« 大人たちがヘンだ | Main | 愛のかたち »

April 16, 2006

私たちは買わされ続けている-邪推日記

[家賃二重計上]小泉首相の2団体、1400万円使途不明に
 小泉純一郎首相が関係する二つの政治団体が同じ事務所を使いながら、05年の政治資金収支報告書に、家賃などの事務所費を別々に記載していたことが分かった。03、04年の収支報告書にも同様の記載をしており、これで3年連続計約1400万円が使途不明のままとなる。

2006年04月15日03時32分(ライブドアニュース 毎日新聞)

説明したがらない男コイズミは3年連続で政治資金規正法に反している。それでもマスメディアでは、新たなイメージロンダリングにひた走っているようだ。新宿御苑で有名人を1万人も集めて花見をする金とヒマがあるなら、お前の政策のせいで底辺に陥れられて生活基盤を失った人々の生活をどうにかしてやったらいかがだろうか。首相でござい「オレサマを愛せよ」とふんぞり返るならばそれくらいたいしたことないだろう。大国の走狗よ恥を知れ。

ニクコップンタケベ幹事長とライブドアとの関係がすっかり消されてしまい、おっちょこちょいナガタのメール問題で窓埋めされて何事もなかったかのような報道ぶり。恐らくにやけ顔のマエハラはコイズミとぐるだろう。生贄ナガタは一生自分がいかに自分の擁いた党首から利用されたかは気づかないかもしれない。

その後の政界再編を睨んで、ユーセミンエイカのときと同じくまた国民を二項択一の罠に陥れる準備は着々と進んでいるようだ。

マエハラと同じく某宗教団体の嫁を持つオザワイチローはすっかり強面から期待の星にロンダリングされてしまっている。そして、出来レースの鍵となるのは公明党。公明党がどっちにつくかで決まる政権交代。
それを望む国民がそれだけ大勢いるのだろうか。大勢いたとしてもそれで利益を得られる国民はほとんどいないだろう。教育基本法を「改正」されてしまえば「宗教」という麻薬で麻痺させられて自分の財産だけでなく家族や命まで差し出す未来を彼らは望んでいるようだ。彼らの描くシナリオはわたしたちの望む未来像とはかけ離れているだろう。心を支配された者のみが耐えられる醜い世界。(「私の宗教観と宗教的情操の涵養の疑問」小泉内閣の支持率が一桁になるまでさん)

コマーシャルによるイメージロンダリングをいくらやったとしてもその実態は変わりはしない。私たちは目先を変えなければすぐに馬脚を著すような耐久期限の短い欠陥政治を購入させられつづけているのだ。

アイフルなどの違法取立ては今に始まったことじゃないことを肝に銘じよ。
イメージに騙される」日記はこれから書かれるところですさん「@nifty:NEWS@nifty:ヤミ金取り立て苦に男性自殺…警察、対応遅れる(読売新聞)」参照


[ウィニー]国会議員への口利き文書流出 大分の工事入札で
 

大分県宇佐市が発注した公共事業の指名競争入札を巡り、大阪市の水道コンサルタント会社「日本理水設計」の社員によって作成された国会議員への口利き依頼文などの文書が、ファイル交換ソフト「ウィニー」を介して流出したことが14日、分かった。同社は口利きを否定しているが、議員側と面会の約束をしたことは認めた。

2006年04月15日10時31分(ライブドアニュース 毎日新聞)

ウィニーはとても素晴らしいソフトだ。お役所や私企業や国会議員の行っているいいかげんなことを、知りたいみんなにかわって自ら暴露したくなるソフト。「エロ」見たい願望を満たす代わりに情報公開だ。
「けしからん!」ウィニーを仕事場のPCで使うなんて、という向きもあるようだがそんな堅いことをいわないで、すべての国政府機関の職員にもひろめてしまえばいいんだ。そしたら、隠れて悪いことができなくなる。
テレビでは対立する振りしているけど、実は一緒にお花見に行っててその写真流出とか。
戦争するにも秘密が必要だ。ウィニーで全ての情報が丸裸になったら世の中平和にするしかなくなるかもしれないね。

おとといくらいにテレビだとかが一斉に蒸し返した中国領事館職員自殺は何のために蒸し返したのか。拉致問題と2点セットで内閣支持率を粉飾するためではないのかとまた邪推。浮気がばれたら困るだろうと脅されて自殺するなんて馬鹿馬鹿しい。普通浮気がばれたら「ごめんなさい」ですまないのか?死ぬよりも奥さんが怖いなんてどうかしてる。不自然極まりないね。


イメージで脊髄反射するのはもうやめよう。邪推のほうがなんぼかまし。

|

« 大人たちがヘンだ | Main | 愛のかたち »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

コイズミがスキャンダルに強いとか、けんかに強いという話も時々ありますが、きちんと報道されるかされないかの問題に過ぎないのでしょうね。
そういう情報統制下にあって確かにWinnyはいいソフトかもしれません。先日も、警察が尾行するのに、車に発信機を隠れてつけていたという情報が出てきましたね。任意捜査とか言いながらそんなことしてたのか、という感じです。おそらく以前からやってただろうに、われわれは何も知らされたいない、そういうことがわかるだけでもいいソフトです。

Posted by: luxemburg | April 16, 2006 at 11:20 PM

ウィニーは素晴らしいソフトだっていうのに賛成ですね(笑)。
そして、イメージ脊髄反射よりも邪推の方がマシっていうのも賛成!

マエハラは、コイズミとグルだっていうところも刺激的です。
確かに、マエハラの人脈には、狂セラのイナモリがいたりと、財界による「つなぎ」があったのではないかと、「邪推」しちゃいますね。

Posted by: 足踏堂 | April 17, 2006 at 12:00 AM

luxemburgさんコメントありがとうございます。
小泉一家はまさに「一家」ですからねぇ…神奈川の人は知っているはずなのですが。
情報操作って恐ろしいですねぇ。
正確には、ウィニーを介して感染するウィルスのせいなのですが。あんまりみんなに秘密がばれてしまうと、マスメディアの仕事がなくなってしまうので大騒ぎしているのかもしれません(笑)

足踏堂さんこんばんわ

賛同いただけて嬉しいです(^^)
マエハラとコイズミのデキじゃないかというのは、私のオリジナルアイディアではありません。
ジャパンハンドラーズと国際金融情報さんの記事-週刊ポストの「小泉・前原新党」情報、竹中文藝春秋インタビュー
http://amesei.exblog.jp/d2006-04-11
でも触れられているところです。

松下政経塾出身者にどうしても胡散臭さを感じざるを得ません。

あそこで恐らく権力志向だけが強い自分で考える能力の低い人間を型にはめこんで利用している人々がいるのでしょうね。

そして政経塾を創った松下幸之助が、池田氏と親交が深かっただけではなく亡くなる前には入信していたということですから。あとは推して知るべしと思います。

Posted by: miyau | April 17, 2006 at 11:34 PM

> 松下政経塾出身者にどうしても胡散臭さを感じざるを得ません。

私も同様です。何かね、「勝ち組志向」「エリート志向」「ヒーロー志向」の臭いを嗅いでしまいます。政経塾のHPを読んでみたことがあるのですが、「我こそは」に満ちあふれてて、ほんと暑苦しい。

ついでながら私は松下幸之助も嫌いで……。学会に入信なされても、そりゃまあ個人の勝手ですけれど……「したり顔で臆面もなく、妙に道徳的なことを言いたがる」ところがほんとに嫌でした。政経塾出身者って、彼に似てる。というか、似てるから入塾するのでしようか。

Posted by: 華氏451度 | April 19, 2006 at 12:03 AM

華氏451度さんこんばんわ

そうですね。松下政経塾出身者の多くが、上からの目線でしか語れないタイプとでも言いましょうか、薄っぺらい人物と思えてしまうのですよね。はっきりいって感じ良い人々ではない。

幸之助氏自身の業績を否定するつもりはありませんが、華氏451さんがおっしゃるように「したり顔で臆面もなく、妙に道徳的なことを言いたがる」のは心の底から気持ち悪いですよね。
良い経営者が即人格者とか有名スポーツ選手が即人格者とかいう短絡思考に対する反発心なのかもしれません。

Posted by: miyau | April 19, 2006 at 11:21 PM

We stumbled over here from a differen web addreess and thought I should check things out. I like what I see so now i am following you. Look forward to looking ino your web page yet again.

Posted by: 城田魚菜共生推廣農場 | August 01, 2014 at 01:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/9602180

Listed below are links to weblogs that reference 私たちは買わされ続けている-邪推日記:

» 小泉純一郎の「恥部」を報道しないマスコミ [らくちんランプ]
 久しぶりに「江川紹子ジャーナル」を覗いてみたら、大変喜ばしい内容の記事か投稿されていました(以下引用)。  ブーイングで始まりブラヴォーで終わった「トゥーランドット」2006年04月04日  いやはや、すごいブーイングの嵐でした。  これまで音楽会やオペラで、こ..... [Read More]

Tracked on April 18, 2006 at 02:11 PM

» 松下政経塾――純粋培養された人間を信じない [華氏451度]
またしても酔言―― 民主党の前原代表は、松下政経塾の出身。松下政経塾とは何だろう、と時々考えることがある。私は個人的な感覚として松下幸之助という人物が好きではなく(或る意味で立派な人なのだろうが、キレイゴトの人物、という気がしてならない)、松下系列の企業にも多々疑問を持っているので、松下政経塾にも以前からずっと胡散臭さを感じていた。 この塾はむろん、「崇高な理念」と「使命感」に基づいて設�... [Read More]

Tracked on April 19, 2006 at 12:07 AM

« 大人たちがヘンだ | Main | 愛のかたち »