« トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 | Main | 靖国問題で中国が得してしまう件 »

August 16, 2006

最後っ屁?-小泉靖国参拝に思う

みなさま残暑お見舞い申し上げます。お元気でしょうか?
半月ぶりに思いつきが湧いてきたので書いております。
こんなに更新も滞り、TBもお返しできない私のブログにTBをくださったり訪問していただいているみなさんに心から感謝!
励まされていますよ(^^)

よいこのみんなへの注意書き

このブログは、世の中を斜めからしか見られない捻くれ者が書いているから、「テレビで言っていることが全て真実だ」、または「全て嘘だ」と、2択でしか考えられないようなお友達は、不快になる可能性が高いよ。しかも、冷静でロマンチストじゃないから、身も蓋も無い話になってしまう。だからロマンチストのお友達も読まずに立ち去ることをオススメするね。


昨日は敗戦記念日。無茶な侵略戦争の挙句にこの国が焦土となり、やっと戦争が終わった日。
マスコミが騒ぎ立てるなか、やっぱりやったコイズミ靖国神社公式参拝。

そもそも私は、自分の住む国だけでなく、世界中で戦争加害者及び犠牲者が出ないことを願っているので、祭り上げて顕彰するシステムは将来的に全て無くなってしまえばいいと考えている。名誉だろうがなんだろうが新たに戦死する人のための施設のいらない世界を願っているのだ。

今までも数回靖国問題について言及してきてもいる「殺戮の殿堂」「@nifty:NEWS@nifty:靖国参拝違憲判断、今後の参拝に首相「影響なし」(読売新聞)」靖国神社と愛国と

この問題については、宗教的には神道のトップである天皇が行くか行かないかが最も重要なはずなのだが、このことよりも「首相の公式参拝」の方に論議の力点が置かれてしまうのが、不思議なところ。

靖国神社は、キリスト教に例えて言うならば、ローマ法王が「あの教会は私の意に添わないことをしたからもう行きませんよ」と言って訪問されない教会みたいなものなのだろう。

だから、靖国神社に親族が祀られてしまっている1億2千万人のなかで、特に首相の公式参拝に力点を置く人というのは、「政治的意図」もしくは「感情的」問題からそこにこだわっていると推察される。

靖国神社はもともと明治政府が作ったものだけれど、そのころは政教一致だったし、国家元首=天皇=神道のトップだった。ところがその後、太平洋戦争で負けてしまって、戦時中の全体主義を復活させないために政治と宗教を分離して、天皇は「象徴天皇」となり政治の表舞台から降りて、官幣社だった靖国神社も1宗教法人となった。
その靖国神社が厚生省の求めに応じていわゆるA級戦犯を祀ってしまったことから話がややこしくなってしまった。

神道のトップである天皇が参拝しなくなってしまったのだ。神道上は一回まとめて祀ってしまうと、分けて祀るなんてことはできないというのが通説らしく、かつては官幣社として特権的な神社だった靖国神社は、神道のトップが見向きもしない神社になってしまった。

また、外交的にも、太平洋戦争で日本が勝手に侵略していった国の人たちからすると、設立当初からの戦争神社である靖国神社に戦争の加害者のなかでも特に酷い奴と認定されてしまった人を一緒に祀っちゃったところに、首相や閣僚が行くということに対する反発が起こってくる。

ただ、それだけのことなのだけれど、「外交」という世界では、国家としての威信というか、諸外国からの評価っていうものがある。まあ、どう考えても、来てくれってお願いされたわけでもないのに、近隣諸国にのこのこでかけていって、侵略していったことは間違いない事実だし、アジアのためーとか言っても、大勢の人を拉致ってきてタダ同然でこき使ったり虐殺したりしていたから、同じアジア人として友好的に扱っていたとは言えない。
死んでしまった人をどうこう言うというのではなく、あくまでどう評価されるかの問題として、外交的には「うわ、反省してないんじゃね?」「いったいあの国は、どういう無神経なんじゃ!」と評価されるであろうということは、想像に難くないだろう。

結論としては、首相が靖国神社を公式参拝すると外交的な評価が激下がりするということは、どれだけ心情的に中国や勧告から批判されることに反発する人だってわかると思う。


さて、この長い前置きは、コイズミによる靖国神社公式参拝の目的はいったいなんなんだろうねと。誰にとって利益になるのかねと、素朴に疑問に思ったから。それについての推論を書くために自分なりにまとめたもの。

コイズミは首相になるために、様々な権謀術策を弄してきた。靖国問題についての発言が原因で、昨日実家に放火されてしまったかつての盟友加藤紘一なんかも罠にはめて蹴落としたりね。様々な権謀術策のなかでも、特筆すべきだったのは、今までの自民党政権でもどこでもやらなかったくらいに、実質的に日本を属国としているアメリカ合衆国政府に絶対的服従を誓ったことだろう。もともとは、コイズミっていうのは、比較的加藤紘一に近い考え方だったらしいのだが、首相になるために、泥のついたアメリカ様のハイヒールを舐めたってことだろう。

その、コイズミが今までなんだかなんだといってずらしてきた靖国神社の公式参拝を8月15日という最も拙い日に強行したのかな?と考えたら、「日本は国際的地位を高めて世界のリーダシップを取ったりしませんよ。アメリカ様にずーーーとお仕え致しますよー」という米国覇権主義が未来永劫続くように、常に付き従っていくという表明なんじゃないかなと推測した。

日本がアジアで孤立してリーダーシップを取らないというのは、コイズミの考えた最大の奴隷からご主人様への愛情表現だったのかもしれない。最近テレビをにぎわせていた国際的恥さらし言動もその一環かもしれずと邪推してみた。

靖国神社公式参拝は、誰にとって一番得なのだろう。日本国民にとっては(一部の人の心情は除く)何の得にもならない。アメリカにしてみると覇権主義を継続したいと考えているならば、「良くできました」なんだろうけど、国内経済にも翳りがあってアメリカの大量消費に国際経済が依存している状況から脱したいと考えているとすれば、「げー」って感じかもしれない。

ただし、日本が国際的評価を下げることで、中国にとって最も得になるよね。もともと国連安全保障理事会の常任理事国ではあったけれど、経済力で劣っていたのでいまいちだった中国も最近は経済力をめきめきつけてきて、アメリカ一辺倒のなかで経済力と潜在的購買能力を梃子に独自路線の外交を進めてきているし、国内矛盾に対する不満を日本の首相の愚考で解消させることもできるだろう。

そんなふうに考えた。単なる最後っ屁ではないんじゃないだろうか。

|

« トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 | Main | 靖国問題で中国が得してしまう件 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

靖国神社は、カトリックから破門された統一教会のような状況だなw
自民党と統一教会が仲が良いのも似たもの同士だからなのかもな。

Posted by: ブルージャスティス | September 10, 2006 at 08:09 AM

ブルージャスティスさんはじめまして。

そうですね。もうひとつ、ある宗派から破門されたソーカも一緒に与党ですから。破門されたり、トップが行かないような宗派同士で仲良く政権を分けあっているのが現政権。
政治をカルトが牛耳っているなんて不気味な国ですね。どうりで、マインドコントロールが上手いんだ(笑)。

Posted by: miyau | September 10, 2006 at 01:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/11461139

Listed below are links to weblogs that reference 最後っ屁?-小泉靖国参拝に思う:

» 靖国は日本に於ける「ネオ・ナチ」の施設 [ペガサス・ブログ版]
小泉の靖国参拝問題に関する文章では,「南京事件」の著者である笠原一九司氏のコメントがとても的確だと思いました(しんぶん赤旗,8月16日,14ページ).その冒頭のパラグラフを全文引用します. 戦前日本は,無謀な侵略戦争で国内外の民衆に無駄な死を強制した.靖国神社は兵士の悲惨な死の実態を「英霊」の名で覆い隠す,ごまかしのための装置として機能した.そこに戦後の首相が参拝を繰り返すのはその機能の追認であり,死者に対する冒涜だ.歴史から何も学ぼうとしていない. ・・・・・ そのすぐ横には上智大学の村井吉敬... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 09:33 PM

» 無意味な8月15日 その3 [タカマサのきまぐれ時評]
■もちろん前回の続編。■まずは、小泉首相の靖国参拝の釈明を『朝日』から転載。 小泉首相、参拝は「まさに心の問題」 2006年08月15日11時34分(asahi.com)  小泉首相が15日の靖国神社に参拝後、首相官邸で記者団に説明した。  「過去5年間の私の靖国参拝...... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 09:40 PM

» 石油ピーク後の世界 [晴耕雨読]
幸運なシナリオ:日本の場合 「2050年は江戸時代」石川英輔著(2010年ピークオイル⇒終りの無いオイルショック⇒世界経済崩壊⇒世界恐慌⇒日本食糧危機 この小説には、2050 年の日本人の生活と、どのような経過でそうなったかが(老人の記憶を通して)描写されている。小説にはっきりとは書かれていないが、行間読みをすれば、食料とエネルギーの輸入が2015 年から急激に減り、2020 年までにはゼロとなったことがわかる。日本経済は2012 年頃から少しずつ凋落し、2020 年までに大都市は基本的に廃虚と... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 09:46 PM

» 気持ちを切り替えて行きましょう [野良狸の巣]
 例の靖国参拝のニュースを知り、ネット掲示板の反応をチラリと見、ああこの国は、この国の総理大臣は、と一旦めげました。 [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 10:26 PM

» 小泉の靖国参拝の目的は、米国経済崩壊の阻止 [大津留公彦のブログ]
小泉の靖国参拝をめぐっての論評の中でこれが異色だったので紹介します。 世界の闇を語る父と子の普通の会話集P. 3 By richardkoshim から紹介します。 06.08.14 ★小泉の靖国参拝の目的は、米国経済崩壊の阻止。中国韓国なんの関係もなし。 お父さん、...... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 10:58 PM

» 今日は河童忌(侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な) [大津留公彦のブログ]
今日は河童忌 芥川龍之介が35歳で自殺して79年目の日です。 生きていれば114歳。 芥川龍之介については関口安義氏の「よみがえる芥川龍之介」や「芥川龍之介の歴史認識」が話題になっている。 前者についてはSound and Fury.::メルの本棚。[今日の読了本]関口...... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 11:01 PM

» 「侏儒の言葉」あるいは靖国参拝 [再出発日記]
大正から昭和に変わろうとするときに、芥川龍之介は「侏儒の言葉」で以下のような感想を残している。  武器 正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理窟をつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。...... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 12:58 AM

» 加藤紘一氏宅が放火か?! & 小泉首相の靖国参拝 [日本がアブナイ!]
16日16時、加藤宅放火?の男について【 】内に追記。 <一部のブログ(特にrakuten,goo系)の方へのTBがうまく行かない状態が続いています。 何度かトライしていますが、TBをお返しできていない方、ご容赦下さい。>  昨日8月15日は終戦記念日であった。  私たち国民が、この日になすべきことはただ一つ。戦争のために心ならずも亡くなった 方々を思い、そして日本が二度と戦争をしないように強く誓うことだと考える。  私のPOLICYは、日本に戦争をさせないことなのである。<... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 06:44 AM

» 小泉首相は静かに去るべきである。(森田実さん) [とくらBlog]
 「小泉首相は静かに去るべきである。小泉首相の役割はもう終わったのだ。」と森田実さんが書かれています。8月14日の森田実の言わねばならぬ[274]に、8月15日は全国民が平和を祈り、平和を誓う日である。小泉首相の靖国参拝は、8月15日の全国民の静かな祈りを邪魔する暴挙である。小泉首相は理性を取り戻すべきだ。これ以上、8月15日を弄ぶのはやめるべきである。とあり、小泉さんが靖国参拝されても、騒がずに無視したいと思っていました。野良狸の巣さんも、「小泉靖国参拝は騒がれないと成り立たない」で、靖国参拝に関... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 08:46 AM

» 「靖国神社」…昭和天皇メモ解釈のウソ!? [dr.stoneflyの戯れ言]
 「文藝春秋」という雑誌を買った。いつも読んでいるわけではなく、芥川賞の受賞作品が載る号だけ買うのだが、この号は靖国神社や日中戦争、戦争犯罪、昭和天皇メモなんかの記事が掲載されていて、そちらの記事が気になり、まだ芥川賞作品までたどりつけない。まあ、アベのヨイショ記事を載せるような雑誌なので注意深く、疑い深く読んでいるのだが、そんななか「おっ?」と思わせる記事があったので記録して、読んでない方のために紹介しておく。「人声天語」という連載記事で坪内祐三という人が書いている 「昭和天皇の『発言』...... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 09:17 AM

» 国をあげての靖国参拝 [カナダde日本語]
昨日のブログに追加するためにニュースについての批評を書いてアップしたら、パソコンの接続が悪くて一気に記事をなくしてしまった。かなり長い時間んをかけて、長い文章を書いたので、いまさらもう一度同じ文章を書けと言わ... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 12:22 PM

» 小泉首相が靖国参拝(東京新聞=共同通信) [かわうそ実記]
小泉首相がやはり靖国神社を参拝しました。 「小泉首相が靖国参拝 中韓、強く反発」 [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 12:37 PM

» 光復節にヤスクニ参拝 [薫のハムニダ日記]
韓国で今日、8月15日は“光復節”という祝日です。意味は読んで字のごとくです。 そんな祝日の朝っぱらから、みなさまのNHKは新興宗教、靖国神社の報道を垂れ流しておりました。(わかりきっていたことでしたが)「もうエェっちゅーねん」と思いながら韓国のテレビ局にチャンネルを変えて天気予報や国内ニュースなどを見ておりましたが、そこでも“速報で”ヤスクニのニュースが入ってきました。 そこでキャスターの一言。 「小泉首相は国内問題の公約に関しては守らなくても“たいしたことない”と発言したことが... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 01:16 PM

» あなたたちが担いでいるのは単なる「あやつり人形」だ! [BLOG版「ヘンリー・オーツの独り言」]
多くの方々から靖国参拝の記事に対してトラックバックをいただきましたことに感謝しております。私は靖国問題ほど政治的にねじ曲げられ、その本質をわかりにくくしている問題はないと思います。私は心の問題でも宗教の問題でもな... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 04:08 PM

» 日本人戦犯の手記 [サブカル雑食手帳]
かつて安倍晋三がNHKの従軍慰安婦特集番組にイチャモン をつけて改変させたことは周知の事実であるが、旧日本軍の犯 罪行為を隠蔽するために、政治家がマスコミに介入するケース は少なくないようだ。その点、日本とドイツは、かつての加害 の事実に対する姿勢において、..... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 09:49 PM

» これまでの歴史を検証すると,戦争は「起きる」のではなく,必ず何者かによって「引き起こされている」 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
このエントリは8月15日にちなんだつもりでもないのだが,阿修羅掲示板のあっくんという多分かなり若い書き手※の投稿(下記参照)に触発されて書かれたものである. あらゆる戦争に向かう道は止めるべき。 http://www.asyura2.com/0601/idletalk19/msg/553.html 投稿者 あっくん 日時 2006 年 8 月 13 日 05:16:00: hhGgKkD30Q.3. ※後世畏るべし!あっくんはまだ13歳ということを14日付のエントリでカミングアウトした.... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 at 10:50 PM

» コスプレ大会 [tsurezure-diary]
ではありませんが、並んだ写真を見て思い浮かべた言葉はタイトルどおりであります。 Uyoku gallery: snaps from Yasukuni Shrine これがアニメのイベントやコミケなら、別に何ともないっつーかふつーなんだけどさ。どーすんのこれ世界に発信されちゃってるよ?高年齢層も参加したミリタリーヲタの大会でした、ってことにしてくれんかね。 すげーはずかしいんで、ぜひタイトルを変えてほし... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 at 06:03 AM

» 経済格差が社会の隅々まで浸透 [関係性]
 「親と同居」についてのブログ解説が7月後半に増えた。朝日新聞(7月22日付け朝刊)で「『親と同居』20代後半男性の64%」の記事で「『パラサイト』増えるか?」が書かれ、ブログのVivid Associationでは「親と同居の30代が増加」(7月22日付け)として国立社会保障・人口問題研究所が発表した2004年の世帯動態調査を紹介している。  詳細は次のブログを参照してください。    http://wizz.at.webry.info/  ただここには、親と同居をせざるを得ない「経済格差」があ... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 at 10:55 AM

» 陵辱されゆく 「血の記憶」 [Les Chemins De La Liberte']
腐爛した肉体からドス黒い血を滴らせ落ち窪んだ眼孔から鈍い光を放った其の生きる屍は、ギシギシと軋む骨に合わせるかのように醜く歪んだ口元を引き攣らせ、数多の地獄絵図を地上に展開した虚栄の「大日本帝国/天皇制軍国主義」完全敗北/破綻の日に、殺傷兵器を携帯した腐り切った蝿や金バッジを光らせた蛆虫とともに侵略戦争賛美/国粋主義昂揚神社へと詣で、国家神道/天皇制復権によって国家に殉じる「愛国者」再生産とアメリカ追随のもと反韓国・反中国の排外主義/アジア覇権の完遂を誓い、61年前に虐殺された国内外の全ての死者に唾... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 at 09:43 PM

» 現れないからこそ見えるもの 隠すことで現れる真実 [ファミリー メンタル クリニック]
 今のところ(8.18 9:30pm)加藤紘一氏の自宅を放火したとされる容疑者は名前も団体名も上がってこない。これを不思議に思わない人もいるだろう。だって無いものは見えないから。聞き流す。報道をみるだけでは別に気にもならない。マスコミの真意をここに気づかないといけない。 コイズミ政治で発言力を失ったのか,世の中の動きを知りすぎているのか。 東京の右翼団体の男で年齢まで報道されていて,氏名が報道... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 at 10:08 PM

» 次節コラムのお願いです。 [Under the Sun -HOME-]
皆さん、お忙しい中、心のこもったコラムを書いて下さり本当にありがとうございます。    小泉純一郎の5年間の集大成、先の靖国参拝で、日本が180度方向転換しそうな情勢に、つい気力が萎えそうになりますが、Under the Sunは、諦めずに継続して行くことが肝心なのだと思います。  奢るるものも久しからず。  ドメスティック・バイオレンスのバタード・ウーマンのようになってしまっている国民が、一日でも早く目を覚まし、今度こそは、今の政府に「NO」を突き付けられるように、そして、孤立して... [Read More]

Tracked on August 19, 2006 at 07:21 AM

» 冤罪を覆す [関係性]
 無実の罪で10ヶ月も拘留された藤佐悦寛(とうさよしひろ)さん(28)がニュースになった。朝日新聞(7月2日付け朝刊)で、「なぜ逮捕 なぜ疑う」という記事が載った。  事件の概要は次である。  「東京都世田谷区の国道交差点で、パトカーに追跡された乗用車が信号を無視して交差点に入り、バイクの男性(26)をはねて重症を負わせ逃走」という事件で、警察は藤佐さんが後輩の2人を乗せて運転していたとして彼を逮捕した。逮捕状は道路交通法違反であった。  無実を訴えても、捜査員は「壁に向かって一人でしゃべってい... [Read More]

Tracked on August 19, 2006 at 11:22 AM

» 改正入管法からみえるもの:国の情報、データベース管理が外資の意のままになる(SENKI, 200... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
共産主義者同盟の一分派である戦旗日向派(荒岱介)は90年代にマルクス・レーニン主義を放棄して名前もブント (BUND) と変更し,路線をエコロジー運動に切り替えた.SENKIはブントの機関紙であるが,なかなか読み応えのある記事を散見する.特に各界・各氏を選択し,独占取材して構成する「インタビュー」がおもしろい.一読をお勧めする(無料). ←ご協力お願いします!アクセンチュア社については本ブログでも何度か取り上げているが,本社をバミューダに置く正体不明の無国籍企業である.正体不明というより正体... [Read More]

Tracked on August 19, 2006 at 02:20 PM

» 日本鬼子! 皇軍と性暴力 [サブカル雑食手帳]
「また、無差別強姦や、管理された強姦をなさしめた精神的 ファクターは、たんに性欲処理にだけ求められるのではなく、 対中憎悪と一体のものとして現れた攻撃衝動にも求められなけ ればならない。」(津田道夫著「侵略戦争と性暴力」あとがき より) 戦場での加害の事実..... [Read More]

Tracked on August 20, 2006 at 01:42 PM

» テロに沈黙 [ 反戦老年委員会]
ある井戸端会議編○加藤紘一さんの自宅が放火された件、小泉さんも安倍さんも全く音無 [Read More]

Tracked on August 21, 2006 at 06:51 AM

» 小泉の最後ッ屁----心底クサイ [とりあえず]
 靖国について書いたのは小泉の参拝前だった。参拝後、おおむね落ち着いたところで世論調査などの結果をふまえて少し。  参拝についてはよかったとするのがおおむね過半数となっているらしい。◆ 世論調査より  共同通信によると 参拝してよかったと思う 51.5 参拝すべきでなかった  41.8 その理由というのが、 参拝は他国に影響されるべきでない 56.6 首相が慰霊をするのは当然だから  34.0 ところが、次期首相については 参拝すべき 39.6 すべきでない44.9 ... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 at 07:06 AM

» ■小さな約束、大きな約束■ [日記はこれから書かれるところです。]
「約束を守るのは良いことだ」というのはステレオタイプでしかない。そんなことはちょっと考えればわかる。阿呆な奴が、「2ちゃんねる」なるところに、「○○を殺害する」みたいな阿呆な書き込みをしたときに、それが守られるよりも守られない方を良いと思うのは当然の感...... [Read More]

Tracked on August 21, 2006 at 10:40 PM

« トゥーテ・ビアンケ(白いツナギ) と「Under the Sun」 | Main | 靖国問題で中国が得してしまう件 »