« 民主主義ってこういうことだったのか-PSE法ビンテージ楽器を除外 | Main | 「福祉」の心ってなんだろう-映画「石井のおとうさんありがとう」 »

March 16, 2006

希望を我らに-ヴィゴ・モーテンセンからのメッセージ

映画「ロード・オブ・ザ・リング」でおなじみのヴィゴ・モーテンセンからのメッセージがkonakijijiさんのブログsankenbunritsuで「素晴らしい人からのメッセージ」としてアップされていたので転載。
先日紹介したジョージ・クルーニーのカッコイイ発言に全く引けを取らないヴィゴ・モーテンセンのかっこよさに痺れてください。

0606010116162

060601011616


モーテンセンの写真が素晴らしいわけは、彼の人間性と生き方が反映されているからだと思う。彼はニューヨーク生まれだが、北欧系の両親を持ち、中南米の国々を転々としながら育った後、アメリカに戻り大学で政治学を専攻した。また、何ヶ国語もの言語を自由に操る。これらのことがどれ程彼の思想に影響を及ぼしているか分からないが、彼は世界や国内の政治・社会状況にとても敏感で、非常に正義感が強い。ネイティブ・アメリカン(アメリカン・インディアン)の権利を支援する活動家である他、社会的に意義ある活動を多々こなしている。

また、モーテンセンは、ビバリーヒルズなどハリウッド・スター達が住む裕福な地域とは離れた場所(ベニス・サンタモニカの辺り)に住んでおり、その地元のコミュニティの間でも、彼の思いやりのある行動の数々が語り草となっている。例えば、かなり以前の話であるが: ベニス・サンタモニカの辺りには、文学アーティスト達のアンダーグラウンド組織があり、才能があるのにまだ成功しておらず、苦労している若い詩人や作家達を支えていた。この組織が金銭的問題で解散に追い込まれた時、モーテンセンが、寄付金をどんと置いていって、この組織を救った。 若かりし頃にこの組織に属していた私の遠縁の者など、今でもモーテンセンをまるで神のように敬っている。(現在モーテンセンは、小規模の出版社を自ら経営し、成功していないが才能がある画家や写真家などのアーティスト達の作品をよく発掘して出版している。) また、サンタモニカのダウンタウンには、地元の人々に人気の、政治・社会問題及びアート関連の書籍を扱う小さな本屋さんがあっ た。しかし土地価高騰の為、テナント代が上昇、 この本屋の財政は苦しくなり、立ち退かなくてはならなくなった。モーテンセンは、自分のアート・ブックの発売記念サイン会を、この小さな店で開いた。本屋さんの前には長蛇の行列ができ、売り上げに大貢献した。

モーテンセンの写真展において、たまたま近くにいたドイツ人の女性と話した。彼女は言う:「モーテンセンは優れた役者だけれど、私は彼の政治的スタンスと人間性に惹かれているのよ。」 彼女はドイツでは環境保護に携わる仕事をしているということで、仕事仲間の間でも、彼の評判は高いという。

更にkonakijijiさんのエントリには彼のインタビューも掲載されている。

日本の芸能人でも、PSE法や環境問題で積極的に発言している坂本龍一さんや、平和問題で発言している吉永小百合さんやインリンさん、(彼女は台湾出身だけど)などなど、大勢の人が政治に関心を持っているし、発言している人も多いのだが、残念ながらマスメディアが積極的にそれらの発言を取り上げることは少ない。
芸能人や有名人の発言で喧伝されるのは、それが権力者にとって都合のいい場合だけと言っても過言ではないほどだ。若手のお笑い芸人さんたちにも、イラク戦争に反対する署名活動をやっていた人を私自身知っている。
だが、政治的発言が比較的多い爆笑問題などでも著書やライブやビデオ作品などではテレビでは言えない政治ネタを披露してくれる。

私のブログは、政治的な問題を扱うことが多いし、そうした現状を背景に重たいテーマも扱っているので社会の現状を悲観していると思われるかもしれない。しかし、ここでささやかだけれど発言することが未来に通じるという希望を擁いて私は駄文を書き綴っている。政治の現状に疑問を持っている人間は確実に増えていると確信している。
そして、正しい情報や多様な意見、良質な文学、映画、音楽を通じてそういった人が増える可能性も。
くだらないスキャンダルやメールだとかを垂れ流すのは、良心を持つ人々への精神的攻撃でもあるのかもしれない。
くだらないスキャンダルなど豚の餌にでもくれてやって彼らの真摯な発言をもっと私たちに届けて欲しいものだ。

ルックスやスタイル、才能、社会的影響力では彼らと私たちは比べ物にならないが、人間性とか生き方ならなんとかなりそうかな(笑)。素敵な大人でありたいね。

|

« 民主主義ってこういうことだったのか-PSE法ビンテージ楽器を除外 | Main | 「福祉」の心ってなんだろう-映画「石井のおとうさんありがとう」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

なるほど、日本にも政治的発言をする芸能人は沢山いらっしゃったのですね。喜ばしいことです。でもそれを伝達する媒体がないのですね。残念なことです。

> 人間性とか生き方ならなんとかなりそうかな(笑)。素敵な大人でありたいね。

Miyau さんはこのブログを拝見する限り、素晴らしい人間性を持っていらっしゃる、素敵な大人だと思います。

Posted by: konakijiji | March 17, 2006 at 02:23 AM

konakijijiさん、こんばんわ

そんなに煽ててもお茶くらいしかでませんよ(笑)。
登った木から下りれなくなりそうで少しお恥ずかしいです。

ブログはよそ行きですから本人に会ったらがっかりするかもですよ(笑)

Posted by: miyau | March 17, 2006 at 07:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/9123960

Listed below are links to weblogs that reference 希望を我らに-ヴィゴ・モーテンセンからのメッセージ:

» 工場的農場やGM作物に批判の嵐 [晴耕雨読]
2002年に改訂された米国の農業法も5年の期間がまもなくおわり2007年に改訂の時期を迎えます。今回は農業法ではなく、改定に向けた公聴会の話題です。 いつも貴重な情報を公開されている農業情報研究所(WAPIC)の記事からなかなか伝わってこない小規模農業者などの意見を紹介します。 関連エントリ:米国農業経済 最先端の家族農業 人気blogランキング 以下 USDA 2007年農業法公聴会の意見を集約 工場的農場やGM作物に批判の嵐 農業情報研究所(WAPIC) 06.4.1 転載  米国農務省... [Read More]

Tracked on April 07, 2006 at 09:53 PM

» ヴィゴ・モーテンセン [アイドル芸能Shop]
ヴィゴ・モーテンセン [Read More]

Tracked on April 11, 2006 at 04:39 AM

« 民主主義ってこういうことだったのか-PSE法ビンテージ楽器を除外 | Main | 「福祉」の心ってなんだろう-映画「石井のおとうさんありがとう」 »