« Fragment | Main | ぶっこわれたのは自民党だけじゃない-生活保護世帯100万件突破 »

October 05, 2006

10月13日締め切り間近!-緊急署名にご協力を

多文化・多民族・多国籍社会で「人として」さんから、「Under the Sun」にTBが入っていましたので、またまた転載(笑)。

交流のある「日記はこれから書かれるところです」の足踏堂さんや「本に溺れたい」のrenqingさんも取り上げてきた、アフガニスタン難民のアリジャンさん。
彼は、戦禍から逃れてきた日本で、「難民認定」という東大に入るより、甲子園で優勝するより難しい関門と闘いつづけています。しっかし、難民の受け入れ14人しかいないってどーゆーことよ?と思いつつ、少しだけでも助けになることをすることが大切と思っております。
高裁判決で勝訴し、法務大臣も上告しないことにして勝利したはずなのですが、出入国管理局は、「改めて」今の状況で彼を難民として認定すべきかどうかを判断するとほざいているようです。

>【ワンクリック緊急署名のお願い】アフガニスタン難民の在留資格について
2006.10.04.00:10ころ

2001年に「難民不認定」とされたアフガニスタン出身のアリジャンくんは、先月、「難民不認定」が誤りだったことを認める判決が確定し、「難民不認定」から「難民申請中」の状態に戻りました。

しかし、日本政府は、「難民と認定するか、在留特別許可を認めるか、あらためて調査するぞ」というわけで、

アリジャン・プロジェクトが署名活動を開始しています。

オンラインでのワンクリック署名、もしくは署名用紙による署名があります。締切は10月13日(金)です。

趣旨に賛同いただける方は、よろしくお願いします。

最近、署名とかの緊急転載多いですね~。
助けたい人やなんとかしたいことがあれもこれもありすぎるので、全てはやりきれないけれども何にもしないよりは少しはマシだろう程度にやっておりますので、みなさまよろしく。

|

« Fragment | Main | ぶっこわれたのは自民党だけじゃない-生活保護世帯100万件突破 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

TBありがとうございました。

>最近、署名とかの緊急転載多いですね~。

いや、ほんと。私もやっていますが……(笑)。署名運動とかはたくさんありますが、キャッチしてないものが多い(というよりキャッチしているのはごく一部)ので、知らせていただけるのはとてもありがたいです。おっしゃるように「何もやらないより少しはまし」程度ですけれど……「少しはマシ」がたくさん集まれば、チリも積もってちょっとは力になるかな~と思ったり。

Posted by: 華氏451度 | October 05, 2006 at 01:03 AM

華氏さんこんばんわー

ですよね~。欲張りたいことはたくさんあるけれど、何せ働いたりして生活しているうちらのような貧乏人はスーパーマンでもない限り、少しマシを積み重ねることしか出来ないですし。

自分でアップできなくても、情報を複製して広げるだけでも意味はあると思います。

芥子粒みたいなひとりひとりの行動を積み重ねて歴史を動かすしか世の中良くできません。誰かが何かやってくれるのを期待して待つのは性にあいませんし(笑)

Posted by: miyau | October 05, 2006 at 01:32 AM

はじめまして。
多文化・多民族・多国籍社会で「人として」の仲@ukiukiです。記事の転載、ありがとうございます。

思えば、インターネットができ、ブログができて、それ以前なら知るはずもなかっただろういろいろな問題や署名活動と出会うようになりました。
それでも知らずに終わっていることの方が多いのでしょうけど、ぼくらみたいなチリや芥子粒が集まって力を生む可能性は、どんどん大きくなっていると思います。そのへんに期待したいし、希望を感じています。

今後ともよろしくお願いします。

Posted by: 仲@ukiuki | October 05, 2006 at 09:15 AM

仲@ukiukiさんこんばんわ

ご丁寧なごあいさつありがとうございます。

ブログを通じて知らないことをたくさん知ることもできますし、また、他の人に知られていない大切なことを伝えることのできる可能性が広がったということ自体が大事だと思います。

万能でもないですし、欠点も多々ありますが、そこに期待や希望を感じているということに共感を覚えます。

Posted by: miyau | October 05, 2006 at 10:03 PM

貴重な情報をありがとうございます。
私が追っていくと言っておきながら、結構バタバタしておりまして、お恥ずかしい・・・。

しかし、こういう情報を共有できる人がいるということだけで、本当に心強いことです。どんな運動もはじめは小さいものだったっていう事実が、多少なりとも勇気を与えてくれます。

でも何よりも、他者の不幸に目を閉ざすような社会にはしたくない。そんな考えが支配する社会が幸福な社会だとはとても思えません。

今回はありがとうございました。

Posted by: 足踏堂 | October 06, 2006 at 04:30 PM

足踏堂さんこんばんわ

たまたまUnder the SunのTBにアリジャンさんの名前を見つけたのと、締め切りが迫っていたので転載しました。

アリジャンさんの問題は、他の難民として日本を頼ってくる人の命の問題でもありますから大事ですよね。
今回はお役に立てたようで何よりです。

情報が横で流通するブログというのは、使い方次第でほんとうに有効だと思います。

Posted by: miyau | October 06, 2006 at 11:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/12154060

Listed below are links to weblogs that reference 10月13日締め切り間近!-緊急署名にご協力を:

» 【ワンクリック緊急署名のお願い】アフガニスタン難民の在留資格について [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.04.00:10ころ 2001年に「難民不認定」とされたアフガニ [Read More]

Tracked on October 05, 2006 at 08:59 AM

» 使い捨てられた政治感応度の低いおばさん [関係性]
 結局、小泉政治の支持率を維持した要因は何であったのかを考えなければならない。これだけヒドイ政治をしておきながら、何故、支持率だけは高かったのだろうか、という疑問は普通持つ筈である。  「経済格差」の拡大、「地域間格差」の拡大、「大手・下請の格差」拡大、「医療費」改悪、「生活保護」の拒否・・。この現状と小泉支持率の高位安定は何だったのだろうか。ブログで扱ってきた「格差」は幻想だったのか。  みずほ総合研究所発行の『Fole』10月号で、杉浦哲郎チーフエコノミストは「メディア報道で増幅された“幻想... [Read More]

Tracked on October 05, 2006 at 03:52 PM

» 「利潤なき経済社会」における市場と競争  [晴耕雨読]
「近代経済システム」を支えている基礎は、私的所有権・市場原理・競争原理であろう。 所有形態は“資本及び利潤に対する支配力”だと考えているので別の機会にふれることとし、経済(資本)活動の動態的規定性である“市場原理”と“競争原理”が、近代ではどういうものであり、「利潤なき経済社会」ではどうなっていくかを考えてみたい。 人気blogランキング 「近代」を越える手がかりを求めて、あっしらさんの投稿から、第6回は 【「利潤なき経済社会」に生きる】 「利潤なき経済社会」における市場と競争 − 「近... [Read More]

Tracked on October 06, 2006 at 03:33 PM

» ■アリジャンさんにアテンションを!〔署名10月13日まで〕■ [日記はこれから書かれるところです。]
「そぞろ日記」miyauさんからトラックバックをいただいて、「アリジャン・プロジェクト」がまた動き出していることを知りました(私が報告していくと言ったのに、恥ずかしい)。署名はこちら。締切2006年10月13日アリジャンさんは、アフガニスタンから戦禍を逃れて、「希...... [Read More]

Tracked on October 06, 2006 at 04:16 PM

» 安倍バナー決定版、「美しい国」逆から読んだら「憎いし、苦痛」ニャロ~。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 当方作成のバナーが随分あちらこちらで使われるようになりました。以前からサイド [Read More]

Tracked on October 06, 2006 at 06:38 PM

» 「難民認定、在留特別許可を求める署名」を求めます 法の裁きを受け入れない法務省って、何だ? [本に溺れたい]
 難民認定を巡る行政訴訟において、高等裁判所で、原告勝訴、被告国が敗訴し、最高裁 [Read More]

Tracked on October 09, 2006 at 04:58 AM

» 「敗戦責任」の明確化を通じて [晴耕雨読]
> もし道が誤っていたら、責任を負う役割の人が「引き受ける」か「引き受けさせられる」。A級戦犯を靖国神社に祀り、悼むのも「引き受けさせられた人」というイメージがあるからではないでしょうか。 「引き受けさせられた人」という見方は、けっこう自分の好みに合うものです。 W.ブッシュ大統領のことをけちょんけちょんに書いたりしていますが、彼も、「引き受けさせられた人」だと考えています。 (その裏で糸を引く人や世界経済支配の頂点にある人も含めてそう考えています。罪は罪ですから、そうであっても、行ったことの免... [Read More]

Tracked on October 11, 2006 at 04:53 PM

« Fragment | Main | ぶっこわれたのは自民党だけじゃない-生活保護世帯100万件突破 »