« 「焼け野原の王(PSE法)」「飴と無恥」考 | Main | 12歳の特攻隊員 »

April 01, 2006

4月1日生まれ

さて、午前0時をまわったのでめでたく誕生日を迎えることができた。

4月1日生まれだと、子供の頃は学年で一番年下ということになる。
小学校に入学したときには、小学生の中に幼稚園児が混じっているような状態で、周りのひとが皆全てお姉さんお兄さんに見えたものだ。

他の4月生まれの子供などはかなり大人に見えていた。いつのまにかそういう感覚は薄れていった。
小学生のときには、高校生はおじさんおばさんと思っていた。高校生になったときには、今の自分などかなり大人だと思っていた。

いま、そう大して大人でもない自覚しかもてない自分がいる。他の人もそうなのだろう。
私より遥か年上の人でも自覚無き大人を大勢見かける。
一年一年、歳を重ねてきた。連続した時間を思考のなかで切り取ってみるとあのときはこうだったと思ったりするのだが、連続して一つの人格としてやってきたことを考える。

歴史ってそういうものなのだろうか。全てが途上であり全てが連続している。
恐らく、全てがこれからも全ての人に繋がっていて、一人の人間の思考が途絶えても、何らかの形で影響を残して歴史として継続していくものなのだろう。

現在の自分の思考も、人類が培ってきた思考の歴史の一部にいる。身近な人や読んだ本を書いた人。過去にいろいろな人が考えたこと。そして思考することが人間の社会的発展や経済的発展の基礎となっている。

それらの思考は一進一退しながら営みつづけられていくのだろう。

どういう未来につながっていくのか。楽しみにまた1年を過ごす。歴史の住人として。

|

« 「焼け野原の王(PSE法)」「飴と無恥」考 | Main | 12歳の特攻隊員 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

お誕生日おめでとうございます。
エイプリル・フールの日に生まれたんですねー!(....とよく言われませんか?)
??歳として素晴らしい1年を過ごしてください。

Posted by: konakijiji | April 01, 2006 at 08:13 AM

誕生日おめでとうございます。
90を過ぎても気分は3歳の頃と変わりないと叔父も言ってました。私もそうです。只、演じなければならない役割が歳と共に複雑になり、それにともない見かけは変化していますが。

Posted by: 早雲 | April 01, 2006 at 07:09 PM

お誕生日おめでとうございます。
今日中にギリギリ間に合うでしょうか!?

大人という自覚ってなんでしょうね。自分が大人じゃないけないという強迫観念に縛られるよりは、好奇心を持ったこどもでいたいと思います。
まあ、とにかく、ここから一年のご健康とご多幸をお祈りします。

Posted by: 足踏堂 | April 02, 2006 at 12:00 AM

みなさんひっかかりましたね…

というのは嘘でほんとうに誕生日でした(笑)
誕生日がネタになるので便利です(何が)

一年を画期する誕生日に年齢は大人である自分の大人としての自覚ぐあいを考えてみました。

konakijijiさん

ありがとうございます。
そうです!みんなに言われます。それから誕生日当日に「今日誕生日です!」というとネタかどうか悩む人がいることも憶えました(笑)。
性格をよく掴めば「正直」だということがわかり「本当」と認識できる確率が高いのですが、性格を掴みきれていないと、「悩む」のです。

早雲さん

叔父さんの90を過ぎても…は名言ですね。
子供の頃の記憶が薄い人はどうなのかわからないのですが、たいていの人は自分が大人であるという自覚って持ちづらいものなんだろうかと思っています。
「立場」とか「演じる役割」が複雑になっていくというのと見かけが変わっていくんですよね。さすが含蓄あるお言葉ありがとうございます。

足踏堂さん

お祝いの言葉ありがとうございます。タッチの差で50秒ほど間に合いませんでした、残念です!(笑)

大人としての自覚は大人としての行動の積み重ねでわいてくるものではないかと思います。
強迫観念に追われてもそんな自覚を持てるわけはありませんので、好奇心旺盛な子供でいたいという考え方に大賛成いたします。

私は、愛すべき人々が生まれてきたことを1年365日祝いつづけております。みなさんオメデトウ!そしていつでも誕生日オメデトウを歓迎しております。

それではまた!

Posted by: miyau | April 02, 2006 at 11:11 AM

TBありがとうございました。当方からも、お誕生日関連ですので(笑)、TBさせていただきます。

Posted by: harayosi-2 | April 08, 2006 at 12:52 PM

harayoshi-2さんこんにちは、コメント&TBありがとうございます。
4月1日は年度始めなので最近は様々なトンデモ法律が施行されることが多いですよね。

「福祉のために」「財政赤字解消のために」などといいながら、削る国家予算が医療をはじめとする「福祉」という倒錯振りには本当に腹が立ちますよ!

まずは事実を知らせるしかないですものね。harayoshi-2さんのブログで医療制度改革の内容についてももっと知らなければと思います。
病院に全く行かないで一生を過ごす人などほとんどいませんから。

一昨年入院したときに、入院費が払えなくて病院から夜逃げするという話が入院患者のなかででていました。それを更にカイカクすると…。命の沙汰も金次第。そんなお金だけが基準の下品な国にはなって欲しくないものです。

Posted by: miyau | April 08, 2006 at 02:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/9364881

Listed below are links to weblogs that reference 4月1日生まれ:

» エイプリル・フール オフ開催中 [玄耕庵日乗]
T.N.君宅でしんみりと飲み。 T.N.君「で、どうするよ? UTS?」 素楽「そうっすねぇ。盛上がんないっすねえ。」 T.N.君「うーん、僕ら結構頑張っているつもりなんだけど、空回りしてんだよなあ。なんでだろ?」 素楽「いやぁ、今月は僕サボったからなぁ。しかしテレビも新聞もブログもないと、結構幸せだったりw。」 T.N.君「3月に会ってから一ヶ月経っても、世間はメール問題に明け暮れてんだもんなー。久しぶりにテレビ見たらびっくりするでしょ、まだメール問題やってんだって。そして、多くのブ... [Read More]

Tracked on April 02, 2006 at 11:24 AM

» Under the Sunの定期check list [T.N.君の日記]
 Under the Sunもおかげさまで3ヶ月が経ちました。中々軌道に乗っているとは言いがたい状態ではありますが、多くの方々のご指導、ご鞭撻を頂きここまで続けることが出来ました。この場を借りて御礼申し上げます。しかしご存知のとおり様々な問題を抱え、Under the Sunの進むべき方向を未だ模索しているような状態であります。UTS4半期の評価を行い、今後の参考にしていきたいと思いますので忌憚のない意見をお願い申し上げます。TBCを作ろうと声を上げた時に皆さんから頂いたコメントの数々を読み直し、も... [Read More]

Tracked on April 02, 2006 at 12:31 PM

» 思想の中核と辺縁 ― 憲法第9条 [Make Your Peace]
実は、憲法第9条は平和の理念を条文化したものではない。 1945年8月15日の終戦の玉音放送から程なく、日本軍は各部隊レベルで自主解散した。9月2日にGHQが日本軍に解散命令を出したときに、日本軍はもう存在していなかった。憲法第9条ができる以前に、日本は軍隊を持たない国になっていた。 日本国憲法の成立過程で、国会において憲法第9条に反対の意を示したのは日本共産党議員、それもたった1人だけだった。 憲法第9条は軍隊解散の経験への追認だ。 さて、平和運動寄りの人間としては稀なこと... [Read More]

Tracked on April 03, 2006 at 05:05 PM

» 思想の中核と辺縁 ― 憲法第9条 [Make Your Peace]
実は、憲法第9条は平和の理念を条文化したものではない。 1945年8月15日の終戦の玉音放送から程なく、日本軍は各部隊レベルで自主解散した。9月2日にGHQが日本軍に解散命令を出したときに、日本軍はもう存在していなかった。憲法第9条ができる以前に、日本は軍隊を持たない国になっていた。 日本国憲法の成立過程で、国会において憲法第9条に反対の意を示したのは日本共産党議員、それもたった1人だけだった。 憲法第9条は軍隊解散の経験への追認だ。 さて、平和運動寄りの人間としては稀なこと... [Read More]

Tracked on April 04, 2006 at 05:35 PM

« 「焼け野原の王(PSE法)」「飴と無恥」考 | Main | 12歳の特攻隊員 »