« 「みんな」ってなんだろ | Main | 「愛国者は信用できるか」 »

September 12, 2006

9・11

約3000人が犠牲になったアメリカの同時多発テロ事件から5年が経った。

9・11から5年、米大統領夫妻が献花

 【ニューヨーク=大塚隆一】約3000人が犠牲になった米同時テロから丸5年を翌日に控えた10日、全米各地で追悼の行事が始まった。

 2749人が命を落としたニューヨークの世界貿易センタービル跡地「グラウンド・ゼロ」にはブッシュ大統領夫妻が訪れ、犠牲者の冥福(めいふく)を祈った。

 大統領夫妻はニューヨークのパタキ州知事、ブルームバーグ市長、救援活動を陣頭指揮したジュリアーニ前市長とともにグラウンド・ゼロを訪れ、国際テロ組織アル・カーイダによる乗っ取り機激突で崩落した北棟と南棟の跡地に造られた池にそれぞれ花輪をささげた。夫妻はこの後、跡地に隣接する教会での追悼式典に参列した。

 大統領は「私はあの日の教訓を決して忘れないと誓う。同様の損害を与えようとしている敵がまだいる」と強調。9月11日を「決意を新たにする日」と呼び、対テロ戦争への支持を改めて求めた。

 一方、教会の近くではブッシュ政権のイラク政策などに反対する数十人が「ブッシュを逮捕しろ」「米軍は撤退しろ」と気勢を上げるなど、同時テロ直後には見られなかった世論の亀裂もあらわになった。

 丸5年当日の11日には、グラウンド・ゼロで犠牲者遺族が参列して最大の追悼式典が行われる。式典は乗っ取り機が北棟に激突した午前8時46分(日本時間同日午後9時46分)に開始。犠牲者の名前の読み上げと献花が約3時間続けられる。

 一方、大統領は同日、ニューヨークで別の行事に出席後、4機目の乗っ取り機が墜落したペンシルベニア州シャンクスビルと別の乗っ取り機が激突したワシントン郊外の国防総省の追悼式典に参列。夜にはホワイトハウス執務室から国民向けテレビ演説を行う。

(2006年9月11日12時15分 読売新聞)

3000人の尊い命に花を手向ける行為。一見美しい行為に思えるかもしれない。だが、私たちが忘れてはならないことは、「テロとの戦い」と称する大量殺戮が5年間もこの地球上で繰り広げられたということだ。
9・11に端を発するこの「対テロ戦争」で、圧倒的な武力を持った「連合軍」が、アフガニスタンやイラクで何をしてきたのかから目を逸らしてはならない。

アフガニスタン侵攻は、「無限の正義作戦(Operation Infinite Justice)」とされ、後に、「不朽の自由作戦(Operation Enduring Freedom)」と改められた。

この虐殺での死亡者数は、民間人だけでも、4000人(これはかなり少なく見積もられた数字のようだ)。

アフガニスタン国際戦犯民衆法廷 起訴状

2001年10月7日から米軍が開始したアフガニスタン各地への空爆により、米軍は、非戦闘員すなわち一般住民に多大な被害を発生させた。マーク・ヘロルド米ニューハンプシャー大学教授は、空爆による民間人犠牲者数を、攻撃時間と場所を特定しながら調査した報告書を公表した。 集計方法は、2001年10月7日から2002年3月までにわたる期間中、新聞をはじめ様々な報道機関によって公式に発表された死亡者数だけを、重複計算を避けて集計したものであり、2001年12月23日の1回目の報告では、「10月7日から12月6日までの空爆による一般市民の犠牲者は少なくとも3767人に上っている」とし、2002年1月6日の2回目の報告で、「空爆開始から12月29日までの空爆での、アフガニスタン民間人の犠牲者数は4000人前後」としている。 しかし実際には、それら犠牲者のほとんどは空爆開始から2001年12月10日までの9週間に集中していること、米軍がメディアの従軍を許さない中にあって報道機関の知るところとなった死者数の統計に過ぎないことから、現実には、この数字をはるかに超える人命の被害が発生していることは疑いがない。

さらに、捕虜の虐待や虐殺も数百人という。アフガニスタンでの虐殺の被害者たちは、未だに人数すらわからないような状態である。これが正義の戦争の実態である。ザルカウイ傀儡政権を維持するために2万人の兵士をアフガニスタンに駐留させている(因みに日本には約4万5千人程度の米兵がいる。アフガニスタンより多くの兵力を置いて傀儡政権を維持しているといったところだろうか)。

イラクでは最小に見積もっても4万1千人最大で4万6千人の命が奪われつづけている(死亡者数はIraq body countより)。

「人命は地球より重たい」と言ったのは、ダッカ事件での自民党の福田赳夫首相だった(人命の前にアメリカがついていたという評判もある)が、今では、人質になった人々を心配する家族に罵声が浴びせられる。死んでしまった香田さんは、危ない場所に物見遊山で行った愚か者だから死んで当然と、叩かれる。

9・11同時多発テロ後のこの国は、かくも思いやりも寛容さも亡くした「品格溢れる美しい国」になった。
これが日本の伝統を取り戻した姿であるのならば、そんな伝統は唾棄すべきとしか思えない。


皇室にひさしぶりに男児が生まれた件について素朴な疑問を書いた乙武洋匡氏のブログが、炎上し、話題となっている。
めでたいと思っていようがいまいが、それは本人の自由だ。私も彼と同様に、子供が無事生まれたことは、良いことと思っているが、それに対して「正しい」反応を全ての人が判を押したように「しなければならない」と押し付ける態度には気持ちの悪さを覚える。
ハンカチ王子だろうがタマちゃんだろうが、メディアが無批判に垂れ流す「めでたい」「かわいい」に反発を覚えるのは至極まっとうだと思う。男女の性別やどこそこの生まれで、差別してはいけませんというタテマエを、「視聴率=カネ」の脊髄反射でかなぐり捨てて大量報道し、鼻息荒く「善意」を押し付けてくるマスメディアや匿名の大衆というものは、顔の無い気持ちの悪い存在でしかない。今回の件は数の力で「めでたい」を強要する精神的な暴力そのものだと思う。
行儀の悪い礼儀知らずな人々のがなりたてる「良識」など○○くらえだ。

|

« 「みんな」ってなんだろ | Main | 「愛国者は信用できるか」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/11861757

Listed below are links to weblogs that reference 9・11:

» 911 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
NY同時多発テロ あれから5年・・・・ もう5年? まだ5年? お亡くなりになられた方々の ご冥福をお祈り申し上げます ※911にあわせアルカイダがテロ警告 [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 07:54 AM

» 9.11 の出来事 [ニュース☆もう新聞紙は要らない]
ハンカチ王子佑ちゃん、プロ志望届け出さず大学進学を表明  早実の斎藤投手が今後の進路について会見を開き、大学に進学することを表明しました。  「今回、家族、学校関係者と相談した結果、プロ志望届けは出しません。大学進学を希望します」  「昨日、家...... [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 10:13 AM

» 911同時多発テロから5年 [非国際人養成講座]
早いもので、あれからもう5年もたつのですね。思い出してみれば、当時は随分とびっくりしたのを覚えています。これは大変な時代に生まれついてしまったなと思ったものです。 が、その思いも全く長く続きませんでした。今になってみれば、よくも騙しやがってと思うだけになり..... [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 11:50 AM

» 日本の911を忘れない [ファミリー メンタル クリニック]
2005年1月末からこのBlogをはじめた。2005年9月11日冗談かと思ったが日本の衆議院選でコイズミ劇場が満員御礼。郵政民営化が争点だと言っていた。しかし総選挙前に障害者自立支援法などいくつか廃案になった法律が軒並み成立した。郵政民営化は参院で否決されたにもかかわらず,同じ法案が再提出だ。なんじゃそりゃ・・・ しかし国会がメチャクチャ  ライブドア事件・・・兄弟と持ち上げ刺客候補の筈だったのに,�... [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 04:35 PM

» 911開封作業 @すでにアメリカ人の3人に1人が同時多発テロはアメリカ政府の自作自演と考えている件 [ぬぬぬ?]
5回目の夏がきた 911同時多発テロ たしか経済番組を見ていて突然入ったニュース映像だった 真っ青な空に真っ直ぐ聳え立つ超高層ビル そこに1機の航空機らしきものが「入っていき」 まるで刀で切られた血しぶきのよ... [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 01:37 AM

» 「親中派」がアジア政策調整の最高ポストに『日本の行く末は?』 [なんで屋-驀進劇-]
9・11陰謀説・疑惑問題に引続き、第3段を以下記載。 いよいよ雲行きが怪しくなってきた。 最近の流れを以下にまとめてみた。 ●「親中派」がアジア政策調整の最高ポストに―米ホワイトハウス NSC部長にワイルダー氏昇格 対中・対日政策に影響も 世...... [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 04:59 AM

» 「9.11あれから5年」…報復の戦争は望まない、と叫んだ人々 [dr.stoneflyの戯れ言]
 9.11から5年がたった。が、これまで一度も9.11同時多発事件について書いたことがない。ブログをはじめたのだから、一度は書き残しておこうと思う。  あの夜、全くリアリティのないままテレビを見つめ、大騒ぎになってもリアリティなどもてず、結局いまもニホンの片隅で生活している。アメリカの、大きな一面を象徴する二つのビルに旅客機が突っ込み崩壊、多くの人間が死んだ。でも、小さなテレビの画面は現実を眩ますように平面画像を映し出し、ワタシには現実感がない。  ただ現実味をおび、鮮明に覚えているの...... [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 05:31 AM

» NICE ANNIVERSARY 9.11 [季節]
犠牲になられた方々を貶めるつもりはないし、不謹慎と思われようが、ブッシュ政権の本音は、こうでしか無いだろう。 [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 07:58 PM

» 9.11で世界は変わったか [再出発日記]
「ユナイテッド93」に寄せられたTBを読んでいると、多くの人が「あの時」どのようにこの映像を見ていたのかを語っていた。確かに御巣鷹山の時と同じように、いや、それ以上に、このとき自分は何をしていたのだろうかということを、多くの国民が覚えている。国民的な記...... [Read More]

Tracked on September 13, 2006 at 09:43 PM

» 「祝意のファシズム」はやめにしよう [T's Home 日記]
法政大学大原社会問題研究所の五十嵐仁教授は、秋篠宮家にご長男が生まれたことを伝える報道が過熱していることに関して、「『祝意のファシズム』はご免だ」という記事を自身のHP『五十嵐仁の転成仁語』に寄せている。「祝意のファシズム」が始まりそうです。「日本国民こ..... [Read More]

Tracked on September 14, 2006 at 02:32 PM

» 実質GDPの怪 [晴耕雨読]
 内閣府の公表する実質GDPの数字が実感から乖離している原因として、輸入物価の上昇が影響している。GDPは内需項目に輸出額から輸入額を差引いた純輸出額をプラスして算出する。昨年度は、名目の純輸出額が6兆3500億円と対前年度比で28.8%減少している。ところが実質値では純輸出額は16兆3800億円と18.9%の大幅な伸びになっている。  これは輸出価格が2.6%上昇したのに対して、原油高などによって輸入物価が11%も上昇したからである。つまり輸入品のデフレータが大くなったため、デフレータで割り返し... [Read More]

Tracked on September 14, 2006 at 03:48 PM

» 人民の、人民による検閲 [非国民通信]
 乙武洋匡氏のブログが炎上中です。きっかけはまあ、どこぞやの家で子供が生まれて、おめでたい人たちが大はしゃぎ、それに対して冷めた見解を載っけた乙武氏が非難の的になったと。該当記事が掲載されてから3日たった現時点でコメントが約1500件、それに続く記事へのコメントが約3200件、まあ内容は取るに足らない誹謗中傷ですが、内容がくだらないからといって遊び半分の荒らしかといえばさ... [Read More]

Tracked on September 14, 2006 at 10:58 PM

» 次節コラムのお題です [Under the Sun -HOME-]
 いつもUnder the Sunをご愛顧くださりありがとうございます。Under the Sunでコラムを始めるようになって次節で半年になろうとしています。これまでの総コラム数は110を越え、いつも楽しいコラムをエントリーして下さるコラムニストの方々には本当に感謝申し上げます。    I say to you today, my friends, so even though we face the difficulties of today and tomorrow, I still h... [Read More]

Tracked on September 15, 2006 at 12:28 AM

» 下請け企業 [関係性]
 ここに来て、大手製造業の業績が良く、経済の復調が新聞紙上やテレビで伝えるようになってきた。  では、この大手製造業は売り手なのか買い手なのかが気になる。  例えば自動車業界では簡単な構造ではない。自動車製造業者の周りに多数の部品供給企業があり、傘下の販売店を通じて消費者に販売される。自動車が出来上がってからは単純な流通経路を辿って消費者に届くが、自動車が完成する前が多くの企業が関わっている。ここでの売り買いが収益の源となっている。  勿論、消費者への提示価格は他企業の自動車価格との競争の中で決定さ... [Read More]

Tracked on September 15, 2006 at 01:50 PM

» ハンカチ王子 [http://10tyouget.livedoor.biz/index20.rdf]
ハンカチ王子情報満載です! [Read More]

Tracked on September 16, 2006 at 07:18 PM

» 米FDA脳・脊髄の飼料利用禁止案を撤回へ [晴耕雨読]
以前のエントリー 狂牛病飼料規制強化は実行不能  で 米国のような牛肉大生産・消費国では、科学者が推奨するような狂牛病拡散防止策は、そもそも実行不可能なのではないか。巨大な数の牛から生み出される”廃棄物”(死亡牛、ダウナーカウ、SRM等)を安全に処分する方法などあるのだろうか。 との懸念があったが、案の定、死亡牛の脳・脊髄の飼料利用禁止案を撤回することになりそうである。 人気blogランキング 農業情報研究所(WAPIC)06.9.13記事です。 米FDA 死亡牛の脳・脊髄の飼料利用禁止案を... [Read More]

Tracked on September 16, 2006 at 08:56 PM

» レバノン戦争と米・イスラエルの石油戦略 [晴耕雨読]
 サウジ原油もピークをうち、米国産石油は70年代にピークを過ぎている中、石油減耗が現実味を増している。現在、国際政治の底流にはエネルギー資源の確保を巡る国家間の思惑が大きな流れとなっている。  ここでは、レバノン戦争に見える米・イスラエルの石油戦略を北沢洋子氏の記事から紹介する。 レバノン戦争と米・イスラエルの石油戦略 2006年9月3日  イスラエルのレバノン侵略は失敗した。しかし、このレバノン戦争の背景に、イスラエし)ルの石油利権が絡んでいることについてあまり注意が払われていないようだ... [Read More]

Tracked on September 17, 2006 at 01:19 PM

« 「みんな」ってなんだろ | Main | 「愛国者は信用できるか」 »