« 日米政府の共謀を隠蔽?黒塗りの公電は雄弁に語る | Main | 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 »

October 25, 2006

共謀罪は先延ばし…でも教育基本法は審議入り

「共謀罪」創設、今国会成立を断念…重要法案を優先(読売新聞)ということで、共謀罪はとりあえず今国会では成立を断念することになったようだ。

ただ、共謀罪の新設については、※さまとの約束があるらしいので予断は許さない。何か簡単なことだけでもアクションを起こしたいという方は、グリーンピースの「Say ”NO” to 共謀罪 サイバーアクション」HPから簡単に各政党などに共謀罪反対のメールを送れるフォームがあるので利用してはいかがだろうか。

しかし、共謀罪は今国会で見送りということにはなったが、子供たちの憲法である教育基本法は審議入り。
教育基本法改正案、30日に今国会での実質審議入り(読売新聞)

教育基本法が悪い法律だから、以下のような下品な発言をする「美しい」大臣が生まれたのだろうか?

中川政調会長:「日教組の一部、免許はく奪だ」と批判

 自民党の中川昭一政調会長は毎日新聞のインタビューで、教員免許の更新制度に関連して「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」としたうえで「下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許はく奪だ」と述べ、教員の組合活動を強く批判した。

 今国会の最重要課題である教育基本法改正案の審議が25日にも再開することを念頭に、成立阻止を掲げる野党や日教組をけん制したものとみられる。こうした姿勢に対して、野党側は「教育を政争の具にしようとしている」(民主党の松本剛明政調会長)と反発しており、激しい論戦が展開されそうだ。


衆院補選勝利でも問われる安倍自民党の品格(livedoorニュースPJオピニオン)

【PJニュース 10月24日】- 22日に投開票が行われた衆議院議員の2つの補欠選挙は、神奈川・大阪ともに自民党が勝利した。安倍政権が発足して初めてとなる国政選挙での勝利で、首相周辺はひとまず胸を撫で下ろしているところであろう。だが、小選挙区制度の下で自民・公明両党が連携した選挙であったことや、政権の真価を問うにしては余りにも低い投票率であったことを考えれば、そもそも与党側が勝利して当然の選挙だったのであり、これで「安倍政権が信任された」と喧伝するのは我田引水、論理のすり替えであろう。

 党役員人事と組閣の段階から「仲良しグループを集めた」とか、「軽量内閣」などと、野党側からの陰口も聞かれる安倍政権であるが、ここへ来て自民党の中川昭一政務調査会長の暴言が目立っている。各種メディアの伝えるところによれば、中川政調会長は20日、静岡県浜松市で講演し、北朝鮮が日本に核攻撃をする可能性について「北朝鮮はミサイル実験や核実験を行い、拉致事件を起こした。北朝鮮の指導者は、ごちそうばかり食べ過ぎて糖尿病だから、そうしたことを考えるかもしれない」と発言したうえで、日本の核保有の必要性を含めた安全保障のあり方を議論すべきだという見解を示したという。

 この発言には、4つの重大な問題がある。一つは、糖尿病は「ごちそうばかり食べ過ぎた結果かかる病気」という認識を示している点。非科学的であるばかりでなく、糖尿病に苦しむ患者への偏見を助長する発言である。第2に、「糖尿病だから、核攻撃をしようと考えるかもしれない」というロジック。「糖尿病患者は何を考えだすかわからない」というのは、もはや偏見を超えて「虚偽情報のねつ造」にも近い。3つ目は、そもそも北朝鮮の指導者が糖尿病患者であるかどうかという前提が、中川氏の憶測ないし比喩の部類なのであって、客観的事実に基づくものでないこと。そして、最後に、こうした無責任な事実認識と偏見の上に立って、「日本の核保有の議論」を推進すべしという結論を導き出そうとしていることである。

 また、毎日新聞が23日に報じたところによると、中川政調会長は毎日新聞のインタビューに対し、教員免許の更新制度に関連して「日教組の一部活動家は(教育基本法改正反対の)デモで騒音をまき散らしている」としたうえで「下品なやり方では生徒たちに先生と呼ばれる資格はない。免許はく奪だ」と述べ、教員の組合活動を強く批判したという。「デモ」を下品と言ってしまうところに、中川氏の政治的センスがある。教職員が労働者としての権利を主張したら、生徒たちに先生と呼ばれる資格がなくなるのだそうだ。

 さて、この中川氏であるが、元来、彼のの酒浸りは、マスコミの政治部系記者の間では有名な話だと聞く。私の知人で、長年、国会担当経験がある記者も同様の話をしていた。農相時代の中川氏の記者会見は、目が血走り、吐く息が酒臭かったこともたびたびで、発言の暴走には“酒のせい?”と感じることが多かったそうだ。ところが、ちょうちん記事の作成を強要されることに慣れ切っている大手マスコミの記者諸氏は、こうした事実を国民に知らしめるような記事の執筆には、どうやら及び腰のようである。

 安倍政権が彼を党の政調会長に据えたのは、自民党総裁選での論功行賞やタカ派仲間としての意識によるものと推察するが、このまま現職閣僚にしておくのは危険だと考えて党三役にまわしたと見ることもできなくない。それでも、こうした人物を党三役に入れることを是とする安倍政権は、やがて政権自体の品格を問われることになろう。「美しい日本」は酒臭く、政治家の暴言が飛び交っても首相がすべて容認する国となるのか。中川政調会長が「下品な発言」で重要ポストの資格を失ったり、国会議員の先生と呼ばれなくなったりしないようご忠告申し上げるとともに、合わせて中川氏がいつの日か糖尿病になどならぬようお祈り申し上げたい。【了】PJオピニオン

同感。改められるべきは教育基本法ではなく、見識のかけらもない暴言を撒き散らす大臣の考え方と、それを許す自民党・公明党の「品性」であろう。私が子供ならばこういう人に「美しい」日本人になれとか言われたらグレたくなるけどね。

日本国憲法に認められている表現の自由の権利を行使するだけで「下品」「騒音」と断言するのは上品で美しい日本伝統の考え方に沿っているのだろうか。もしかしたら、デモで声をあげるくらいでは生ぬるい騒音である。「愛国者」ならば黒塗りの街宣車で大音量でがなりたてるのでなければ「美しい」とはいえないと考えているのかもしれませんね。

私は、(顔の美醜の問題ではないですよ。決して不細工を差別するものではありませんので悪しからず)自分の顔をでかでかと広告するような人に「品性」とかはあんまり感じなられいのですが、「日本人としての美意識」というものは、このようなものを「美しい」と感じなければ、「非国民」と罵られるようなものなのでしょうか。おぞましい。あ、これは「アパ晋会」の美意識でしたか。こんな「美しい人」にはなりたくないなぁ。Apa2


|

« 日米政府の共謀を隠蔽?黒塗りの公電は雄弁に語る | Main | 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/12419038

Listed below are links to weblogs that reference 共謀罪は先延ばし…でも教育基本法は審議入り:

» 油断することなく――共謀罪を新設する刑法改正案の廃案を目指して [徒然気儘な綴方帳]
朝日新聞など、複数のメディアが報じていましたが、衆院法務委員会において、教育基本法改正案の審議への影響を考慮したのか、共謀罪に関係する法案の審議を後に回し、信託法改正案の審議から行うことで与野党の合意を得たようです。 取りあえず、衆院補選に完勝した与党が力押しで共謀罪法案を強行採決する、という局面は一度遠ざかることになったようですが、騙し討ちがお家芸といっていい自民党のこと、油断をするわけにはいきません。 これからも、この新装版治安維持法を完膚無きまでに廃案に追い込むために、...... [Read More]

Tracked on October 25, 2006 at 12:24 AM

» 安倍氏の悲願・教育基本法の改正が動き出す!+ 共謀罪は今後も要チェック [日本がアブナイ!]
 衆院の補選が終わり、25日に秋の臨時国会がようやく本格的に動き出す。  今回は、教育基本法改正、共謀罪のことを中心に、今国会で注目すべき法案について 書きたいと思う。  まず、コチラにも書いたように、共謀罪の審議が先送りされることに決まった。  共謀罪に関しては、補選後にすぐに審議入り、場合によっては強行採決されることも 警戒されていたのであるが、与党の国対は審議や採決をスムーズに運ぶのは困難だと 判断し、先送りすることにしたようだ。  後述するように、あの警戒警報も、この審議の... [Read More]

Tracked on October 25, 2006 at 12:47 AM

» ダイブログ・カマスにロブスター & 核武装? [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
ダイブログ・カマスにロブスター ミクロネシア西部では、10月後半から11月前半にかけて「風の変わり目」で、北東貿易風が強まる前の「まったり」した日和が続くことが多い。数日前から、ヤップの天気もそんなモードに入ったようだ。 水温27-28度、北西の微風、島中が静かに凪いだ早朝の2ダイブ目は、ミル・コーナーに入ってみた。 満潮の潮どまりをちょっと過ぎた時間、水路の中からプランクトンが豊富な海水が出てくるのを待ち構えてか、魚影が濃い。透明度が落ちる直前の、まだクリアな流れに乗って、ゆっくりド... [Read More]

Tracked on October 25, 2006 at 05:12 AM

» 憲法改正と敗戦責任の明確化 [晴耕雨読]
法治国家が個々の法律や政策の適合性を規定する最高法規である憲法をないがしろにしていることは、法治国家ではなくなったことを意味します。 国家の自然権である自衛権の発露としての交戦権を否定し交戦に必要な戦力の不保持を定めている条文を、自衛権があるから戦力を持ち自衛のための交戦権はあるという解釈する強弁を認めれば、子供を殺された親が殺人者を殺すのは親の自然の心情の発露だから...とか、戦前の満州事変や2・26事件のようにお国のために良かれと思ったことだから...といった非合法の行為を法論理として否定する... [Read More]

Tracked on October 25, 2006 at 06:42 PM

« 日米政府の共謀を隠蔽?黒塗りの公電は雄弁に語る | Main | 「不 安倍 増」内閣カット先行公開 »