« 靖国問題で中国が得してしまう件 | Main | 言葉で伝わらないもの »

August 28, 2006

言論封殺許さない!オレサマの批判をしない限り

言論に対するテロ行為について首相からコメントがないことについての非難が轟々だったせいか、2週間も経という今日の朝、しぶしぶコイズミシュショーから心のこもっているとは思えない棒読みコメントが出た。
但し、後半の部分については熱く語っていたのはいうまでもない。

加藤氏実家放火、首相「暴力での言論封じ、許せない」(読売新聞)

 小泉首相は28日朝、首相公邸で記者団に対し、自民党の加藤紘一・元幹事長の山形県鶴岡市の実家が放火された事件について、「暴力で言論を封ずることは決して許せることではない。我々も注意しなければならない。戒めていかねばならない問題だ」と述べた。

 「首相の靖国神社参拝がナショナリズムをあおっているのではないか」との質問に対しては、「それはないと思う。あおりたがる勢力があるのは事実だ。これ(靖国参拝)は外交問題にならない。よその国からあおり立てられ、よその国をあおり立てるような報道は戒めたらいいのではないか」と語った。

 放火事件では、加藤氏が首相の靖国神社参拝に批判的な意見を述べたこととの関連が指摘されている。

[読売新聞社:2006年08月28日 12時26分]


がいこうもんだいにならないって…おともだちのみんなもそう思うのかな?やっぱり8月15日に参拝したおかげで助かった「中国政府は文句は言ってるけど、おかげで内政問題から目を逸らすことができたからたいしたお咎めはないだろ」ってことなんだろうか。

外交問題になっていることは、タケベという自民党のエライ人も認めていたはずなのになぁ。
論点を逸らす詭弁のお手本みたいな答弁だね。これを見て「国民ばかにしやがってー!」と腹の立たない人は、幸せなファンタジーワールドの住人に違いない。

マスメディアが問題化しているから中国とか韓国とか北朝鮮に批判されるんだと言っているのだから、「批判的な報道すんなボケェ」って脅しているんだね。

コイズミシュショーの言を日本語に翻訳すると「言論封殺許さない!オレサマの批判をしない限りな」ってことか。
おーい、聞こえてるかー?政治的な批判は民主主義の基本ですよ。

|

« 靖国問題で中国が得してしまう件 | Main | 言葉で伝わらないもの »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/11656002

Listed below are links to weblogs that reference 言論封殺許さない!オレサマの批判をしない限り:

» 小泉・安倍氏の言論擁護発言+中川発言への反論+共産ビラ無罪+C型肝炎訴訟など [日本がアブナイ!]
  早速の予定変更で申し訳ないのだが、この数日の間に、今までブログで取り上げて 来たことに関連して重要なニュースがいくつか出たので、今回はそのことについて書き たいと思う。  今回は「加藤氏宅放火事件に対して小泉・安倍氏が初言及」「中川氏の公約反対許さ ないという発言への谷垣・麻生氏の反論」「共産党ビラ配りに無罪の判決」「C型肝炎 訴訟」について取り上げたい。  特に最初の3つは、民主主義の根幹をなす&基本的人権の中で最も重要な「表現の 自由」に関するニュースである。 <... [Read More]

Tracked on August 30, 2006 at 09:43 PM

» 『世界同時大不況』を歓呼の声で迎える人たち [晴耕雨読]
 経済に関してのやり取りのなかで気づいたのは、“誰もが不況を嫌っているはずだ”とか“誰もが景気回復を願っているはずだ”という誤解がもたれていることである。 「大不況」の過程でボロ儲けできる人たちがいるという認識を持たないまま経済問題や経済政策を考えても、肝心なことを見誤ってしまうと考えている。 人気blogランキング あっしらさんの2002年4月の投稿からお送りします。 ■ 「エンロン破綻問題」が示した事実 「大不況」の過程でボロ儲けできる人たちがいるという現実は、過去の「大不況」の実態... [Read More]

Tracked on August 31, 2006 at 11:49 PM

» コーソツ主婦の靖国問題(2) おくればせ遊就館レポート! [doll and peace]
8月中旬、靖国神社に参拝してみた。小泉総理の靖国参拝がなぜ批判されるのか、この目 [Read More]

Tracked on September 01, 2006 at 04:11 AM

» 右翼テロとオナニズム [サブカル雑食手帳]
8月15日の終戦記念日に発生した加藤紘一邸放火事件はあ らためて右翼テロの卑劣さ、兇悪さを浮き彫りにしたといえる。 幸いにして今回の事件では死者が出ることはなかったが、戦 後史を振り返ってみれば、殺人にまで至った右翼テロは枚挙に 暇がないほど発生している。..... [Read More]

Tracked on September 03, 2006 at 07:44 AM

« 靖国問題で中国が得してしまう件 | Main | 言葉で伝わらないもの »