« 2005年を振り返る | Main | 無知であることは無罪であるのか »

January 07, 2006

年頭のご挨拶

だいぶ遅くなってしまいました。新年あけましておめでとうございます。私のブログにお付き合いいただいている皆様。本年もよろしくお願いいたします。

新年はゆっくりと過ごして英気を養いました。テレビをほとんど観ていないので職場で紅白の話題を出されても???という感じでしたが、知人のお誘いで池袋の三越で開催されている第49回東京都伝統工芸品展を冷やかしに行きました。
優れた伝統工芸品の数々と琴や太鼓、笛のミニコンサートなどで楽しみ、近頃興味を持っている、江戸友禅のハンカチ染めを都の伝統工芸師でもある模様師のYさん直々に教えていただきながら体験。つばきの模様で他の人は教えてもらえないグラデーションの技法を試したりと充実していました。
日常を離れてゆっくり過ごし、美味しいものを食べておいしいお酒を飲んでと天国のような日々で、お正月が終わらなければいいのにとうっかり思ったほどです。
昨日の仕事始めはまさしく気合を入れないと玄関を出ることも億劫なほどでしたが、すぐに慌しい日常に戻っていくのでしょう。

060107_0011001

これから仕事が繁忙期に入るのでのんびりしたペースでの更新となるかと思いますが、今年も私のブログにお付き合いいただきますようよろしくお願い申し上げます。

|

« 2005年を振り返る | Main | 無知であることは無罪であるのか »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ちょいと遅めの、あけましておめでとうございます。首を長くして復帰お待ちしておりました。
昨年はほんと色々とお世話になりました。本年も愛想尽かせずよろしくお願い致します。

またボチボチ遊んでやって下さいなん。

Posted by: 素楽 | January 07, 2006 at 12:57 PM

素楽さんコメントをありがとうございます。
こちらこそ昨年中はお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします(^^)

Posted by: miyau | January 08, 2006 at 04:23 AM

大変遅れ馳せながら、新春のお祝いを申し上げます。
miyauさんの記事のような、近い立ち位置からの鋭い切り口は、大変心強く感じました。
今年も、ご健筆期待致します。

Posted by: 足踏堂 | January 20, 2006 at 10:20 PM

足踏堂さん、今年もよろしくお願いいたします。
こちらこそ、足踏堂さんの深い学識と思考力に感嘆させられることばかりです。
とても楽しみにしておりますので、無理ない範囲でエントリを書きつづけてください。

Posted by: miyau | January 21, 2006 at 12:25 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/8038556

Listed below are links to weblogs that reference 年頭のご挨拶:

» 謹賀新年 [闘うリベラルのチャンネル]
夕日を反射す大海を高台から眺める図。2006年元旦。 今年も生抜き(息抜き)ます。 |【TB】 |[あけましておめでとうございます]:http://blog.livedoor.jp/gegenga/archives/50272934.html |[あけましておめでとうござ... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 01:02 AM

» [芸術の価値]「フランドル=イタリア交流史」に見るグローバリズムの原像 [toxandriaの日記]
●この記事は、HP『レンブラントの眼、ブラウン版』の掲示板(http://mypage.odn.ne.jp/home/rembrandt200306)上での「mioromeoさま」と「toxandoria」のコメントの遣り取り(セレンディピティ?)をそのまま再録したものです。敢えて双方の記述内容の要約はしませんでした。 ●ローマ在住のmioromeoさまが知らせてくれた「フランドル絵画とイタリア・ルネサンスの繋がり」に関する一次・二次情報がヒントとなり、現代のアメリカ流グローバリズムとは全く異質... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 01:24 AM

» 加藤周一さんと藤原帰一さんの対談・再生への洞察「戦後61年・日本」 [世相春秋]
正月の新聞記事を読んでいますと、「社説」の中に「戦前回帰が懸念される」とありここにきて「言論の自由」を失われる危機を新聞社自身が世の中に警告を発している感がある一方で、「憲法はもとより不磨の大典ではない」と論じ、「時代に合わないところは直していかなければならない」としています。 しかし、戦後の日本の根幹になってきた憲法9条を葬り去っていいのかという「矛盾」した「社説」の中で一体「ブンヤ」の真意はどこへいったか?という疑念も生じてきます。 私個人は、周囲からどんなに「頑固者」と言われても「日本... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 01:47 AM

» 年頭に、何より平和を願う ~それを忘れては、日本はアブナイ~ [日本がアブナイ!]
   o(^^ ) o--- A HAPPY NEW YEAR!-----⊆^U)┬┬~  今年一年、皆さん&世界中が平和でHAPPYな日々が送れますように。  今年もよろしくお願いいたします。m(__)m  2006.1 mew-run7      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  大晦日の夜は、TVをチラチラ見ながら雑用をしていた。部分的にしか見ていないが、 紅白歌合戦は戦後60年を振り返るのがテーマであったようで、平和(反戦?)祈願の アピールが... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 03:53 AM

» 年頭にあたりまして [野良狸の巣]
 あけまして、おめでとうございます!ちょっと遅いご挨拶ですみません。早速約束を破ってしまいました、「三日~五日辺りからブログを書くと思います」と書いていましたが、六日になっちゃった!昨日、書こうとしてたんですが、体調が優れなかったので、無理をしませんでした。  でもその代わりに、今日は元気になって書いております。... [Read More]

Tracked on January 07, 2006 at 09:34 PM

» 三酔人正月問答 [再出発日記]
わが一族、生来酒を好む。年一回、正月の朝、家族集いて御神酒を飲みて時を知らず。父(豪傑君)年少の折に呉海軍少年兵となれり。娘が正月なのにチュニジアに外国旅行に行っているのが気に食わないのか、突然日本は改憲して軍隊を持つべし、と唱えり。豪傑君「軍隊を持つ...... [Read More]

Tracked on January 08, 2006 at 12:28 AM

» 「大変な世の中」とはいうけれど・・・ [Make Your Peace]
「最近、物騒な世の中になったなぁ」 「いろんな事件があって、なんか、すごい不安やなぁ」 「世界各地で紛争とかあって、いやな世界になったなぁ」 ここ数年、社会は悪い方向に変わってしまったんじゃないか、というような雰囲気が随所に見受けられますよね。 ほんとにそうなのかな? ちょっと疑問に感じる時があります。 昨日、10年前に放映されていた某放送局スペシャル「映像の世紀」を観ました。20世紀はとても大変な時代だったんだと改めて思いました。 でも、もっと遡ってみて、戦争が日常茶飯事だった時代... [Read More]

Tracked on January 16, 2006 at 01:03 AM

» ■ことしもよろしく■ [日記はこれから書かれるところです。]
なんだか久しぶりなので、どうやって書いていいかわからず、ちょっと怖い。根っからの人見知りの俺は、ブランクの後には、いつも新鮮なる緊張を感じる。そう、かわいいヤツなわけだ。ちなみに、俺を知っている(名前や外見などの情報を知っている;あるいは、俺の声を聞い...... [Read More]

Tracked on January 20, 2006 at 10:41 PM

» 明治エリートの起源 [本に溺れたい]
 明治期の爆発的な西洋文明導入が誰によって担われたか。それは無論、海外への留学生 [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 01:48 AM

« 2005年を振り返る | Main | 無知であることは無罪であるのか »