« 年頭のご挨拶 | Main | 奇妙な果実-株式投資は自己責任で »

January 08, 2006

無知であることは無罪であるのか

ブログを始めて良かったことは、より広い視野と幅広い情報に触れるチャンスができたことだ。
ただ、知ることというのは楽しみであると同時に怖いことでもある。

世間知というものは、事実や真相を必ずしも映していないことは、何かしらの専門知識を学んだことのある人や専門分野を持つ人には当然のことだろう。
世間知というものは専門知と比べてより多くの人間が「そう思い込んでいる」ということのみをもって成り立っているのだが、圧倒的な数の力によりなかなか訂正されないものである。
Aという事実についてBであるという事実があったとしても、世間の人がAはCであると思っていた場合に、A=Bと知らない一般的な人々は誤った判断を繰り返し、他の一般的な人の論説によって更に誤った考えを強化され、正しい情報を知っているここでは専門知を有している人間の置かれる立場は微妙なものになる。

具体的にはレッサーパンダが二足歩行する動物であるとことについて専門家及び一部の人間は知っていたのであるが、テレビを通じて「レッサーパンダのウフ太クンがなんと!二本足で立てるのです!!」と喧伝されると、多くの善良な市民が「なんとーレッサーパンダで二足歩行するウフ太クンはすごい!」となる。
ある程度の権威のある専門家ならばそれほど微妙な立場には立たされ無いだろうが、権威の無い専門家やたまたま知っている一般人の立場は微妙だ。
真実「レッサーパンダは『当然』二足歩行する」と言うだけで、彼女や同僚や家族から「そんなことはないテレビでこうこう言ってるのだからウフ太クンは珍しいレッサーパンダなのだ」と逆切れされる危険な立場に立たされてしまうのである。

しかも、知っている人間と言うものは「間違っているから訂正してあげないと恥をかいたり、恥で済むならいいのだけれど、場合によっては重大な間違いや事故に繋がってしまうかもしれない」ということをも知っているので、訂正しないことについて多少なりとも良心の呵責を感じてしまいがちだから、親切心で教えてあげたにもかかわらず良くて全否定、悪ければ逆切れの憂き目に遭う危険性が増すのである。

日常生活においてそうした憂き目にあうことで、多くの人間が「賢く」なり「ウフ太クンすごいよー立てるんだよー」と言われた場合に「ふーんそうなんだ」といちいち訂正せず、さらっと流すことを憶えてしまう。
論破する意味とめんどくささを秤にかけて、相手によって対応を変えることは致し方ないともいえる。

レッサーパンダが二足歩行するかどうかという正直どうでもいい問題であればその影響は知れている。自分は無知ですよーと大声で連呼する恥ずかしい人を大量生産するだけですむからだ。しかし、それが積み重なることによって知っている人間がなかなか間違いを訂正しづらい環境が出来上がると、社会的な損失が大きくなってしまう。
もし、耐震構造計算書がおかしいよと言う専門家や一般人がいなかったらどうだろう。または、イラクには大量破壊兵器はありませんよーでもいいだろう。
レッサーパンダが二足歩行できる生物であるのと同じくらいに、私たちは自分で考えることができる。

裸の王様はそういった現象について描いた寓話である。

「王様は裸だ」と言ったのが勇気ある大人でなく、恐れを知らず無垢な子供というのは他力本願的でいただけない気もするが。

ただ、勇気ある大人だけに責任を負わせるのは、同じ大人同士だとしたら不公平だ。そこで私は、無知は無罪であるということを否定する。知らないことについては、知らないという責任があるのだ。(王様を騙す仕立て屋はもちろんもっと責任があることは言うまでもない)

ある事象について知らない人も知らないことに対する責任の荷物を少しだけ一緒に持ってもらいたいと思う。もちろんある分野で専門家であるからといってすべてについて無謬である保証はどこにもない。知っていて嘘をつく姉葉やへいzoみたいな専門家など掃いて捨てるほどこの世にいるからだ。そのかわり、私たちに事実をきちんと説明する勇気ある大人を立ち止まって考えることなどで支えていくことが数で勝る知らない人間の責任の負い方のような気がする。

素敵なファッションや音楽、素晴らしい本や映画や絵画を見る目と同じく、政治や社会に対するセンスも磨いて、目利きになりたい。

知らないことについてもっと率直に認めるようになろう。そして知る努力と他人の意見に耳を傾ける姿勢を崩さないよう。知っていることについてはできるだけ丁寧にわかりやすく伝える努力をしよう。但し、理解力の無い人や意図して嘘を喧伝する詐欺師は相手にしない。わかる人にだけその事実を伝えはするが。人生は有限で能力にも限界がありすぎるのでそこまでの高望みはできない。

それが、人を中心とできる未来社会への第一歩だ。


|

« 年頭のご挨拶 | Main | 奇妙な果実-株式投資は自己責任で »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

このエントリ、全文パクリたいくらい大好きだなぁ。
ウフ太クンは笑っちゃったしw。
あぁ、こういうもんが書いてみたい。
TBCへのご寄稿もありがとうございました。

Posted by: 素楽 | January 08, 2006 at 12:58 PM

そうなんです。厳しいような話なんだけどそうなんです。
たとえば「戦後世代に戦争責任はあるか」あるんです。単に家永三郎が言っているそうだが「良心が許さないから」ではなくて、「戦争責任を取っていない政府をずーと許しているから」われわれに戦争責任はあるのです。
今日成人式を迎えた人たちにそんなことを言う余裕は全くないのだけど……。
この記事をTBに欲しいのだけど、そんな内容の記事を私は持っていません。申し訳ないけど、今日書く九条関係の記事にTBをいただけたら嬉しいです。

Posted by: KUMA0504 | January 08, 2006 at 07:40 PM

素楽さんこんにちはー(^^)
気に入っていただけて何よりです。
ウフ太君の話は昨日遊びに来ていた友人のほぼ実話を元に書きました。
「レッサーパンダは二足歩行する」って本当のこと言っただけで彼女に逆切れされるのって気の毒だよなーと思いつつ、ほかのことだともっと大変だよなとの実感で書いておりますもので。もっと危ないネタも仕入れたのですが、そっちは裏が取れるとかどうこうでなく、まったく情報が他から漏れていないのと、ソースがばれると半端でなく友人に迷惑をかけるので書けませんが(^^;)

KUMA0504さん、コメントありがとうございます。
「責任」の程度は違っても、この国の政治にかかわることについては、少なくとも選挙権のある人には大なり小なり責任がありますよね。
知っているとか知らなかったとかいう問題は、だまされた人はだました人よりは責任が軽いというだけで。

知らない人は罪の意識が無いので、のほほーとしているわけですから、何かについて少しだけは荷物を持ってもらいたいと思いますよ。
ファシズムにしろ戦争にしろ、「世間知」を鵜呑みにすることが助長することは歴史から見て明らかですから。
「普通」であるとか「知らなかった」ことは免罪符にはならないと自分に言い聞かせつつ(笑)。
ただ、知らない人に責任をかぶせるだけでなくもっと知らせる工夫とか努力もしたいなと思ってもおります。

KUMA0504さんの新しい記事ができましたらお知らせください。

Posted by: miyau | January 09, 2006 at 07:18 PM

全く、その通りですねー。
ところで、少し違いますが、吉外井戸の話をご存じですか?
こちらの方がやっかいかもしれません。

Posted by: 早雲 | January 09, 2006 at 08:04 PM

早雲さんこんばんわ

残念ながら吉外井戸の話は、知りませんでした。
見つけたお話を読んでみたのですが、結局平行線をたどってしまうような気がしますね。
やっかいというか、権米さんがおかしいのか村人がおかしいのかで結論が間逆になる仕掛けになっているお話しですね。
毒を投げ入れた人間は誰なのか。
現象的な部分だけを取り上げているような気もします。
毒;嘘という構図は納得いきやすいですが、村人がおかしい場合はファシズム論につながりそうではありますが、突き詰めて考えると結論がうやむやになってしまいそうですね。知的な罠のような物語ですね。

Posted by: miyau | January 09, 2006 at 09:15 PM

そうですね。
帰属意識が変わると、世界が真逆に見えるという経験は有りませんか?
私は有ります。
そうなると、議論は勿論成り立ちませんから、困ったものです。
どの様に相対化出来るか、いつも悩まされます。

Posted by: 早雲 | January 09, 2006 at 11:39 PM

早雲さん
帰属意識の問題にしてしまうと自分自身の価値判断までも相対化してしまうことになるので、問題ごとで分けて考えるしかないような気がします。
まず、議論は同じ土俵に立つ者同士にしかできません。最低限の知識のない人や意図して嘘をつく人とは議論は不可能です。
あえてこの言葉を使いますが、すべて相対化するというのであれば、人の命の問題とレッサーパンダ問題を同列に論じることになるからです。

私は、あまり害がないような問題をわかりやすい一例としてあげているのですが、全てを相対化することは危険な場合があると思います。
物語を書いた人の意図を考慮に入れなければ、寓話は寓話でなくなってしまいますから。

Posted by: miyau | January 10, 2006 at 12:08 AM

こんばんは、今日の日記の内容とは関係ないのですが、under the sunのすてきなバナーご自分でおつくりになったのですか?それともどこかでいただけるのでしょうか?

Posted by: ヘリオトロープの小部屋 | January 14, 2006 at 01:39 AM

ヘリオトロープの小部屋さんコメントありがとうございます(^^)

この素敵なバナーは、Under the sunに置いてありましたよ~。もし見つからなければ、勝手に持っていっていいんじゃないかなぁ(独断)。
パンサーさんも素楽さんもヘリオトロープの小部屋さんもたいな素敵なブログで宣伝してもらえたらとても喜ぶと思いますから(^^)

Posted by: miyau | January 14, 2006 at 03:34 PM

miyau様、こんばんわ。
胡蝶の夢ではありませんが、ゆらぎのない自己認識を持つことはとても難しいことです。
さて、何かを変えようと思った時には、特に違う土俵に立つ人々に語りかける必要が有ると思います。理解力のない人にも理解を求める必要があると思います。気が遠くなる様に難しい事ですが。
新しい土俵を作り、理解の容易な概念を使い、「無知に対する絶望的な無知」に立ち向かい。

Posted by: 早雲 | January 14, 2006 at 11:15 PM

miyauさん、ありがとうございます。
目が節穴なのか、under the sunで見つけられないので素楽さんにうかがってみます。under the sunのトップに出ているのもよいのだけれど。場違いなところに割り込んでしまってすみませんでした。

Posted by: ヘリオトロープの小部屋 | January 15, 2006 at 12:33 AM


早雲さん
人生の深みを感じさせる含蓄あるお言葉ありがとうございます。まだまだ、若輩の私なので揺らぎの無い自己認識に至るには程遠いです。
日々をひたすら考えて自分なりでしか行動できないのが自分でも嫌になる程です。

「無知に対する絶望的な無知」は、できるだけ多くの情報に触れてもらうことしかないように思います。あとは、時系列的に順を追って理解してもらえるように工夫したりでしょうか。
根本的な思い違いを変えるということは、相手との信頼関係無しにはできないように思うので、まずは自分を信頼してもらえるように努力するしかできません。テレビで嘘を喧伝す売るタレントやコメンテーターの言っていることよりも目の前の自分が信頼されるような人でありたいです。

基本的な部分「人を人として大切に扱うこと」については譲る気は全く無いですが、それ以外のことについては、謙虚でありたいとも思います。

多数派が間違う原因をなんとかするしかないと。遠くの地平に声を掛けることも重要ですが、情報の格差による身近な差異をまずは埋められたらいいなと思います。

ヘリオトロープの小部屋さん

場違いなどと気になさらないで気軽に遊びにきてください。

Posted by: miyau | January 17, 2006 at 12:39 AM

miyauさん、「人を人として大切に扱うこと」、これが本当にαでありΩですね。
「人を手段としない」、「人を目的としてつきあう」ことが出来れば世界は違うものになりますからね。
説得で人を変えることは経験上非常に困難です。
おっしゃる様にまず信頼されることが全ての始まりなのでしょう。
miyauさまのように誠実で真摯に考えて行動されている方を見ていると、世はまだまだ捨てたものではないと思えてきます。

Posted by: 早雲 | January 17, 2006 at 10:14 PM

Hi there! I just wanted to ask if you ever have any problems with hackers? My last blog (wordpress) was hacked and I ended up losing several weeks of hard work due to no back up. Do you have any solutions to protect against hackers?

Posted by: median income by zip code excel | September 07, 2014 at 07:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/8054546

Listed below are links to weblogs that reference 無知であることは無罪であるのか:

» 2005年「年次改革要望書」を読む(2)アメリカ製の新製品をどうぞ [川辺より]
2005年の年次改革要望書、「医療機器・医薬品」の詳論は、昨日のエントリーで書いた「日本の医療制度の改正」にひきつづき、以下の5項目で構成されています。 [Read More]

Tracked on January 08, 2006 at 08:49 PM

» 年金問題の危険な罠 [晴耕雨読]
 少子高齢化で働ける人が少なくなるのだから、年金給付を減らし、社会保険料を増やし、消費税の増税をしようという方向で議論が進んでいます。  ですが、ちょと待ってください。ここには、二つの罠が仕組まれています。 1)生産年齢人口の減少と総生産(GDP)の減少が当然のように結びつけられている。 2)給付減と増税はデフレを加速し安定した年金給付を困難にする。 と言うことです。 人気blogランキング まず、1)から考えてみましょう。国立社会保障・人口問題研究所のデータを引用すると生産年齢人口の割合(1... [Read More]

Tracked on January 08, 2006 at 08:59 PM

» 成人式で憲法シール投票 [再出発日記]
岡山市は今日、日曜が成人式である。岡山市憲法改悪反対共同センターその他数団体は、振袖やはかま姿が集う会場で「憲法改悪反対」のチラシまきや署名行動、11月にもおこなったシール投票をした。結果は30分の行動で「憲法改正に反対」23対「憲法改正に賛成」0であ...... [Read More]

Tracked on January 12, 2006 at 12:35 AM

» dependence「依存」とindependence「自立」 [T.N.君の日記]
 玄耕庵日乗さんが、毎日新聞に掲載された「縱並び社会」を転載しています。今の社会と、そこから浮かび上がる10年後の社会が強く暗示されており、必読のルポと思われます。そのルポを読んで、「自立」ということばについて、考えたことを少し書きたいと思います。  私は予てから、「個の自立」「自立した精神」という具合に、「自立」ということばを好んで使ってきました。昨年も、障害者自立支援法案なる悪法にもこの「自立」という言葉が用いられ、「自立」ということばに、人を突き放す冷たいニュアンスが生じるようになりまし... [Read More]

Tracked on January 13, 2006 at 03:01 AM

» イラン核攻撃が最終段階に [晴耕雨読]
アジア太平洋資料センター(PARC) 2006/01/09 付けの北沢洋子氏の記事の紹介です。 真偽の程はどうなのでしょう? 気がかりではあります、まずはお読み下さい。 以下 同記事転載 以前から反戦派の間で米国がイランに対する核戦争を準備しているという議論が飛び交っていたが、このほどトロント大学グローバル・リサーチ研究所のミッシェル・ショスドウスキイ教授が「米国、イスラエル、トルコの3カ国が、イランを核弾頭でもって戦争を仕掛けるという計画が最終段階に入った」という分析を発表した。 人気blo... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 12:45 AM

» 米国巨額財政赤字と我が国自治体の自己責任論 [とむ丸の夢]
 昨日は一日中ボー、としていて、うっかりしていました。。前の晩、一睡もできなかったせいです。目もランランと、頭も冴えたままで床に就くと、そうなります。なんとかブログの更新はして、コメントの返事も書いたのですが、大事なことを見落としていたのに、今朝気づきました。  新聞を見ると、「自治体に破綻法制」という見出しが躍っています。一向に改善されない地方財政へのいらだちから、竹中総務省の�... [Read More]

Tracked on January 14, 2006 at 03:12 PM

» 最高裁判事、真野毅氏 [晴耕雨読]
衆議院解散無効確認請求 判例 昭和27年: 日本国憲法の精神、行政権の肥大化と独走(暴走)の危険性とその抑止の為の三権分立と抑制均衡の考え方が明確に論じられています。 節度のない「7条解散」を繰り返したあげく、歯止めを失って、ついに独裁政権の誕生を許してしまった現在を真野判事はどの様に見ているでしょうか? 何度か、他ブログでも取り上げられている判例ですのでご存じの方も多いと思いますが、今敢えて取り上げさせて頂きます。 半世紀前の昭和27年の衆議院解散無効確認請求に対し最高裁判所 大法廷は「現行法... [Read More]

Tracked on January 16, 2006 at 10:37 PM

» トラックバックアンケートへのご協力のお願い [Under the Sun]
いつもご寄稿頂いております「独裁制をぶっこわそう!今こそ良識を持つ人は日本の民主化のために勇気を持って発言しよう」さまのところで、トラックバック方式によるアンケートを実施 [Read More]

Tracked on January 22, 2006 at 06:32 PM

« 年頭のご挨拶 | Main | 奇妙な果実-株式投資は自己責任で »