« 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 | Main | サクラにはお金、批判者には逮捕を-「タウンミーティングやらせ問題」考 »

October 26, 2006

野党4党、教基法改正案成立阻止で結束

 野党4党は26日、幹事長・書記局長会談を行い、来週から本格審議に入る予定の教育基本法の改正案の成立を阻止するために、野党4党が結束することなどを確認しました。  「教育基本法の政府案の成立には、すべての政党が反対いたしまして、成立を阻止していかなければならないと」(民主党 鳩山由紀夫 幹事長)

 民主、共産、社民、国民新党の野党4党は、安倍政権が最優先の法案としている教育基本法の改正案の成立を阻止するため、野党が結束して与党と対決することなど、後半国会での共闘を確認しました。

 さらに、日本の核兵器保有をめぐる閣僚発言や、25日夜に下村官房副長官が、従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野官房長官談話に疑問を呈したことなどを、閣内不一致として追及していくことで一致しました。(26日17:18)News eye(TBSニュース)より

--------------------------------------------------------------------------------

教基法成立阻止で一致

--------------------------------------------------------------------------------

2006/10/26 21:44


 民主、共産、社民、国民新各党は26日午後、国会内で幹事長・書記局長会談を開き、政府が最重要法案と位置付ける教育基本法改正案の成立を阻止し、11月19日投開票の沖縄県知事選で野党統一候補の勝利を目指して共闘する方針を確認した。4党は衆院統一補選で2勝した与党が強気の国会運営に出ることを警戒、対決姿勢を強める構えだ。

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は会談後の記者会見で、政府の教育基本法改正案について「安倍政権の教育再生会議設置やいじめ問題などの新しい状況を踏まえれば、拙速に議論を進めるべきではない。4党とも反対だ」と述べた。

 会談では、核保有論議を排除しないとする麻生太郎外相と、従軍慰安婦問題で旧日本軍の強制を認めた河野洋平官房長官談話の前提となる事実関係の再調査に言及した下村博文官房副長官の責任を追及することで一致。同時に(1)格差社会(2)官製談合(3)村上ファンドへの投資で利益を得た福井俊彦日銀総裁の責任-を質疑でただす方針も確認した。

 防衛庁「省」昇格法案については社民、共産両党が反対を表明。民主、国民新両党は内容そのものには反対せず、防衛施設庁の談合事件などを理由に「現時点での省昇格は不適切」と主張したため、野党共闘の対象とはしなかった。
神戸新聞ニュース

動画(日テレNews24より)

共謀罪の問題でも民主党が反対の立場を鮮明にしたからこそ、自公政権が強行できずにいるのだ。教育基本法改悪や防衛省昇格問題でも、野党第一党として多くの国民の期待に応えて反対を貫いて欲しい。
来年の参議院選挙でも足並みを揃えて、野党共闘で悪法を阻止して欲しいものだ。野党の共闘が実現した沖縄知事選挙と国会情勢に注目したい。

|

« 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 | Main | サクラにはお金、批判者には逮捕を-「タウンミーティングやらせ問題」考 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Posted by: Greesialesiny | March 16, 2011 at 10:48 AM

Hack again?!

Posted by: dresses | March 24, 2011 at 05:21 AM

Hack again?!

Posted by: kenspeaker | April 04, 2011 at 03:59 PM

Hack again?!

Posted by: evhandbag | April 10, 2011 at 12:45 AM

Unknown message

Posted by: Unknown | May 20, 2011 at 11:13 PM

Every resourceful brilliance appears blurry to most of his contemporaries.[url=http://www.summer-products.com/index.php?route=product/product&path=36_136&product_id=3347]Cheap FM men t-shirts[/url] . This is become a authenticity not just conditions, but all for olden days, all of a enlarge up to every people. And not reasonable in dexterity without equal, but also in philosophy. In this mode, we power invite contemporaneity a disguise that comes between clever geniuses and readers. But this hide is tear to the fore the eyes of those who lay after. Insofar as the contents remains as it is, unchanging, the assault of play on words becomes a baseless arraignment, a demonstrate behind which hides the reader whose discrimination—whose palaces of erudition—bear upon to feeble.[url=http://www.summer-products.com/index.php?route=product/category&path=36_137]shirt monster energy[/url] . Behind it he hides his insistence on using an unchanging mentality to be told things that grow changed. [url=http://www.honey-gifts.com/index.php?route=product/product&path=8_48&product_id=2743]cheap chanel rings[/url] .

Posted by: AgopfenoPople | July 28, 2011 at 11:49 AM

Hack again?!

Posted by: Canadag123 | August 06, 2011 at 08:08 AM

I have read so many articles or reviews regarding the blogger lovers except this paragraph is truly a fastidious piece of writing, keep it up.

Posted by: www.babycribsgiant.com | January 28, 2014 at 07:40 PM

This could possibly result in higher home sales and pop up gazebo wholesale uk spending in the future.

Posted by: custom pop up gazebos uk | September 02, 2015 at 04:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/12441537

Listed below are links to weblogs that reference 野党4党、教基法改正案成立阻止で結束 :

» 「多民族共生教育フォーラム2006愛知」開催のお知らせと教育基本法改定論議 [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.10.26.22:50ころ 来たる11月12日(日)に、多民族共生教育 [Read More]

Tracked on October 27, 2006 at 09:25 AM

» 高齢者とその予備軍のアルバイト [関係性]
 ラゾーナ川崎プラザが9月28日に開業した。東芝不動産と三井不動産が事業主で、約72,000m2(東京ドームの1.5倍)の商業施設である。  川崎駅から直結した西口施設で、駐車場約2,000台、駐輪場約3,200台、287店舗に10スクリーンのある映画館を擁している。地理的にも品川駅と横浜駅のちょうど中間点にあり、それぞれからJRで10分程度と近い。  ここ1ヶ月は渋谷や新宿並の混雑で、休日は駐車場待ちが3時間という。しかし、川崎駅の駅ビル・BEや地下街・アゼリアそして東口の丸井ビル、チネチッタ、... [Read More]

Tracked on October 27, 2006 at 01:53 PM

» 損得勘定から国家破産を考える [晴耕雨読]
● 統治者の意図的破壊行為や無能の可能性 国家破産(債務不履行)の可能性は、それによってどういう損得が発生するかということを軸に考えると見えやすいと思います。 ざっくばらんに言えば、国家破産したほうが支配層にとって得であれば、意図的にでも(必要がないのに)債務不履行に踏み切ることもあるし、損であれば対応策がある限りそれを追求して避けようとするというものです。 (アルゼンチンなど政府部門が外貨で債務を積み上げ外貨不足から債務を履行できなくなるケースは、無い袖は振れない“お手上げ”状態によるもので... [Read More]

Tracked on October 27, 2006 at 01:58 PM

» 近代システムの破壊について等 [晴耕雨読]
フェニキア・カルタゴに由来するセム系国際商人(国際金融家)の系譜推論は、地理的条件だけによるものではなく、歴史的経緯・商圏・政体などを総合的に勘案したものです。地理的条件に関して言えば、国際交易都市が都市ではなく国家となり、逆に、周辺地域を支配するという構造を重視しています。フェニキアそのものは、後背地に勢力を拡大するというより地中海沿岸に交易権益を 拡大する道を選択しましたが、カルタゴは、後背地を植民地もしくは貢納地として支配しています。 ヴェネチアも、沿岸に近い島嶼に国家を築き、そこから半島に支... [Read More]

Tracked on October 28, 2006 at 06:13 PM

» 日米の「愛人関係」の正常化 [晴耕雨読]
日本を拠り所に生きていることもあり、私も、日本が歴史的に内在させてきた“力”の顕在化が今後の世界を変えうると思っています。ただ、その“力”が時々刻々と衰えているという思いも強く持っています。 (西欧や米国は、江戸期のような生活様式が近い歴史として存在せず、“彼ら”との接触密度も高いことから、アンチテーゼとして立ち上がるのは難しいとみています。ドイツや東欧には期待しているところもあります。逆説的に言い方にもなりますが、日本に近代市民意識がそれほど確立せず近代的理性に基づく説明体系もものにされていないこ... [Read More]

Tracked on October 30, 2006 at 11:08 PM

» 新世界通貨 [晴耕雨読]
まっくすさん:「私は通貨的に「開かれた鎖国体制」を構築する方法を考えています。詳述は避けますが、原理的にいえば、既存の通貨を外交・貿易手段として用いることで外に開き、国内に国内のみで通用する別の通貨体系を作って内に閉じる。これによってフローとストック間の、またローカルとグローバル間の不均衡を是正する、というイメージです。 重要なのは、円と新しい通貨を相互に独立して存在させず、一種の為替を通じてリンクさせる点です。庶民の視点からいえば、"彼ら"の魔手が及びにくい安心な通貨が新たな選択肢として加わるこ... [Read More]

Tracked on November 01, 2006 at 12:40 PM

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(前編) [関係性]
 「幸せになるために」のブログの10月15日付け記事「未来へのビジョンを示そう」    http://blog.livedoor.jp/yyyyohko/ にコメント(10月21日)を入れた。そして、うれしい返事をいただいた。  そのやり取りが次のものである(若干の修正も加えた)。  morichan: yohkoさん、こんばんは。  身体が感じる文章、有難う御座います。  実は3年前にビジネスで海外に行き、大怪我(腰椎2本と片足を骨折)をしました。長期入院で、身体全体をコルセットで固定し、歩ける... [Read More]

Tracked on November 02, 2006 at 11:25 AM

» 差異を認め合うとは [晴耕雨読]
機能的な側面を見ると「国家」のほうが、具体的機能が示しやすいかなと思ったのですが。 「社会」っていうだけだと、一体どこのどういう社会をさしているの?というところがあるので。端的に、空間的に相互的に人々がより集まっている状態を社会と指しているなら、個人にとっては、範囲は漠然としているけれども「社会」の方が具体的といえなくもないです。 一人ひとりが生きている場が「社会」です。 国家の機能も、ほとんどが社会という場に“降りてきて”動くものです。 「社会」が漠然に見えるということは、自分が漠然... [Read More]

Tracked on November 02, 2006 at 05:52 PM

» 差異を認め合うようになるために [晴耕雨読]
「国家」というより、共同体の必要度を超える生産物、必要なのに共同体内では生産され得ないものを、他の共同体の間で配分(交換も含まれる?)するための調整ルール・制度という解釈でいいですか? 権力的判断や公的強制力もあるので国家です。 現在の国家と較べたとき機能・役割が極めて少ないというだけで、公的権力で統合を維持するということでは本質的に変わらない存在性です。 やっぱりそうなんですよねえ。あっしら様自身も社会のことをなにより考えておられる方だとお見受けしておりますし、他の個人や国家、世界に価値を見... [Read More]

Tracked on November 03, 2006 at 05:33 PM

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(中編) [関係性]
 前編で、自民党・公明党と民主党による「改正介護保険法」が昨年(2005年)6月に成立し、その内容が公明新聞で明らかにされた。その内実が「自立」や「予防」であった。  それに対して、この法案の危険性を「介護保険をよくする大津市民の会」や「東京民医連」が抗議している、ことを記した。  この中編では、共産党、社民党の主張、そしていくつかのブログや朝日新聞「私の視点」を紹介する。  先ず、前編へのコメント2通を紹介しておく。  投稿者〓:nob  (2006/11/2 14:57)   moricha... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 01:26 AM

» 「善」の主張は止められるか? [晴耕雨読]
 これは「夜警国家」といわれるような国家のありかたとはどう違うのでしょうか? 「夜警国家」は、国家は経済的市民社会の“自由な”利益追求活動を守るためのものであるべきという考え方です。 国民(人々)が利害対立状況にあることを前提に、利益追求の在り方を規定した共通ルール(法)を執行し、経済的行為以外で他者の利益を侵害する刑法犯のようなものを取り締まることの専念する国家が「夜警国家」です。 「夜警国家」は、国家がいろいろなことをやり始めると、国民から税をより多く徴収しなければならなくなるから忌避す... [Read More]

Tracked on November 05, 2006 at 06:48 PM

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(後編) [関係性]
 前編と中編で見てきたように、05年6月に可決成立した改正介護保険法(自民、公明、民主の賛成多数)の現場を脅かす法案であることが見えてきた。  国庫負担の軽減を目的としたこの法案は、介護度を下げて福祉用具まで取り上げて「自立」支援という稚拙でマヤカシの論理である。  別の言い方をすれば、「介護予防サービス」(公明党)と称して、国庫負担で杖を貸与し、それを使って歩いている老人の杖を足払いし、“杖なしで歩ける練習をしなさい”と言っているに等しい。その挙句、この老人は歩くこともできなくなり、“どうしても... [Read More]

Tracked on November 06, 2006 at 01:35 PM

» オーストラリア 干ばつで穀物輸入 [晴耕雨読]
 オーストラリア農林水産相が先月27日、干ばつで飼料が足りなくなった家畜を養うために穀物の緊急輸入に踏み切ると発表した。オーストラリア農業資源経済局(ABARE)が同日に発表した2006/07年の冬作物と家畜の生産見通しを受けての発表だ。  ABAREは、既に大減収を予測した9月の農業生産見通しを更に大幅に切り下げた。 穀物大輸出国のオーストラリアが国内需要を賄えず、輸入までするとなれば、世界の穀物・食料需給に与える影響は大きい。先月の減収予測だけでも、既に小麦価格の世界的高騰を招いている。それは... [Read More]

Tracked on November 07, 2006 at 05:26 PM

» 改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?(補・追加) [関係性]
 「改正介護保険法とベッドはがし・・どの政党?」の前編・中篇・後編と連続的に記事を発表した。それも、ブログ間のコメントのやり取り(実態や感覚)を含めて、論じてきた。ただし、後編のコメントについては扱っていないため、この補・追加が必要になった。  ここで、中編から後編にかけて、それぞれのコメントを見直すと次のようになる。先ず、中篇へのコメントである。  アルバイシンの丘:TB有難うございます.   私の従兄弟が生まれつきの身体障害者で,自分で起き上がることが出来ません.今は親(つまり私の叔父)が面... [Read More]

Tracked on November 08, 2006 at 08:51 PM

» 日の丸とは [晴耕雨読]
 “日の丸”の淵源は古い。江戸時代にこれがすでに用いられていたこと、著名であるけれど、それはほんの、最近の話。中・近世といった、浅い歴史ではない。八世紀のはじめの続日本紀、文武天皇の大宝元年(七〇一)の項の「(左)日像・青竜・朱雀幡、(右)月像・玄武・白虎幡」の記事に典拠を求める論者も存在するが、そんな“新しい”ものではない。 弥生時代の筑紫(福岡県)、古墳時代の大和(奈良県)その他において頻出する銅鏡(多鈕細文鏡・漢式鏡・三角縁神獣鏡等)、その役割は何か。当然、“太陽の光を反射させる”ための儀礼用... [Read More]

Tracked on November 09, 2006 at 12:48 AM

» “君が代”は天皇家の歌ではない [晴耕雨読]
 “君が代”は天皇家の歌ではない。他王朝の歌からの“転用”あるいは“盗用”である。その経緯を略述しよう。  “君が代”に当る歌は、古今和歌集に出ている。賀歌の部である。   題しらず  読人しらず  わがきみは千代にやちよにさざれいしのいはほとなりてこけのむすまで (巻七、三四三)  当集中、“読人しらず”とされた歌は少なくない。その内実は、一に実際に編者、紀貫之がその歌の作者名を知らなかった場合、二に“知っていた”が、これを記することを避けた場合、その二種類があるものと思われる。有名な、平家物... [Read More]

Tracked on November 09, 2006 at 12:49 AM

» インドネシア 泥炭地破壊 [晴耕雨読]
泥炭の分解や火災によって排出される大量の二酸化炭素が、インドネシアを世界第3位の温室効果ガス排出国に押し上げている。気候変動と化石燃料利用に関係する行動を議論するために11月7日にケニア・ナイロビで開かれる2006年国連気候変動サミットに向け、国際湿地保全連合がこのような報告を発表した。  Peatland degradation fuels climate Cahnge,06.11.2 http://www.wetlands.org/publication.aspx?ID=d67b5c30... [Read More]

Tracked on November 10, 2006 at 09:21 PM

» 暗く、不安定なエネルギーの将来 [晴耕雨読]
国際エネルギー機関(IEA)が7日、無制限の経済成長を助長する従来の立場を変え、諸国政府にエネルギー政策の劇的転換を要請する報告書・”World Energy Outlook 2006(WEO-2006)”を発表した。これは、グレンイーグルス(スコットランド)及びサンクト・ぺテルブルク(ロシア)における二つのG8サミットの要請に応え、各国がどうすれば化石燃料への依存を減らすことができるかを検討したものだ。  600ページに上るこの報告書の全容は未見だが、IEAのクロード・マンディル事務局長は、... [Read More]

Tracked on November 11, 2006 at 06:43 PM

» 円安と景気回復・経済成長は誰のため?(上) [関係性]
 9月3日付け記事「なぜユーロ高」で、市場は世界の経済実態を反映しているものではなく、誰かが意図的に誘導しているのではないか、という視点から書いた。  しかし、新聞・テレビ・雑誌・銀行・証券会社等のメディアでは、アメリカやヨーロッパに比べて日本の円の金利が安いからだ、と主張している。  〓 意識的な円安誘導  ゼロ金利政策は1999年2月に決定され、2000年8月に一時解除されたが世界的同時不況と国内景気後退によって、2001年3月にはこのゼロ金利政策は復活した。そして、この政策は2006年7月... [Read More]

Tracked on November 11, 2006 at 11:04 PM

» タウンミーティングのやらせ問題で野党が政府追及へ [日本共産党の観察記]
すでにご紹介した石井郁子衆院議員の質問が波紋を広げている。野党は、今回の「やらせ [Read More]

Tracked on November 13, 2006 at 08:17 AM

» タイ「足るを知る経済」提唱、自由貿易協定見直しへ [晴耕雨読]
タイが、アジア太平洋協力(APEC)の自主的貿易協定を法的拘束力のあるアジア太平洋自由貿易圏に格上げしようとする米国の構想に、それは不要でもあり、実行不能でもあると反対する。米国は、今月18-19日にベトナム・ハノイで開かれるAPEC首脳会議の宣言に、加盟21ヵ国・地域によるアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の検討に着手することを盛り込もうと各国に働きかけている。  しかし、タイ商務省のチュティマ通商交渉局長は、APEC21ヵ国の経済は余りに違いが大きく、この構想は実行不可能だと語った。彼女... [Read More]

Tracked on November 13, 2006 at 04:50 PM

» 沖縄県知事選挙を考えるとき・・・ [平和への結集ブログ]
沖縄県知事選挙(2006年11月19日)の重大な争点の1つは、普天間基地の移設問題です。 辺野古への移設に賛成か反対か、なのですが、そもそも普天間基地を含む沖縄などの米軍基地が関わる戦争の実態を知ることが、大事ではないでしょうか。 イラク戦争について言えば、2004...... [Read More]

Tracked on November 17, 2006 at 12:40 PM

« 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 | Main | サクラにはお金、批判者には逮捕を-「タウンミーティングやらせ問題」考 »