« 日替わりコラム-「忘れていたこと」 | Main | 日替わりコラム-「25歳のころ」 »

May 05, 2006

消された記憶

インターネットの世界は、記録を容易に消してしまうことを私たちはよく知っている。
記録はその片鱗だけを残してロンダリングされてしまっても、私の記憶に残っていることを記憶のあるうちに留めておくためにこの日記は存在する。

うつろいやすい情報の洪水に何かを埋められてはしまいかと心に引っかかることを言葉で切り取っておくことが後々検証する可能性の芽を残すために。


残されているもの。

法政大学での中核派弾圧事件への抗議コメント

レッツら(ブログ「小泉内閣の支持率が一桁になるまで」)
正直、ほんとうなのかと思ってしまいましたが、抗議そのものに対する弾圧のように思います。なにか教育の現場とはとても思えない措置です。私も抗議に賛同します。
(http://brilliant.air-nifty.com/nikki/)

数日前にはブログ本体のgoogleのキャッシュがあったのだが、本日はもうキャッシュも無くなっていた。

三輪のレッドアラートさんの記事に対するコメント欄に経過が少しあったので、何かのトラブルがもとで閉鎖したらしい。先々週にTBを送ったことまでは憶えているのだが、そのトラブルを残念ながら目にしなかった。

以前、マガジン9条の内容が皇室を侮辱するような内容だったことに憤慨してブログを辞めそうになったことがあったが、そのときには、多くの友人たちの説得に応じて継続していた。

レッツらさんの書いていた「小泉内閣の支持率が一桁になるまで」は、新自由主義に抵抗する保守本流の自民党支持者からの発言として群を抜いていた。

いつのまにかブログ自体が削除されていたので、一言もかけてあげられなかったことが残念でならない。

最後の一言が「Blogheader ratingsβ」に残されていた。

最後に
政治ブログランキング、記事も書いていないのにランキングが上がってました。もう、記事を書く気はなかったんだけど、感謝を込めて、最後に一言を。辞めることにしたいきさつはこちらで。 記事を書くのを辞め、このブログも閉鎖することにしましたが、それは、私にとって、新自由主義との戦いを辞めるというのとは違うん
2006/04/24 19:31:13 

おーいレッツらさん、勿体無いよ。まだ、小泉内閣の支持率は一桁ではないじゃない。
どういった形でもいいからブログという手段に戻っておいでよ。

|

« 日替わりコラム-「忘れていたこと」 | Main | 日替わりコラム-「25歳のころ」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/9912573

Listed below are links to weblogs that reference 消された記憶:

» 感性礼賛――「知るは力」、ただしそれを支えるものの方が重要 [華氏451度]
ゴールデン・ウイークも、そろそろ終わり。もっとも、私は休みではなかった。貧乏暇無しというやつだ(周囲の人々が休んでいる時に働くというのは、かすかな不遇感?を伴うものである……)。共謀罪、教育基本法改定等々、週が明けたらまた攻勢が始まる。今日はひと休みがてら、日頃感じていることをちょっと書いておこう。 10代の終わり頃、友人から「首から上で生きている」と評された。10代半ばからハタチ前後に... [Read More]

Tracked on May 06, 2006 at 09:00 AM

» 臓器移植医療と「脳死」判定 [晴耕雨読]
「脳死」を人の死とすること、および臓器移植医療について、臓器移植を推進する側の言い分は大凡次の様になります。 1、脳死は確実に判定できるのだ。 2、本人がドナーカードを持っていれば、反対する理由はないじゃないか。 3、救命をつくしたけど助からなかった。そういう方にドナーになっていただくのに、何の問題があるんだ。 4、今こそ臓器移植法の見直しが必要だ。 5、ご家族の決断に他人がケチをつけるのは失礼だ。 6、臓器をあげたい人と、もらえば助かる人がいて、それを可能にする技術がある。なぜそれに反対するのか... [Read More]

Tracked on May 06, 2006 at 10:45 PM

» 共謀罪とカルト前夜 [T.N.君の日記]
 辺見庸の著作『不安の世紀から』にロバート・ジェイ・リフトン氏との対談が収められています。そこで二人はオウム真理教そしてカルトについて対談しています。リフトン氏はカルト的な集団の形成されうる強力な歴史的傾向について、社会の価値観を自分の内面に取り込むことに疑問や葛藤を感じ、もはや自分達の社会を自己の中で現実のものとして捉えることが出来ない「シンボル体系の崩壊」、核兵器や環境破壊、資源の枯渇といった自分自身や人類の永続性に対する脅威、即ち「世界滅亡の脅威」、そしてどんな些細な情報でも世界中に伝達可能な... [Read More]

Tracked on May 09, 2006 at 01:23 AM

» 死ぬ権利、死なす権利、死ぬ義務 [晴耕雨読]
臓器移植を問う市民れんぞく講座からお送りするシリーズの最後になります。  この臓器移植と脳死の問題を弊ブログで取り上げ理由は今回の記事を載せるためです。医療という切り口から見えてくる今日の社会の有りよう、「脳死」したドナーが我々と重なりあって見えませんか? 「脳死」 における差と差別 [脳という人体の臓器の、ただ一部だけが障害ざれている人を殺して良いのか。どのような目的にせよ、殺しても良いということの愚かさを、今から説明していきたいと思います。最初に小淵首相,最後にはパンフレットに書かれてあります... [Read More]

Tracked on May 09, 2006 at 10:20 PM

» 今日、共謀罪の質疑、もしかすると採決が行われます [三輪のレッドアラート]
いよいよ明日は日本人の運命が決まるかも知れない、そんな日になってしまいました。lt;stronggt;lt;a href=quot;http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20060427/20060427_003.shtmlquot; target=quot;_b...... [Read More]

Tracked on May 20, 2006 at 02:06 PM

« 日替わりコラム-「忘れていたこと」 | Main | 日替わりコラム-「25歳のころ」 »