞) | Main | 消費税-大人の授業時間スクラップ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

お久しぶりです。
30年間設計事務所を運営してきた者として姉歯事件についてのコメント、全くその通りと思います。
小泉劇場に舞い上がった有権者と同質で、自分での判断基準を持たないで、空疎なイメージ広告を無批判に受け入れてしまった者の悲劇だと思います。
ゴールデンタイムのサラ金のコマーシャル・・28%もの高金利をとるのに、かわいらしい女の子の声で「ご利用は計画的に」・・こんな意味の無い言葉に誰も異議を唱えない!

建設業界は、すそ野が広く、超一流企業から一人の極小企業まで同じ土俵でしのぎを削り、建築費削減の為の試みは殆どが行われ、建後は材料を減らすか、工程数を省き(簡単に言うと手抜き)人件費を削減するしか無いところまで来ています。
安いには安い理由(落とし穴)が有る事を知るべきです。
追記:参考人については全員、論評にも値しませんね。


Posted by: 信ちゃん | December 02, 2005 at 11:54 PM

信ちゃんさま(なんだか座りが悪いですね)コメントどうもありがとうございます。
イメージがいくら良くなっても、銀行が経営しようとも高利貸しは高利貸しだし、程度がここまで酷くなかったかもしれないけれど、自民党が財界とアメリカに隷属してきた事実は変えようがありませんからね。
物事の本質を見極められないことで自らの首を絞め続けていることを一人でも多くの人に考えて欲しいですよね。
裸の王様のことを本気で素敵な衣装と思い込んでいる人が少ないことを祈りたいですよ。

Posted by: miyau | December 04, 2005 at 01:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/7418835

Listed below are links to weblogs that reference この国の「構造的欠陥」:

» 報道しない自由 報道を捨てた報道ステーション [ファミリー メンタル クリニック]
 昨日はたまたま報道ステーションを見た。いつもは子どもがドラマなど見ているので、ボクはネットでニュースをチェックしている。報道ステーションではホントに政治ニュースがなかった。(有ったかもしれないが、アリバイ程度だ。)これでニュース番組と言っていいのだろうか。ワイドショーではないんでしょ?と得意顔のメインキャスターに問いたい。 普天間移設不能なら悪影響 NHK news 外務省の谷内事務次官は東京都内で�... [Read More]

Tracked on December 01, 2005 at 10:36 PM

» 専門家の仕事 [T.N.君の日記]
 常々、専門家の仕事とは何だろうかということを、漠然と考えていました。特に、人と接する仕事に就く専門家の仕事とはなんだろうかと。非常に抽象的で主観的なのですが、わたしは、一つの結論に至りました。それは、「大丈夫です」ということばを引き受けることではないかということです。すなわち、専門家は究極的には楽観主義を与えることが、その役割なのではないか、ということです。なぜそう思うのか、論理立てて説明することは難しいのですが、具体例を挙げてみようと思います。  例えば、学校の先生。授業をしようと思っても... [Read More]

Tracked on December 01, 2005 at 11:08 PM

» 職人気質いずこ [反戦老年委員会]
 こんな不思議な顔は見たことがない。姉葉1級建築士が構造計算書を偽造の疑いをかけ [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 01:34 PM

» 木村建設が原因解明の鍵では? [ちょっと一言]
今回の強度不足マンションの件では、一回勝負ではないはずの企業が違法建築物をどうし [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 01:58 PM

» 規制緩和・構造改革の裏側で [ファミリー メンタル クリニック]
 マンション設計偽装事件は疑獄へ移り変わる様相を呈しているようだ。まだ「拒否できない日本」を読んでないが,素朴な疑問がある。  1998年に建築基準が規制緩和で今回の事件の発端となる民間審査となったようだ。ボクも単純に思うのは,阪神大震災の後に法律が改正されたのだから,こんなざる法になるとは思わない。大地震の後だから,もっと慎重に厳しくいくと思うのが,これまでの日本という国に対する信頼感だったのだが。これがアメリカからの年... [Read More]

Tracked on December 02, 2005 at 11:53 PM

» 医療費抑制? [川辺より]
 「医療制度改革」の大綱が今週決まった。もちろん今の国会だから、政府与党内で決まればそのまま通るに決まっている・・・のだろう。反対の議員がいても、郵政の時を思えば何もできないのではないか。... [Read More]

Tracked on December 03, 2005 at 11:15 PM

» [暴政]「耐震偽造事件」(小泉劇場・第ニ幕)と映画『ガス燈』に通底するトリック [toxandriaの日記]
  久しぶりに、レンタルDVDで往年のサスペンス映画『ガス燈』(ジョージ・キューカー監督、イングリット・バーグマン、シャルル・ボワイエ、ジョセフ・コットン主演、制作1944年)を鑑賞しました。明らかに時代遅れな白黒映画ながらも、やはり、19世紀の霧のロンドンを舞台にサスペンスを盛り上げるシナリオづくりの巧みさと主人公ポーラを演じるイングリット・バーグマンの初々しい名演技に引き込まれてしまいました。おおよその筋書きについては、この映画のHP(http://www.allcinema.net/prog... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 05:44 AM

» [暴政]「耐震偽造事件」(小泉劇場・第ニ幕)と映画『ガス燈』に通底するトリック(続編) [toxandriaの日記]
  「前回の記事(http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20051203)で掲載した年表」に前後の補足的な項目を加えたものを下記(末尾)に再掲しました。また、この前回の記事にTBを頂いたmiyau様のブログ記事「そぞろ日記/この国の『構造的欠陥』、http://miyau.cocolog-nifty.com/sozoro/2005/12/post_2010.html」を読ませていただき、やはりアメリカが「世界総市場化戦略」の尖(先)兵としての日本の利用価値に改めて注目し... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 01:20 PM

» 景気は現在も悪化している [三輪のレッドアラート!]
小泉政権最大のデマ、それは「景気が回復していると言うデマ」です。そのデマを暴きたて、世界に誇る日本経済の破壊者たる小泉の虚飾に満ちた悪に迫ります。平和と自由と民主主義を愛する者は小泉政権にNOと言うべきです!... [Read More]

Tracked on December 04, 2005 at 10:15 PM

» グローバル化 [晴耕雨読]
政治の世界では言葉は本来の意味を離れ、あるいは事の本質を惑わす為に使用される事がまま見受けられます。 何気なく言葉をそのままに受け止めてしまう事の危険性は郵政民営化騒動でも記憶に新しいところです。 さて、最近よくグローバル化という言葉が様々な場面に登場し....... [Read More]

Tracked on December 06, 2005 at 07:18 PM

» ■耐震強度偽装問題 森派にヒューザー200万円ERI100万円 公明党とも緊密 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
耐震強度偽装問題で政府が6日まとめた当面の支援策  政府は6日、マンションなどの耐震強度偽装問題に関する関係閣僚会合を首相官邸で開き、耐震強度が偽装された分譲マンションの解体支援や入居者の移転支援策などをまとめた。  震度5強程度の地震で倒壊する恐れがあるマンションについては、地方自治体が買い取って解体し、建て替えた上で、住民に再び分譲する枠組みを創設する。マンションの買い取り価格は、建物に価値がないため、土地相当額とする。解体費用は、業者に請求する方針だ。  政府は、来年の通常国会に提出する20... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 05:41 PM

» [原理主義の罠]「耐震強度偽造問題」を予見したトマス・アクイナスの警告(1) [toxandriaの日記]
【画像】 Thomas Aquinas(ca.1225-1275) 画像出典:http://www.websophia.com/faces/index.html   今年の流行語大賞は「「“偉大なるイエスマン”こと武部勤・自民党幹事長が、自らその演出家を気取る「小泉劇場」と、堀江貴文・ライブドア社長の「想定内(外)」」だそうですが、これは日本の現状を見事に表したブラックユーモアです。なぜなら、「小泉劇場」の構造改革にかかわる政策を悉く「想定内」だと思い込まされた多くの日本国民が、今度は例を見... [Read More]

Tracked on December 13, 2005 at 07:39 PM

» ■[姉歯証人喚問]ヒユーザー 総研 創価学会 公明党 自民党森派 政治献金 [読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)]
12月15日付・読売社説 [姉歯証人喚問]「耐震偽装の全体像が垣間見えた」  真相解明への端緒となり得る内容だったと言えるだろう。  衆院国土交通委員会で、耐震強度の偽装問題について初の証人喚問が行われ、姉歯秀次・元1級建築士らが証言した。  問題の張本人である姉歯元建築士が構造計算書を偽造したマンションやホテルは70棟以上に及ぶ。多くを施工した木村建設、マンションの建築主で売り主でもあるヒューザー、ホテル建設を主導した総合経営研究所など、関係者は多い。、、、  姉歯元建築士の証言によると、木村建設... [Read More]

Tracked on December 17, 2005 at 09:34 PM

» [原理主義の罠]『小泉劇場』が培養する悪徳の栄え/耐震構造偽造問題の深層 [toxandriaの日記]
[必読関連記事] 『週のはじめに考える/未来へ向かって足元を』、 2005/12/18付「東京新聞社説」、http://www.tokyo-np.co.jp/sha/ ●三回に分けてUPした当記事『「耐震強度偽造問題」を予見したトマス・アクイナスの警告』をレビューしたところ、内容に過不足の部分がありましたので、全般に加除修正を加えました。(構造上の大幅な変更はありません) ●いささか長すぎる文章となったため、本来であれば概要版を作るべきでしょうが、時間をかける余裕もないので、アピール・ポイント... [Read More]

Tracked on December 19, 2005 at 05:06 PM

» 政府批判に焦点を持って行かない多くのマスコミ、そして世論(2) [野良狸の巣]
 またご紹介したい記事があるので、続きということで。 [Read More]

Tracked on December 23, 2005 at 12:48 AM

» 伊藤元国交相主催のパーティゲスト達 [三輪のレッドアラート]
<strong>週間フライデーをさっき喫茶店で読んだ。そしてその後すぐに本屋で自分でも買った。で、今その記事を見ながらエントリーを書いている。ところで、GOOGLEで「ヒューザー」と「発起人」のキーワードで検...... [Read More]

Tracked on December 25, 2005 at 10:13 AM

« @nifty:NEWS@nifty:自民税調、定率減税の全廃を容認(読売新聞) | Main | 消費税-大人の授業時間スクラップ »