« April 2006 | Main | June 2006 »

May 2006

May 28, 2006

「もしも私が天才だったら」-連載コラム8回目

連載コラムだけはなんとか書いて、寝てしまいやっと今日(あー日付は日曜日になりました)「そぞろ日記」からみなさんにTBでも送ろうかなぁと重たい腰を上げました。

さて、職場のごたごたは集団妄想を生み、欠席裁判に次ぐ欠席裁判で嫌気が差すのですが、こうした状況になると関わっている人間の一人一人の人間性が試されてくるので、密かに面白がっている自分がいます。
日ごろ口にしている良心に従った行動が取れるのかどうかを観察しているのでございます。
口ほどにも無い「大人」でない「大人」の集団を冷静に観察できるというのは、めったにない機会。
その人の行動に本心が現れています。「良心」を行動指針にしているのか「自己保身」を行動指針にしているのかが顕著になるので、好かれたい人なのか別にどうでもいい人間なのかを観察する。

言葉の断片のみで構成される情報のみで私をスケープゴートにしたがっている様子なのでそうなったらそうなったで腹を括って裁判するしかないかと考えています。
大変なことになった原因は自分たちの考えの無い行動が原因なのですがね。責任者である自分たちが責任を全く取らないのに当事者の間に入っている私に責任をかぶせようとしているので、徹底的に抵抗する気持ちが強くなるのです。

心配してくださる人々は大勢いるのですが、「心配」といいながら自分の良心に目をつぶってしまう人が多いのも事実。そこでも観察、観察。それに巻かれるくらいなら、自分の良心に反することを口にしておべっかを使うくらいなら、裁判に到底勝てない理由で解雇しようとする相手のバカさを逆手にとって、巻かれずにのんびり裁判でもやりながら友人と進めている計画のほうに専念できるなぁとも考えて。どれくらい相手が頭が悪いのかも観察しているのです。

職場では、「それやったらもっと大変な状態になるよ」くらいは言ってやってあとは静観しております。自己保身でない行動原理に身を置く私は、彼らにとって天災以外の何物でもないらしく、懐柔しようとはせず、恫喝してきますが、裁判で使える材料が増えていくだけの話なので「可哀想」としか思いません。

病気がちでもお仕事はきっちりやっていますし、主治医のところに裁判で使えそうな記録が山盛りあるのも心強い。しかもあと数年しか勤めない人が好き放題、将来のことなど何も考えずに「自己保身」で行動している人々をこのまま放置するのは性にあいませんから。さー喧嘩だ喧嘩。こっちからは売りませんが、売られたら買う気満々な今日この頃でございました。
日ごろから民主主義!なんて言っているのですから自分くらいは正しい行動とらなくてはね。言っていることに説得力微塵も無くなってしまいますものね。


皆様への近況報告でした。おやすみなさいませ~。(書いているうちにTB送る時間が無くなってしまいました)。明日大雨なら送れるかも?

| | Comments (0) | TrackBack (8)

May 20, 2006

「日替わりコラム」-至福のとき

「Under the Sun」の連載コラム書き終わったーぞーー。
今日は帰宅が遅かったうえ、ややこしいことになっているのを心配していただいたお電話で晩御飯を2時間おあずけ…。あまりに長い電話に連れがやや不機嫌になり、汗汗と冷めてしまった晩御飯を慌てて食べたらふと気がついた。
………あ!今日はコラム書かなくちゃいけないんじゃん!
ヒー
と、至福のときとは程遠い状況下で書いたコラムが「至福のとき」考えはまとまらないと思ったので思うままを推敲もせずただ垂れ流し…。
まぁ、参加することに意義ありだと言い聞かせ、駄文を垂れ流して参りました。

おもろなかったらごめんねみんな。
今日は、眠いので書くだけ書いて寝てしまいます。お友達のみなさんへの愛のTBを夢のなかで送っても届きませんか?届きませんね。
明日送れるかなぁ。ぼちぼちがんばろう。

コラム引き受けてよかったと思うのは、大変でも義務感から何かしら書くことで気分転換になることと繋がりを忘れずにいられること。

みなさまに心からの愛を込めて退却ーーー!!

| | Comments (0) | TrackBack (8)

May 12, 2006

日替わりコラム-「25歳のころ」

職場がたいへんなことになっているので、ブログがプラチナウィークになってしまっておりますが、むしろ活発にやっております。
Under the Sunの日替わり連載も早くも6回目となりました。今週は早くできましたよ!!まだ9時ですからね(オオイバリ)。午前0時に公開しますので
25歳の頃ですが、中学生時代に芽生えた「抵抗魂」で最も波乱万丈していた頃ですね。

間違ったこと抵抗Lv.100とか連れに言われるほどの曲がったことや権威主義が大嫌いな私なのですが、そんな自分を愛してくれる人々がとても素敵なもので、その素敵な人々から好かれることに味を占めはじめた頃でもあります。

私は心が狭いので言葉の意味を深く検討もせず「反日」!とか脊髄反射するなんでも思考停止するような(どうでも)いい人間などから好かれても全然嬉しくない。読みたくないならうちのブログなんて来なくて結構と、頭の高いブログ運営をやっているのもそのせいかもしれません(よいこのみんなごめんね)。好かれたいような人から好かれる自分の人格は、経済的には全く得しないのですが、精神的には非常に満たされるのです。

人生において全ての人から好かれることははじめから無理です。ただ、どういう人から愛される自分であるかは選択することが可能です。自分を愛してくれる人の助けで不器用人間の私でも幸せに生きているのです。
正しいことがすんなりと通ることは少ないです。でも、個々の人のかかわる場面で権威主義や不正義と闘うことの積み重ねが世の中を良い方向に動かすことは、間違いありません。そして、それを応援する人々が大勢いるということそれがこの世の良い部分。日和見主義で生きていくのは経済的にはお得な生き方ですしそれで満たされていると思い込んでいる人は多いですが、決して精神的には満たされません。虚しい人生を虚しい人生と認識できない人は幸せでしょうか。


現在の職場で、間違ったことがまかり通り過ぎていて、それが原因で病気にもなってるのですが、正義感溢れる知的な人間から評価されることが嬉しくて、ついつい頑張りすぎる日々なのであります。思考停止の権威主義バカよりも遥かに若いので時間の面でも道理的にもこちらが圧倒的に有利です。そしてブログがおろそかに…。まぁ職場のごたごたは数ヶ月でカタが着くかどうかよくわかりません。私の愛するみなさんの力でこの国の支配者たちは3分の2の議席があっても「共謀罪」を強行採決できないでいますが、世の中の動きもオカシイままなので、ぼちぼち発言していきます。
私の99%は皆様の愛で出来ています。抵抗バカ人生まっしぐらの私への暖かい声援よろしくお願いいたします。

| | Comments (9) | TrackBack (18)

May 05, 2006

消された記憶

インターネットの世界は、記録を容易に消してしまうことを私たちはよく知っている。
記録はその片鱗だけを残してロンダリングされてしまっても、私の記憶に残っていることを記憶のあるうちに留めておくためにこの日記は存在する。

うつろいやすい情報の洪水に何かを埋められてはしまいかと心に引っかかることを言葉で切り取っておくことが後々検証する可能性の芽を残すために。


残されているもの。

法政大学での中核派弾圧事件への抗議コメント

レッツら(ブログ「小泉内閣の支持率が一桁になるまで」)
正直、ほんとうなのかと思ってしまいましたが、抗議そのものに対する弾圧のように思います。なにか教育の現場とはとても思えない措置です。私も抗議に賛同します。
(http://brilliant.air-nifty.com/nikki/)

数日前にはブログ本体のgoogleのキャッシュがあったのだが、本日はもうキャッシュも無くなっていた。

三輪のレッドアラートさんの記事に対するコメント欄に経過が少しあったので、何かのトラブルがもとで閉鎖したらしい。先々週にTBを送ったことまでは憶えているのだが、そのトラブルを残念ながら目にしなかった。

以前、マガジン9条の内容が皇室を侮辱するような内容だったことに憤慨してブログを辞めそうになったことがあったが、そのときには、多くの友人たちの説得に応じて継続していた。

レッツらさんの書いていた「小泉内閣の支持率が一桁になるまで」は、新自由主義に抵抗する保守本流の自民党支持者からの発言として群を抜いていた。

いつのまにかブログ自体が削除されていたので、一言もかけてあげられなかったことが残念でならない。

最後の一言が「Blogheader ratingsβ」に残されていた。

最後に
政治ブログランキング、記事も書いていないのにランキングが上がってました。もう、記事を書く気はなかったんだけど、感謝を込めて、最後に一言を。辞めることにしたいきさつはこちらで。 記事を書くのを辞め、このブログも閉鎖することにしましたが、それは、私にとって、新自由主義との戦いを辞めるというのとは違うん
2006/04/24 19:31:13 

おーいレッツらさん、勿体無いよ。まだ、小泉内閣の支持率は一桁ではないじゃない。
どういった形でもいいからブログという手段に戻っておいでよ。

| | Comments (0) | TrackBack (5)

« April 2006 | Main | June 2006 »