« 俺様クーデター宣言-自民党改憲草案 | Main | ネットを徘徊する世論操作集団?(備忘) »

February 07, 2006

Somebody's Watching Me

80年代MTVに釘付けだったみなさんのなかには覚えている人もいるかもしれない。Rockwellの「Somebody's Watching me」。英語があまりわからなくても、このプロモを観ればわかっていただけるだろうと思われるので、リンクをまずはごらんあれ。

Windows Media (高速)/(低速
Quicktime (高速)/(低速


最初に観たのが夜中で、爆笑を抑えるの必死だった。職場では決して観ないほうがいい(笑)。

「sankenbunritsu」は、konakijijiさんがアメリカの行政、立法、司法の世界で起こった面白い出来事を日本語で紹介してくれるブログだ。上記、プロモは「AT&T、政府の国内スパイ事件に関与したとして訴えられる」で紹介されていたものだ。

さて、日本では一体誰に調査しているのだろうかと思うほど支持率が高くてジュンイチローはジョージにめちゃくちゃ羨ましがられているに違いない。
とうとう化けの皮がはがれてきたブッシュ大統領の最もアツイ話題は、「大統領の裁判所による令状無しのメールや電話の盗聴」(ウォーターゲートじゃありませんよ)だ。

この国でも、最近矢鱈と公権力が、ルールですら守らないくせに、国民にマナーを押し付けてきてけったくそ悪いこと極まりないが、それよりもっと胸糞が悪いのが住民基本台帳のように国民を管理・監視することだろう(カッシーニでの昼食さんにこんなことが書かれていたっけ)。

なんとなく以下のニュースも気になるところ。

「政府要請による削除もあり得る」:MS、MSNブログの検閲ポリシーを明確化


ソフトバンクグループ、ブログでの正規引用を認めたニュースサイトを開設

wiki--集団による編集が変える報道のあり方


国際刑事法廷と日本

そういえば大阪で条例「16歳未満カラオケは7時まで」と家庭教育や地域のコミュニティーではなく、警察官(公権力)の介入と自営業者への罰金によってダメ教育をなんとかしようとしているらしい。なんだかね。
私は「子供は大人の言うことなんか聞かない。ただ、背中を見て同じことをする」と思っているが。
「最近の子供は」と言う前に、この国の大人たちのすさまじい堕落ぶりを省みるほうが先決ではないだろうか。
自分たちの行動のほうが「教育」効果が高いことに気づくのではないだろうか。

北風と太陽ではないが、力で押さえつけようとしか考えられないような発想の貧困な大人に「教育」される子供たちが気の毒だ。

広告批評1月号の特集「憲法前文のイミ」で橋本治が言っていた「口臭がきつい一般性なんてやだ」。まさにそんな感覚。ファシズムは茶色くて臭い。

口臭がきつい一般性なんてやだ(橋本治)

誰の上にものっかる憲法の前文なんてものは、「色がない」のがいいに決まっている。「言うべきことを言っている」だけで、文章に個性なんかないほうがいい―また、ないものでなければならない。そういうものが「共和国の憲法」で、「憲法の前文を書く者の主体」やら「口調」やら「声音」なんてものが感じられるのは、「帝国の憲法」だ。「重々しい色」というのもまた、一つの特殊な個性で、そんなものは「共和国の憲法」には不要である。書き手の主観、個性、意図がもろ見えの「前文」は、たとえて言えば、「口臭のきつい人間が目の前で演説しているのを聞かされる」である。万人向けではないから、やめてほしい。「口臭の原因解明」をした方がいいんじゃないのか。

|

« 俺様クーデター宣言-自民党改憲草案 | Main | ネットを徘徊する世論操作集団?(備忘) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

TB有難うございます。

すみません。こちらからのTBがダブってしまいました。

MTV・・・よく見ていたのですが、このビデオクリップは初めて見たように思います。
ウォーターゲート事件をおちょくったものなのでしょうか?

アメリカもメディアが用をなさなくなって来ていますし、礼状なしの盗聴を認めようとしているなど、何だかな~という感じになっているように思います。
日本もこういうとこまで追随して欲しくないです。

Posted by: mew-run7 | February 08, 2006 at 10:22 PM

mew-run7さんこんばんわ。コメントありがとうございます。

えと、これは80年代にヒットした曲に最近Progress Now という団体がブッシュ大統領による国民監視事件をもとに新しくパロディ映像をくっつけたものです。

http://www.progressnowaction.org/page/community/post_group/ProgressNowStaff/CLkB

日本でも紹介されているよ!という内容です。

メディアの惨状はアメリカからのメディアコントロール方法を輸入したものでしょうね。その国でもパロディを使って危険性を伝えようとしている人たちが少なからずいるし、この国でもそうだということを胸に発言し続けるしかないと思います。

にしても、みんな日本語わかってよ!と思う今日この頃。

Posted by: miyau | February 08, 2006 at 11:16 PM

お世話になっています。TBで世論調査・TBで意志を表明のUnder the Sun -EQT- です。
現在、「福沢1万円札続投について」のアンケートを実施中です。
  http://utseqt.exblog.jp/737265/
一読後、よろしければご参加頂ければ幸いです。

Posted by: Under the Sun -EQT- | February 12, 2006 at 09:58 PM

わざわざ、幣ブログまで起こしいただきありがとうございます。

TBアンケートですね。
前回は忙しいさなかだったので、クリックのみ参加しましたが、今回はエントリ立ててみましょうか。

Posted by: miyau | February 12, 2006 at 11:52 PM

トラックバックありがとうございました。
さすがに今、「明日は節分!」をトラックバックしても…と思われるので、こちらの方はトラックバックを控えますね。

盗聴されてるかもしれない恐怖、って感じでしたね。

実は私は、口にこそ出しませんが、政権批判をバンバンしている身だから、何かしら監視されてるんじゃないかという被害妄想を持ってます。選挙戦中、パソコンが不正アクセスされたらしいこともあったし…
●●党なんて、どんな悪いことをしてたってあたしは驚きはしないや、なんて風に思ってます。
いわんやブッシュをや。(古文の使い方が間違ってるかも。)笑

Posted by: 野良狸 | February 12, 2006 at 11:53 PM

野良狸さんこんばんわ

かなり苦味の利いたお笑い系のエントリ(?)だったのと、ジュンイチローだけでなくジョージも追い出して欲しい気持ちからTB送りました(笑)。

「安心」「安全」とかいいながら犯罪者でなく国民を「監視」している国家権力を皮肉な目線で見ていていいですよねー。

「見守る」でなく「監視」である事実に一人でも多くの人が気づいてくれますように。

Posted by: miyau | February 13, 2006 at 12:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/8529528

Listed below are links to weblogs that reference Somebody's Watching Me:

» 堀江氏逮捕に思うこと(6) ~受験&ゲームで、数字と攻略法にこだわる世代~ [日本がアブナイ!]
 最初に、前回書いた「魔の7YEARS」を示す18歳人口と大学進学率のグラフを見つけた ので貼っておきたい。(コチラ) これを見ても、ちょうど67~74年生まれが18歳になった 85~92年の7年間だけ、両者のグラフがぶつかっており、受験競争がかなり厳しかったで あろうことがわかる。当時、有名四大は現役合格は難しく、大部分の学部では1~2浪生の 方が人数が多かったという。>  そして、この世代のもう一つの大きな特色を書いておかなければならない。それは、彼らが いわゆる「ゲーム世代」「... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 10:13 PM

» [民主主義の危機]「擬装民主国家・日本」で期待されるマスメディアの役割とは? [toxandriaの日記]
  日本経済新聞社・経済解説部編集委員の清水真人氏が書いた『官邸主導、小泉純一郎の革命』(日本経済新聞社/1,995円税込、2005年12月刊)という優れたドキュメント本があります。この本の中で竹中平蔵の役割が客観的に見事に描かれています。それによると、「官邸主導型」政治が意味するのは、総理大臣とごく一部の取り巻き連中が政策決定に強大な権力を行使することです。   しかも、この仕組みを狡猾に操る役割を演じているのが竹中平蔵です。例えば、竹中は自らが暖めている秘中の政策プランを作為的に民間議員の名... [Read More]

Tracked on February 08, 2006 at 10:56 PM

» ■デューイ『民主主義と教育』第二章■ [日記はこれから書かれるところです。]
第二章は全体として大変おもしろい。示唆深いことが鏤められている。この章は、熟読するに値しそうだ。もし、すべての章が、これだけ示唆深く続くのだとすると、この書物は、俺にとって一生の友となるように思われる。もしこの章だけなら一章の友だけど。■第二章社会の機...... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 12:15 AM

» 沖縄返還に絡む密約を政府内部の者が認める [ファミリー メンタル クリニック]
政府がひた隠しにしてきた沖縄返還の「密約」を、対米交渉の中枢にいた吉野文六・元アメリカ局長(87)が政府関係者として初めて認めた。一九七一年、毎日新聞記者だった西山太吉さん(74)が暴いた「密約」は、二〇〇〇年以降に相次いで見つかった米政府の公文書で再証明されたが、吉野氏の証言は、それでも密約を否定し続けた政府を“身内”が追い込む格好となった。 ... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 11:52 AM

» 世に倦む日日の過去のエントリーを読んで [世相春秋]
ここ数日、娘の「インフルエンザ」の症状に悩まされ、私自身も賃金交渉の不当な「妥結」で元気を消失してブログを書く意欲を喪失しかけていたところですが、久しぶりに「世に倦む日日」の過去のエントリーを読んで、私がブログを書く動機を再確認すると同時に、やはり、目指す社会像は本当にこうであるべきであると普段の地道な努力が必要なのだと思いました。 以下、「世に倦む日日」のエントリーから抜粋。同意の調達と合意の形成、それが政治だと言った。が、もう一つ続きがある。それは多数を組織することだ。同意を調達し、合意を... [Read More]

Tracked on February 09, 2006 at 08:40 PM

» 講演を終えて [奥田健次の教育改革ぶろぐろ部]
年始から2つ講演を行った。ブログでも紹介したが、神戸と愛媛に行ってきた。 [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 12:25 AM

» 飼鶏 [T.N.君の日記]
 気位の高い鶏の産んだ黄金の卵の味が忘れられず、翌年、まだあどけない鶏を一度に五羽飼う事になりました。名前はどれもコッコと名付けました。先代のコッコが泊まった白樺の枝に、一度に五羽も泊まれるはずもありません。かといって、それぞれがお気に入りの木の枝を見つけてねぐらにするような習性も持ち合わしていないようです。先代のコッコが使っていた手狭な鶏小屋に、夜になると五羽仲良く寄り添って羽を休めています。  街までトタンや金網、角材を買いに出掛け、父親と鶏小屋の新設作業に取りかかります。裏山に生えた若木... [Read More]

Tracked on February 10, 2006 at 10:24 PM

» 紀子さんと雅子さんとジェンダー [Make Your Peace]
誰もが驚いた三人目の政治的?妊娠で、久し振りに紀子さんが脚光を浴びています。朝日は朝刊の一面に「笑顔やわらか」という言葉を添えて写真を載せていましたが、こうしないと読者のニーズに答えられないんでしょうかね・・・。 それにしても、久々にとっくりと見た紀子さんの表情が、美智子さんにそっくりになっていて驚きました。見事に皇室に適応しましたね。適応できず、そのまんまの適応障害になった雅子さんとは対照的です。 紀子さんは社会に一度も出ることなく、学生のまま結婚して皇室に入りました。男女雇用機会均等... [Read More]

Tracked on February 11, 2006 at 08:11 PM

» Under the Sun について諸々 [玄耕庵日乗]
「Under the Sun」プロジェクト参加メンバーの皆様と、私が個人的にお知らせ&ご紹介頂きたい方々にこのエントリーをTBさせて頂きます。 実家を離れていると中々PCに触れず金もかかるし、ケータイからの投稿は1回につき500バイト上限なので中々思うことが書けず、ネカフェのマウスはじゃじゃ馬で、ちょいとストレスがたまっているのですが、「独裁制」さんが執り行って下さった第2回アンケートについてと、その他今思っていることをまとめて書かせて頂きます。 「なんのことだ?」と思われる方もおられるかと... [Read More]

Tracked on February 12, 2006 at 07:53 AM

» 藤原正彦 『国家の品格』 新潮新書 2005年(3) [本に溺れたい]
 もうそろそろ、この作業を終わりにしたいのだが、あと2回だけ試みる。  藤原氏は [Read More]

Tracked on February 13, 2006 at 01:04 AM

» エントロピー経済学 [晴耕雨読]
「生命の本質はエネルギーではなく、エントロピー過程である」という、生命体の捉え方に初めてエントロピーを導入したのは物理学者シュレディンガーですが、レーゲンとシュレディンガーの両者を批判しながら結びつけ、地球までを含む入れ子構造の定常開放系の理論にまでエントロピー論を展開させたのが、槌田敦氏です。今回は氏の論文から紹介します。 【砂漠化の原因は、穀物の過剰生産と自由貿易】  なぜ、熱帯と温帯の農地が荒廃することになったのであろうか。それは、アメリカ、カナダ、ヨーロッパなど先進農業国において、石油を... [Read More]

Tracked on February 20, 2006 at 11:48 PM

» こども子供コドモ まだ言う? [本音?]
中学の頃 とある授業で(たしか古文?) 「平安時代の人は凄い、あんなにも素晴らしいうたを読んでいる。現代人のお前らに真似ができるか?」 と言われて、 「あの時代に車は走ってないし、今ほど忙しくしなくても生きてゆけたのだから暇だっただけじゃん」なんて思った。 先人..... [Read More]

Tracked on February 22, 2006 at 02:43 AM

» 【人物】 橋本治 [PukiWiki digital-momonga (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
[一覧] 人物一覧 「著者紹介」集 プロフィール † 関連情報 † 1968年東大駒場祭ポスター この項目に関するオンラインリソース † インタビュー Wikipedia 研究 橋本治について コメント 「と書いていた」あるいは「読ん... [Read More]

Tracked on February 24, 2006 at 02:15 AM

« 俺様クーデター宣言-自民党改憲草案 | Main | ネットを徘徊する世論操作集団?(備忘) »