« 共謀罪一転成立強まる | Main | トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 »

July 01, 2006

民主主義ってなんだろう

丁度一ヶ月ぶりに自分のブログを更新しています。みなさまお元気でしょうか?
まずは、一ヶ月もお留守にしている私のブログにTBを送ってくださっているみなさまに心からの感謝と全くTBすら返せないことのお詫びを申し上げます。

簡単な近況報告を書いて生存していること、と自分が直面している理不尽や権威主義とのたたかいを軽くご報告します。

もともと、精神的暴力をなんとも思わないような上司たちだったのですが、自分たちに都合の悪い過去が暴かれそうなので躍起になってあちこちで精神的暴力を振るってまわっています(^^;)

精神的暴力を振るうということは、その場しのぎにはとても良い方法ではあるのですが、長い目で見るとかなりマイナスですよね。相手から信頼されなくなるし、解決できる問題もこじらしてしまいます。
なにより、訴訟などになったときにかなり不利です。それが、わかってかわからずか全く恥としない態度に辟易します。

なんと、私自宅待機を言い渡されたのですが、それが文書もよこさず、きちんとした説明すらしないというなんともいえない状態。「事務所を出て行け!」などというベタな恫喝を受けているので、自宅待機は願っても無いことではあるのですが、なにせ文書すら渡さないで言い渡されたので内容証明を出したりと何かとたいへんではあります。

絵に描いたようなパワーハラスメントや恫喝を日々あちこちでやっているようです。

怒りというのは行動するパワーにもなるので、大事な感情ではあるのですが、それはいったん冷静に分析してどうして自分が怒っているのか道理はあるのかどう表現したらよいかを経てはじめて使えるパワーな気がする今日この頃。

今から「マルコ」の物語を書くので、連れに教えてもらった小ネタを紹介して退却~!

http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-1662.html

138 名無しにかわりましてVIPがお送りします 2006/06/26(月) 22:36:19.02 ID:hTv/AvWF0
ドンドンドン!
小泉「誰だ?」
ブッシュ「アメリカのブッシュだよー」
小泉「ほんとにブッシュか?」
ブッシュ「ほんとにブッシュだよー」
小泉「ほんとのブッシュならこれを答えてみろ。ことわざです。馬鹿は死ななきゃ……」
ブッシュ「生きている」
小泉「ブッシュだ!」


|

« 共謀罪一転成立強まる | Main | トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 はじめまして。今日和。
 今日、"Under the sun"に参加表明させていただいたばかりの@boh(Kyuichiro Akimoto)といいます。
 作家志望の中学生です。
 小泉総理の小恥ずかしい英語を全世界に披露した訪米や、軍事危機を煽るテポドン発射まで、この一週間激動の世界情勢でしたが、あなた方のしている活動がすこしでも世界にとって、そしてこの日本にとって光明となる事を祈っています。
 私は小説で、統一教会の霊感商法・政治癒着問題、731部隊問題、薬害問題、などについて扱っています。
 何かご存知のことありましたら、また現在書いている小説に間違いなどありましたら、私のサイトにコメントしていただけるとうれしいです。
 同志的連帯の挨拶を送ります。

 ---
 「正しい人のままで死なせてください」 
 http://d.hatena.ne.jp/beanguy/

Posted by: @boh | July 09, 2006 at 02:33 PM

 はじめまして。今日和。
 今日、"Under the sun"に参加表明させていただいたばかりの@boh(Kyuichiro Akimoto)といいます。
 作家志望の中学生です。
 小泉総理の小恥ずかしい英語を全世界に披露した訪米や、軍事危機を煽るテポドン発射まで、この一週間激動の世界情勢でしたが、あなた方のしている活動がすこしでも世界にとって、そしてこの日本にとって光明となる事を祈っています。
 私は小説で、統一教会の霊感商法・政治癒着問題、731部隊問題、薬害問題、などについて扱っています。
 何かご存知のことありましたら、また現在書いている小説に間違いなどありましたら、私のサイトにコメントしていただけるとうれしいです。
 同志的連帯の挨拶を送ります。

 ---
 「正しい人のままで死なせてください」 
 http://d.hatena.ne.jp/beanguy/

Posted by: @boh | July 09, 2006 at 02:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/10748732

Listed below are links to weblogs that reference 民主主義ってなんだろう:

» 教育基本法改定の先取り――佐世保市、子ども育成条例に「愛国心」盛り込む [華氏451度]
  ◇◇◇◇◇まずはニュースの要約  毎日新聞・読売新聞といった全国紙のほか、西日本新聞、山陽新聞、その他いくつかの地方紙や赤旗でも報道されたため既に御存知の方が多いと思うが、6月28日、長崎県佐世保市議会で「愛国心」を盛り込んだ「子ども育成条例」が誕生した。下に最も簡単な時事通信配信のニュースを載せておく。 【子育ての基本理念として「愛国心」を盛り込んだ子ども育成条例が28日の長崎県佐世保市議会本会議で賛成多数で可決、成立した。近く施行される。市議会事�... [Read More]

Tracked on July 02, 2006 at 08:05 AM

» BSE問題 「ピッシング」て知ってますか? [晴耕雨読]
なお半数以上のと畜場がピッシング 7割以上の国産食肉処理牛にピッシング 農業情報研究所(WAPIC)06.6.28より  厚生労働省が今年(2006年)2月末時点におけるわが国と畜場における「ピッシング」の実施状況に関する調査結果を発表した。  ピッシングに関する実態調査結果について(平成18年6月 厚生労働省食品安全部)6月28日作成とされている)  ピッシングとは、と殺後の牛の足が痙攣的に跳ね上がることを防止するために、前頭骨にあけ た穴にワイヤー(ピッシングロッド)を挿入し、脳・脊髄を破... [Read More]

Tracked on July 02, 2006 at 02:56 PM

» 米企業 反芻動物蛋白質入り牛用飼料をリコール  [晴耕雨読]
 多くの狂牛病(BSE)感染牛は、感染動物の組織を食べさせられることで感染するという通説に従えば、哺乳動物蛋白質の牛への給与を禁じる飼料規制(フィードバン)が有効に実施されていることが最も基本的な安心条件だ。だからこそ、査察団も農場や飼料工場の調査で飼料給与の実態等を確認するのだろう。  しかし、そんな調査ももはや無用なようだ。米国自身が明白なフィードバン違反事例を発見してしまったからだ。農業情報研究所(WAPIC)06.6.22 記事 米飼料企業 反芻動物蛋白質入り牛用飼料をリコール 米国産牛... [Read More]

Tracked on July 04, 2006 at 09:39 PM

» 人はなぜ繋がりを求めるか--青年マルコの冒険(6) by 「再出発日記」くま [Under the Sun -HOME-]
マルコの旅は続く。 ふと気がつくと、人が三人乗るといっぱいになるような筏の舟に乗っているのにマルコは気がついた。「おかしいなあ……。確か歩いて街に向かっていたはずなのに」船は穏やかな入り江に入っていった。 ジャングルではない。穏やかな海、涼しい風、低い山が連なる島々、なんだか懐かしい風景。遠くに点々と稲田が見える。 葦繁く覆う沼地、芒の野原の彼方から一人の少年がやってくる。 「やあ、こんにちは。マルコ君。まっていたよ。」 マルコ「君は誰?」 ショウ「ぼくはショウといいます。」 マル... [Read More]

Tracked on July 05, 2006 at 01:42 AM

» 潜伏期間は50年? vCJD [晴耕雨読]
ロンドン大学インペリアル・カレッジのジョン・コリンジ教授等の研究チームが、狂牛病の人間版とされる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)の潜伏期間は50年を超える可能性があるという研究結果をランセット誌に発表した。 この研究が事実であれば、「vCJD発生率がピークに達し、この悲惨な病気の最悪の局面を脱しつつあるといういかなる考えも、今や極度に懐疑的な態度で扱われねばならない」と言うことになる。vCJD潜伏期間は50年を超えることも 最近の予測を大きく上回る発生の恐れー英国の研究  農業情報研究... [Read More]

Tracked on July 07, 2006 at 07:18 PM

» 人はなぜ繋がりを求めるか――青年マルコの冒険(7)by華氏451度 [Under the Sun -HOME-]
 何処で時間のねじれが生じたのか、草原を歩いていたはずなのに弥生時代に迷い込んでしまった青年マルコ。櫂のない小舟に乗り、潮の流れに任せてひたすら太陽の方向へと進んだが、行けども行けども見えるのは空と海ばかり。いつのまにか、あたりは茜色に染まり、そしてゆるやかに薄墨色が広がっていった。ひとつ……そしてまたひとつ、星が瞬き始め、やがて闇の中に星ばかりが怖いほど満ちた。  今までは『旅の駅』や農夫ムラノの家に泊めてもらって、簡素だけれどもあたたかいベッドで休むことができた。深い森の奥でやむなく野宿した時... [Read More]

Tracked on July 08, 2006 at 12:28 AM

» 「尊厳死」法制化へ [晴耕雨読]
 かつての日本の正しい死生観として、「深沢七朗氏の書かれた『楢山節考』に胸を打たれた」と語った人物がいます。働けないような状態になったら、自ら死を選べ、と言いたいのでしょう。 「日本尊厳死協会」顧問の「死の権利協会世界連合」世界会議での挨拶です。この会議は 2004年10月1日、都市センターホールで開催されました。  この「日本尊厳死協会」顧問、実は奥田碩日本経団連会長その人です。  また、「日本尊厳死協会」理事長 井形昭弘氏は水俣病政府側参考人、介護保険制度、医療制度改革では医療保険福祉審議... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 07:55 PM

» テポドン騒動が第二次朝鮮戦争に発展しない5つの理由 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
①祖国を分断された朝鮮民衆は民族統一の方向性を主体的に選択している ②東西冷戦の終結によりイデオロギー的人工的対立構造がすでに存在しない ③イラク戦争で失敗したブッシュ政権には新たな戦争を開発するパワーがない ④安保理で憲章第7章を含む制裁決議が成立したとしても国連軍を編成できない ⑤米軍はすでに韓国から撤収を開始している,日本軍は憲法上参戦できない 明朝未明の国連安全保障理事会で日本が英米仏を含む7カ国とともに提出した北朝鮮制裁決議案が採決に付される.ロシアは棄権ないし欠席に回ると想... [Read More]

Tracked on July 10, 2006 at 10:29 PM

» 緊急アンケートです!【日本の国防について】(7月21日0:00締め切り) [Under the Sun -EQT-]
ただいま「Under the Sun」では、アンケートを実施しています。 北朝鮮のミサイル発射にゆれる日本。 北朝鮮の真意、今後の国際情勢の展望はまだ知れませんが、日本の国防に関して、皆さんのご意見をお聞きしたいと思います。 TBで回答するタイプです。よろしければ回答お願いします。 (とらばアンケート) 質問:あなたが考える、この先、日本がとるべき国防の方向は? 1.非武装をすすめ、他国から侵略されても抵抗をすべきではない http://clickenquete.com... [Read More]

Tracked on July 13, 2006 at 10:31 PM

» 人はなぜ繋がりを求めるか――青年マルコの冒険(10)by愚樵空論 [愚樵空論]
当エントリーは、Under the Sunに掲載のコラムと同じ内容のものです。TBを当ブログより送らせてもらいますが、当コラムへのTBはUTSのコラムの方へお願いします。   草原を歩くマルコの背後から迫って来るものがある。どんよりと垂れ込めた雨雲が、マル... [Read More]

Tracked on July 13, 2006 at 11:12 PM

» UTSで「国防」アンケート実施中――私にとって国防とは [華氏451度]
私も参加しているUnder the Sunで、「日本の国防に関するアンケート」(TBで回答する形式)を実施中。皆さん、ご参加下さい。 質問は「あなたが考える、この先、日本がとるべき国防の方向は?」で、回答の選択肢は次の8つ。 1.非武装をすすめ、他国から侵略されても抵抗をすべきではない2.他国から侵攻は防衛しても、攻撃はおこなうべきではない3.専守防衛は現在でも可能なので、現状を変更する必要はない4.武装を強化し... [Read More]

Tracked on July 15, 2006 at 02:08 AM

» アジア途上国は安価な輸入食料依存を減らせ [晴耕雨読]
 農業貿易は、一方では安価な食品をもたらす可能性によって低所得の消費者に利益をもたらすが、他方では貧しい農民・漁民地域社会の生計を脅かす。アジア太平洋地域の政策策定者は、農業貿易で人間開発を促進しようとするならば、これらの考慮要因のバランスを保たねばならない。  経済改革は、典型的には都市地域の近代化に焦点を当てるが、最貧国においては大部分の人々が農村地域に住んでいる。従って、人間開発の進歩は、農業か漁業に従事する農村社会で起きていることによりもたらされる。地域における農業の重要度は国により大きく... [Read More]

Tracked on July 18, 2006 at 10:05 PM

» なぜ人は繋がりを求めるのか--マルコの冒険-エピローグ-by T.N.君の日記 [Under the Sun -HOME-]
 親愛なる お母さんへ  長いこと家を留守にし、連絡もせずに申し訳ありませんでした。  自分で何一つ出来ないマルコの一人旅を、お母さんはさぞ心配されていたことでしょう。僕は今アリラン峠を後にし、お家へ帰ろうと港までやってきました。しかしあいにくの大雨でなかなか船が出ず港で足止めをくらっている所です。    およそ一ヶ月前、「Under the Sun」という名の、みんなが幸せに過ごしているパラダイスがあると耳にし、自分の眼でそれを確かめたくて、書置き一枚残して、突然家を飛び出して来てしま... [Read More]

Tracked on July 21, 2006 at 01:10 AM

« 共謀罪一転成立強まる | Main | トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 »