« 自民党に投票させないプロジェクト開始 | Main | Clownfish-Popでキュートな妄想ワールド »

December 11, 2006

私たちは操作されている-小泉内閣過剰広報予算

[過剰広報予算]小泉メルマガ、官邸HPに年間7億円超

 社民党は8日、小泉純一郎前首相が国民に直接訴える有力な手段だった「小泉内閣メールマガジン」と首相官邸のホームページ(HP)の制作・運営費が年間7億円超に上ることを公表した。同党は政府主催のタウンミーティングの経費問題とあわせて「小泉人気を支えた過剰な広報予算」と批判している。
 内閣広報室によると「官邸からの情報発信及び情報収集分析経費」は02~06年度の5年間、最少7億2055万~最大7億7543万円。メルマガは小泉政権発足間もない01年6月からスタートし、首相や閣僚のメッセージなどを配信。ピーク時の02年1月には227万部に達した。安倍内閣でも引き継がれ、現在は160万部。
 HPやメルマガの制作・運営は随意契約によって民間のHP制作会社などに委託。同広報室は高額な理由について「HPは日本を代表するサイトで注目度が高く、セキュリティーなどの面で万全を期している。メルマガも個人情報などの管理が不十分とならないよう、必要な経費を計上している」と説明する。
 一方、この問題を指摘した社民党のHPは、日々の更新を党職員がやっていることもあり、運営費は年間数十万円程度という。記者会見で福島瑞穂党首は「1日当たり200万円になる。税金を使ってジャブジャブと自分たちの政策を垂れ流している」と批判した。【谷川貴史】

2006年12月08日21時31分(毎日新聞:livedoorニュースより)

以前から、小泉内閣のメールマガジンなどに掛けている予算が過大であるということを感覚的には理解できていたのだが、いかんせんHP作成などが具体的にいくらなのかなんてことは見積もれないので、「使いすぎじゃないのか」という抽象的な指摘に留まっていた。
はてなブックマークで最近の人気クリップを眺めていたところ、とうとうある程度具体的にWEB+メルマガの見積もりを試算している12月9日の「音極道茶室」さんの「首相官邸WEBサイト+メルマガで7億2千万はありえない」を見つけた。


一人当たりの工賃で考えるとやや高めという印象だろう。
「でぃべろっぱーず・さいど」さんの「システムの価値はどうやって測る?」

「くまくまことkumakuma1967の出来損ない日記」さんの■[society]首相官邸WEBサイト+メルマガで7億2千万はありうるか?

 タウンミーティングも官邸webもメルマガも、問題は国費を7億円もかけて政府がそういう仕事*6をするべきかって事で、コスト積み上げ法で7億円の内訳を精査する事じゃないんだと思うんだけど?(会社で言うと赤字でひいひい言って給料もろくに払えない*7のに株主総会対策に何億円もかけるような....)

ただ、広告代理店に払う広告費としては格安なのではないかということだった。

個人的にも高すぎるという感覚的な疑問をはじめは持っていたのではあるが、こうして様々な見解をみてきて気がついた点がある。「高いか安いか」、社民党のホームページの維持運営にお金をかけていないこととの比較というのは非常に分りやすい問題であるので、飛びつきやすいのだが、金額だけが一人歩きすると、根本的な問題を見落としてしまう危険性を感じた。

大事なことはタウンミーティングのやらせ問題と同様に、国民内部で見解の分かれる政治的問題を、特定の意見を有する政府与党の推し進めたい方向に国民を操作するために税金を使って広告代理店に依頼して一方的に「その政策を売り込む」ということが民主主義に反しないのかということだ。
民主主義においては、意見の分かれる政策については言論によって論議して合意を形成することが必要である。
この過程を嫌い、税金を使って美しい言葉で飾り立てて世論を操作することを認めるのであれば、主権在民なんて有名無実だ。民主主義なんて画餅だろう。
民意を問うということ自体が、はなから無意味ということを認めるかどうかの問題になるだろう。大金を掛けて、世論を操作すること(実際にそれが行われていることは間違いないのだが)を、無批判に肯定するのだとしたら、形だけ民意を気にしているふりなんかするよりも、「こう決めましたから」で押し付けていく独裁や全体主義のほうがもっとお金もかからず効率的ということになってしまわないだろうか。民主主義の根本問題を一人一人が考え直す時期に来ているのだ。

私たちが、不完全でも面倒くさくても民主主義に価値を認めているのは、暴走する権力を縛る手段として、その迂遠さも含めて穏健で妥当な結論に至る民主主義というシステムを評価しているからではなかったのだろうか。

それまでは、中曽根だって橋本だって、やりたくても恥ずかしくて出来なかったくらい露骨な民衆操作の手法を恥ずかしげも無く使かうという、小泉内閣からはじまって安倍内閣に至る政治的変化のなかで、防衛庁の省への格上げ(と同時に海外派兵を当然の前提として自衛隊ではなく実質的な軍隊とする)、共謀罪、教育基本法の破壊、大増税、憲法改悪につながる国民投票法、医療費の大幅値上げ、ホワイトカラーエグゼプション(残業代未払いの合法化)等等、どれをとってもこの内閣の目指しているのが、一人一人の国民のための政策でなく、一部のお金持ちや多国籍大企業のための政策であることは明らかなのに。これら私たちが損するような政策の数々を、情報操作によってしかも税金で私たちに押し付けているという事実を直視する必要がある。

政府の財政赤字のために増税すると言っておきながら、税収があがると、「大企業を減税せよ」と言うあたりから本音を見抜けないほうがどうかしている。
その7億円のうちからバイト代を貰っているのではないかと疑われるネットゴキ(チームセコイ)どものよく言う「そんなに日本が嫌いなら出て行け」という言葉を、キヤノンとかトヨタに向かって言ってくれ。ヨーロッパでは普通に負担して商売が成り立っている程度の税金を払いたくないのであれば、日本で商売しなければ良い。税金が高くて商売にならない国で、世界有数の多国籍大企業になれましたってありえないだろう。これでは、大企業による国民に対する恐喝行為だ。その矛盾を言葉にしなければならないこと自体にうんざりする。

思考的怠惰と「わかりやすさ」の罠に陥って国家が個人の判断を操作すること自体の危険性を無視するとしたら、その先にあるのは、ファシズムと戦争によって財産だけでなく命まで身包みはがれる未来しか残されていない。

|

« 自民党に投票させないプロジェクト開始 | Main | Clownfish-Popでキュートな妄想ワールド »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163754221.jpg
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163939177.jpg
http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163841236.jpg
運輸省事故調査委員会報告書の写真です。
「きれいな爆弾」の現実です。地獄です。このような核兵器は廃絶すべきです。
これがその「瞬間」に中性子線によって圧力隔壁という金属に金属疲労として投影された
「映像」です。
我々はこの現実に目を背けるべきではありませんし二度と繰り返してはなりません。


放射線強化型水素爆弾による地獄の瞬間は地上にも放射されました。下部組織に刻
印されているためいたるところで見られます。

http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1166080689.jpg
http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/1901rjtt-to-roah/1810651.jpg
乗客は「きれいな爆弾」により昇華されました。この惨状が正当化できる理由はありえませ
ん。被弾の瞬間の機内の「映像」は限りない悲壮に満ちております。「きれいな爆弾」の地
獄が繰り返されることがあってはなりません。

Posted by: http://gray.ap.teacup.com/123ja8119/img/1163754221.jpg | December 15, 2006 at 09:46 AM

小泉政権ごろから監視体制がはげしくなってます。だれがこういうの発案し指揮しているのでしょうか?公安はネットにも注目しはじめていて、威嚇する場合があります。共謀罪にサイバー規制がもりこまれようとしていることは、情報統制・言論統制したい権力のあらわれでしょう。ところで音がいいですね。私は、昔ハードハウスやサイケのクラブによく足を運んでいました。こういう音を使ったデモも、雑音だといわれて規制がかけられていくんでしょぅかねぇ。

Posted by: 日本国憲法擁護連合 | December 27, 2006 at 12:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/13021164

Listed below are links to weblogs that reference 私たちは操作されている-小泉内閣過剰広報予算:

» 都知事殿、もうこれ以上アナタに東京の舵取りはさせない [華氏451度]
〈あーあ、やはり三選出馬……〉  石原慎太郎都知事が、7日の都議会本会議で三選への出馬を正式表明した。彼の三選出馬は数か月前からほとんど既定事実のようなもので、私は「出馬への意欲」の報道に接したときウンザリして、立て続けに記事を書いた。 注/「上からモラルのうさんくささ――都知事殿、三選に意欲など出さないでくだされ」と、「続・上からモラルのうさんくささ」)。  その後も(前もだが)都民のひとりとしてなぜ石原... [Read More]

Tracked on December 11, 2006 at 08:57 PM

» 押し潰されてたまるか! [逍遥録 -衒学城奇譚-]
アッタマきたハナシ。 12月10日(日)。「NHKスペシャル」でワーキングプアの特集が放送されました。 7月に放送して、好評を得た第2弾です。 働いても働いても楽にはならない。 一生懸命働いているのに、生活保護を受けているより、まだ低い所得しかない。... [Read More]

Tracked on December 12, 2006 at 01:18 AM

» 【共謀罪研究】 凶暴、狂暴、静かにしろ! [KAZUHIRO.SWIM]
 共謀罪をインターネットで調べると唖然とする。  一番目にWikipediaが来るのはいいとして、以下 「共謀罪ー5つの質問ー」 「共謀罪ってなんだ」 「なぜ共謀罪に反対するのか-盗聴法・共謀罪に反対」  共謀罪に反対するサイトばかりが目に付く。  それらサイト....... [Read More]

Tracked on December 14, 2006 at 01:02 AM

» マグロ消費と環境(中−2) [関係性]
    (副題:新聞記事を超えたブロガーたち)  (つづき)  そこで、先ず各新聞記事を羅列する。マグロについての記事が急増したのは、日本人の消費量が非常に多く、話題性が大きいということである。しかし、根本の解決策が未だに大量生産化に期待しているものであり、環境破壊という多大な損失に目を瞑っている記事群である。  「魚求める世界の胃袋」(朝日新聞10月8日付け朝刊)で、BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザによる食肉不安から魚介類に需要が広がり、それに加えて、欧米の健康志向や中国の所得水準上昇が... [Read More]

Tracked on December 15, 2006 at 03:45 PM

» 近代化は(強欲)価値観、つ,まり人類の退化を必要とする [晴耕雨読]
引用 (マックス・ウェーバー−大塚久雄学徒を自称されている小室氏の論述ということで想像できるように、「プロテスタンティズムの倫理」が醸成される余地がないイスラムから資本主義の精神が生まれ出ることはないという説明になっています。) (宿命論を掲げるイスラム教からは、行動的禁欲(aktive Askese)は生まれっこない。 イスラム教の禁欲とは断食の類であるから、この点で日本の禁欲と同じである。 行動的禁欲がなければ、天職(ベルーフ)とそれが結びつき、「労働が救済である」という思想を生じることもありえ... [Read More]

Tracked on December 15, 2006 at 08:35 PM

» 『強盗団』は庶民の『心』へ侵入 [関係性]
 「国家という名の強盗団」については、11月15日付け「円安と景気回復・経済成長は誰のため?(下)」で述べた。  この「強盗団」は二重の行為によって大企業を優遇してきた。一方が膨大な税金(30兆円)を使って「円安」を誘導し輸出による利益を大企業に与えてきた。他方が「規制緩和」と称して労働者のリストラ権利を大企業に与え、非正規雇用の増加が生産コスト削減という収益を拡大させた。  この二重の行為によって大企業収益は膨大となった。しかし、大企業は自民党への献金はするが税金を払う気は毛頭ない。  「4兆円... [Read More]

Tracked on December 17, 2006 at 10:57 AM

» “人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉 [晴耕雨読]
“自然の恵み”ではなく“人々の恵み”が産業を発展させ生活も向上させてきた。 の続きです。 ■ “人々の恵み”と「産業主義近代」の終焉 「近代」とりわけ先進国は“人々の恵み”を己のものにしながら経済成長(国民生活の向上)を達成してきた。 現在の世界を眺めれば、“人々の恵み”を最大レベルで享受しているのは中国と言える。 今回の投稿、そしてこれまでの投稿をお読みになられた方ならご理解いただけるように、「近代経済システム」において“人々のめぐみ”を持続的に享受するためには、貿易収支の黒字を持続... [Read More]

Tracked on December 18, 2006 at 07:49 PM

» 「国民経済主義」について [晴耕雨読]
 利潤のない世界が、必ずしも貧しい暮らしでも不幸な暮らしでもないと、あたしも思います。 「利潤のない世界」とは、生産性の上昇を促進する誘因がゼロになり、誰かが利潤を得れば、他の誰かがその分損を被ることが明瞭になる現実です。 (“人々の恵み”を享受しようとすることが、逆に経済社会に災厄をもたらす状況) 現在そしてこれまでの世界は、生産性の上昇が達成され続けたので、誰かが利潤を得ても、他の誰かが損失を被っているとは見えにくかったのです。 このあたりの問題は、貨幣も絡む複雑な説明が必要ですので別途... [Read More]

Tracked on December 19, 2006 at 07:47 PM

» 米国綿花地帯に広がる最強のグリホサート耐性雑草 綿花産業に破局の恐れ [晴耕雨読]
米国の綿花栽培地域に除草剤・グリホサート耐性雑草が広がっている。この雑草は干ばつ下でも1日に1インチ(25.4ミリ)も伸び、背丈は6フィート(180cm)から10ィート(3m)にもなるブタクサの一種・パルマーアマランス(Palmer amaranth)で、最新のAPの報道によると、ノースカロライナの100郡のうちの10郡、ジョージア159郡のうちの4郡でグリホサート耐性のこの雑草が確認され、テネシー、サウスカロライナ、アーカンソーでも広がっているとのではないかと疑われている。  ノースカロライナ... [Read More]

Tracked on December 23, 2006 at 06:43 PM

» 『十字軍』と『魔女裁判』は今なお進行している現実のものである 〈その1〉 [晴耕雨読]
世界が「大宗教戦争」の渦中にあるということで、巷間言われているような「キリスト教とイスラムの衝突」を主張したいわけではない。 ブッシュ政権が推し進めている今回の「対テロ戦争」を、1096年に開始された十字軍遠征、そして、13世紀から17世紀にかけて西欧で吹き荒れた「魔女裁判(異端審問)」が、21世紀を迎えた現代においてもなお継続されている証だと見ているということである。(それらの再発ではなく継続である) ブッシュ政権が派遣しているのは『十字軍』であり、ブッシュ政権が“悪の極み”と非難している「テ... [Read More]

Tracked on December 24, 2006 at 06:01 PM

» 【超お薦め!】『犯罪不安社会』を読んで、明るい2007年へ! [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2006.12.25.03:25ころ ほーほーほーほー、さんたくろーす!!! 『 [Read More]

Tracked on December 25, 2006 at 03:44 AM

» マグロ消費と環境(中−3) [関係性]
   (副題:市場・環境・貧困・農漁業)  12月15日に(中−2)を出して以来、しばらく「マグロ消費と環境」を中断してしまった。「『強盗団』は庶民の『心』へ侵入」(12月17日付け)によって「改正教育基本法」批判を書き、精神的な苛立ちを抑えるのに多くの時間が掛かった。  そして、ここに戻るのに、気持ちの整理も含めて(中−2)へのunaさんのコメントを活用させてもらった。  una:TBありがとうございます。  浜の偏屈爺さんの処を見てきました。  需要と供給の問題で、誰も買わなくなれば、値段も下... [Read More]

Tracked on December 26, 2006 at 03:58 PM

» 石原の都政の私物化について [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
2億4400万円の公費海外豪遊や、四男の公費を使った海外出張で、袋叩きに あっている石原都知事は、品性下劣なこいつらしい居直りの会見をしたばかりだが、 今度は、東京都の美術ギャラリー「ワンダーサイト」に、自称画家の四男、延啓の 「作品」3点を公費300万円で買わせて、議会にも都民にも秘密にしている。 この公費の私物化は当然、石原の進退問題にしなければならない。  彼が最近、企画・監修した本のタイトルは、「もう、税金の無駄使いは許さない!」 だそうだ。すごいオチだね。  ソースは、24日付けの日刊ゲン... [Read More]

Tracked on December 26, 2006 at 07:45 PM

» ファシスト石原糾弾!動画特集〓2 TBSにかみつく! [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
ファシスト石原糾弾!動画特集〓2!今日は、TBSにかみつくファシスト石原です。 さすが軍国爺です。かなり苛ついてかみついています。石原の癖は、目をパチパチさせながらわめき散らかすのが特徴です。思ったんですけど、反動的な奴って「白髪頭」が多いですねぇ。 人気blogoランキングをクリック ... [Read More]

Tracked on December 27, 2006 at 09:26 PM

» 「小泉的破壊」とは? [晴耕雨読]
質問1.「小泉的破壊」の具体的な内容は何ですか? A1: 端的には、何をさておき国民がより良き生活をおくるために糧(お金)を得る場であるはずの国民経済を、“才覚”がある者が利益を得る場であることに変えて行くことで、利益を得る場としてもダメにしてしまうことです。 国民全体が生活条件を高められる制度を敷くことで、“才覚”ある者の収入や利益も拡大できるという経済論理を忘れ去っています。 “才覚”ある者の収入や利益の拡大を優先する制度を敷けば、国民経済が縮小し、得られる利益も縮小していくという肝心な理... [Read More]

Tracked on December 27, 2006 at 10:37 PM

» 笹川−児玉−田中角栄−そして中曽根−小泉 [晴耕雨読]
(笹川と変わり身の早さ) 世界基督教統一心霊協会(文鮮明)はCIAの管理下にありました。 原理運動の最初の拠点は、渋谷区南平台の岸信介の自宅にありました。 岸は用心深い人です。 なにしろ首を吊られそうになったんですから。 諜報機関の指令は絶対なのです。 首を吊られなかった人間は、首に紐と鈴とを付けられて出所したのでした。 昭和38年、笹川は原理運動の家紋に就任しました。 笹川は国際勝共連合の会長にも就任しています。 ところが、昭和47年、笹川は、突然、反共との絶縁を宣言します。 反米右翼(... [Read More]

Tracked on December 27, 2006 at 10:43 PM

» NO BASE HENOKO top東京行動から [日本国憲法擁護連合〜法大OBのブログ]
なかなか面白そうなピース運動をやってる人たちのサイトがあったので紹介します。 その名も、『NO BASE HENOKO top東京行動』です。 【いま、辺野古では】  いま、沖縄県名護市、辺野古(へのこ)沖に、日米政府は、巨大な米軍基地を造ろうとしています。住民の反対を押し切り、しかも日本の税金一兆円を投じて。  辺野古の海は、エメラルドグリーンのさんご礁が広がり、ジュゴンやウミガメが暮らす豊かな海です。しかし、辺野古の浜から眺めて視界に入るその海のすべてを埋め立てて、基地を造ろうという... [Read More]

Tracked on December 28, 2006 at 09:20 AM

» 日本の文化をぶち壊し現在の経済的大災厄を用意した“大罪人”中曽根氏 [晴耕雨読]
日本をどういう国にすればいいか: “逞しい文化と福祉の国”と総理大臣の時に言った。今でも“逞しい文化と福祉の国”というのが最終目標です。“政治権力というのは文化に奉仕するためにある”と言ってきている。 中曽根氏が空虚な言葉とはいえ、このような言動をしていることを見逃すことはできない。 中曽根氏こそが、総理大臣として、「みんなで汗水たらして頑張って生活を良くしていこうという文化」を「才覚がある人間がお金でお金を稼ぐことが素晴らしいという文化」にした張本人である。 現在の日本は中曽根内閣によっ... [Read More]

Tracked on December 30, 2006 at 10:12 PM

» 教育勅語の精神が失われた日本に未来があるのか? [晴耕雨読]
ユダヤ教・正統キリスト教・イスラムといった啓示宗教と比較して、「日本には宗教の規範がほとんどない」と判断されるのは錯誤です。 超越神啓示宗教ではないかたちの規範意識で歴史を築いたことこそ、日本の好ましい特質として見直すべきだと思っています。 宗教は、世界観や人々の関係性(社会の在り方)についての価値観などを包括的に提示したものです。 日本では神道や仏教という自然との関わり方や自己の存在についての宗教的考えは根付きましたが、人々の関係性(社会の在り方)はミニマムの規制しか必要とせず、ほとんどが日本... [Read More]

Tracked on January 01, 2007 at 04:59 PM

» 「デフレ不況」を克服しないで「財政危機」を克服することはできません [晴耕雨読]
>税制・通貨発行量・貸し出し量・利子率を操作することで、個人や企業の収入を変動させ、ひいては政府の歳入を変動させることができる立場なのです。 貴殿のお考えがこの一文に凝縮されていると思われます。 完全な過誤ではありませんが、これらの政策実施が時代を問わず常に通用する永遠の真理であるかのようにとらえられては困ります。 ご案内の通り、90年代から00年代初を通じて減税、公共投資の増強、金融調節・量的緩和、とありとあらゆる政策メニューを実行し、見るべき結果なく現在に至っております。 事ここに至ってよ... [Read More]

Tracked on January 06, 2007 at 09:43 PM

» 新年の挨拶 [関係性]
  寒中お見舞い申し上げます  昨年は義母を亡くし、今日からブログを開始しようと思います。  義母との30年間の同居を通じて、70歳までの助産婦として歩き回る姿を見、その後の89歳までの老人福祉施設との係わりから多くのことを学んできました。  決して私の得意分野ではない福祉問題は、新聞等からの知識では補えない実態(福祉の現場で働く人たちと援助を受ける人たち)に接近することで深められました。  新年早々から「ロストジェネレーション―25〜35歳」(朝日新聞)の記事が連載されています。バブル崩壊によ... [Read More]

Tracked on January 07, 2007 at 08:30 PM

» 「めぐみさん参院選直前帰国の演出で自民圧勝、謀略の筋書き」警戒せよ、先回り予告バナー貼りまくりで茶番演出を無効化しよう! [雑談日記(徒然なるままに、。)]
今日のお勧めエントリー「安倍が改憲を急ぐわけ」「疲弊する米軍 」【田中宇の国際ニ [Read More]

Tracked on April 25, 2007 at 09:25 AM

» 参院選で、自公がねらう「低投票率、諦めさせる、変わらないと思わせる」⇒究極の「て、あ、か」・「手垢」作戦粉砕!(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 久しぶりに150×70ピクセルの小さいバナーを作りました。  上のバナーの前後 [Read More]

Tracked on May 02, 2007 at 02:27 PM

« 自民党に投票させないプロジェクト開始 | Main | Clownfish-Popでキュートな妄想ワールド »