« 私たちは操作されている-小泉内閣過剰広報予算 | Main | 都会の片隅で一人の男が餓死した »

February 03, 2007

Clownfish-Popでキュートな妄想ワールド

Carsgirls_jacket
今年最初のテーマは音楽です。
1月17日馴染みのお店に行くと、POPでキュートな曲がかかっていた。
気持ちのいい音。ただ、単純にPOPなだけでなく、歪みとか闇のような部分も感じさせる。
サエちゃんに聞くと、「MMの武藤さんがまた、音楽の世界に戻った」。
そして、本日デビューだということだった。

昨年末に某所での忘年会で久しぶりにお会いした武藤さんがデビューするという。
HMVのClownfishコーナーの写真もメールで送られてきていた。

Clownfishは、今年1月17日にミニアルバム「Boys & Girls」でデビューしたばかりの2人組ユニット。

そんな2人の出会いが映画のようにドラマチックで素敵だった。

ベースの武藤さんは、「M M Mushroom」というバンドでベーシストとして活躍していた。
MMは、とげとげ尖った歌詞と、ファンクでグルービーな音が特徴のかっこいいバンドだった。
知り合いのお店で、ミニライブなどやっていたときに知り、連れが大のお気に入りでライブなども顔を出したりしていた。

ところが、武藤さんが、腰をやってしまい、音楽の道を一度あきらめてバンドは解散。
武藤さんは造型師として働いていた。

2004年お店の記念パーティーで即席のバンドを組むことになった武藤(Ba)さんは、ヤフオクでドラム音源を落札した。

それが、たまたま同じ市内に住むホンモノの引篭もり(七年もの)中山豪次郎(Vo.Vo.Kb.Gt)との出会いだった。

お金の無い二人は送料をケチり、品物を直接渡すことになり、車の中で意気投合し、2007年の1月にメジャーデビューするに至った。
詳しくはClownfishホームページで。
それは長く苦しい道のりだった…はうけます。

全曲試聴も可能ですよ。MSNスペースよりどうぞ。


それから、2人はデモテープを送りまくり、なぜか吉本興業からデビューすることになった。

いきなりTBS系TV「オビラジR」一月度エンディングテーマ(1/8~)テレビ東京「PV TV」(木曜放送)の2月度オープニングも決定。

トントントン拍子くらいの勢いがおっかないくらいだ。

中山の浮遊感ある気持ちのいい声と、ベースの刻む音の中毒性がたまんないですよー。
POPな音とぐっと来る歌詞のバランスも素敵だ。

ドラマチックな出会いが、引篭もりを表舞台に引っ張り出した。

誰かこの話を映画にしてくれないか?

|

« 私たちは操作されている-小泉内閣過剰広報予算 | Main | 都会の片隅で一人の男が餓死した »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

おじゃまします☆
こんな大人なブログの中に、Clownfishが埋まってる、笑。
映画、いいですね!!
7年間のひきこもり期間、どんな生活を送ってたのか気になります。
暗く思われがちな豪次郎さんですけど、トークすごくおもしろいんですよ!
このギャップが、またいい★

Posted by: q羽p | February 13, 2007 at 11:31 PM

q羽pさんはじめまして。コメントありがとうございます。

Clownfishとは、ちょっとしたご縁があったので紹介しました。
このブログは、自分の気になることをなんでも書いているので、時々映画や本や音楽もとりあげております。
個人的には矛盾無く全て自分の世界なのですが、辛口大人向け政治ネタが通常の日本人の許容量を超えて含まれていることと、clownfishの紹介と他の記事がアンバランスと、感じるのは当然かもしれません(笑)。

彼らの生きてきた軌道とか、出会いからデビューからその後の出来ごとの数々にドラマがたくさん詰まっていて、可能性の輝きが満ちている感じがするので、(もちろん中毒性の高い音楽も素敵なんですが)映画にしたら素敵かなぁと思います。

個人的にも豪次郎君のキャラは立ちすぎるくらい立っていて武藤さんの温和なキャラと好対照すぎて面白いです(笑)。

「何か」がある。可能性の輝きがこれからどう変化していくのか楽しみですよね。

また、遊びに来てください(^^)。

Posted by: miyau | February 15, 2007 at 10:41 PM

Terrific postings, Cheers!

Posted by: PRADA 店舗 | March 02, 2014 at 07:13 PM

A webpaǥe witth friwոdly liոks will iin faqct offers ʏyou additional trustworthiness with the consumers. They wіll guidebook yoս and take you to destinations you under noo cіrcumstances asѕumed existed. http://Social.jotistore.com/index.php?do=/profile-2390/info/

Posted by: Miami Escorts | April 20, 2014 at 10:24 PM

The cool waves from the Himalayan area makes the winters in Noida chilly and harsh.

Posted by: Noida Extn | May 31, 2015 at 12:25 AM

Lots of people are trying to purchase 2/3 BHK apartments in better Noida western, due to the closeness to Delhi.

Posted by: Da Mont | June 13, 2015 at 10:07 AM

What i do not realize is in fact how you're now not really much more well-appreciated than you might be right now. You're so intelligent. You know therefore considerably relating to this subject, made me individually consider it from a lot of numerous angles. Its like women and men don't seem to be interested until it is one thing to do with Girl gaga! Your individual stuffs nice. At all times care for it up!

Posted by: Pure Testo Xplode | September 18, 2015 at 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24848/13772695

Listed below are links to weblogs that reference Clownfish-Popでキュートな妄想ワールド:

» マグロ消費と環境(おわり−後) [関係性]
 (副題:文化や良心を捨てて       守るべき経済などない)  「文化や良心を捨てて守るべき経済などない」(C.ダグラス・ラミス(注))(月刊誌『Fole』 06年12月号)は興味深い視点を提供してくれる。  60年代の米国で、父親の会社が軍需産業であることを知った二代目は自分の良心に従って会社を解散したことを、彼は耳にした。  社会的責任という観点には次の二通りがある。  〓 良心に従って会社を解散する  〓 経営者は従業員の生活をなんとしてでも守る  この矛盾こそ資本主義経済の持つ弱点であ... [Read More]

Tracked on February 03, 2007 at 11:57 PM

» 産業資本的利益成育から金融資本的利益収穫へ 前編 [晴耕雨読]
経済的支配層に属さない人々は、80年代以降、きわめて苛酷な経済システムのなかで生存している。 とは言っても、目に見えやすい日々の生活の苛酷さではなく、目には見えにくい経済システムの苛酷さである。 経済支配層に属さない世界中の人たちが、経済的成育の対象としてではなく、経済的収穫(刈り取り)の対象として位置づけられるようになったということである。 近代世界の象徴とも言える産業の発展を通じた経済成長が限界に達したという認識を持ったことで、経済支配層の利益拡大の力点は、金融活動に置かれるようになった。 ... [Read More]

Tracked on February 04, 2007 at 06:46 PM

» 近代経済システム」における利潤と経済成長の源泉 前編 [晴耕雨読]
前回の最後に、次からは現実的なテーマでと書いたが、「競争モデル」と「独占モデル」の根源的同一性に関する説明が不足していたという反省から、予定を変更させてもらうことにした。 前回、「独占モデル」という仮構の経済社会を想定して、そこでは、経済主体が利潤(利益)を“絶対”的に得られないことや国民経済(モデルでは世界経済)のGDP的成長もないことを説明した。そして、その論理は、「独占モデル」のみに適用されるものではなく、「近代経済システム」の過去及び現在の現実モデルである「競争モデル」でも、まったく同じよ... [Read More]

Tracked on February 08, 2007 at 10:02 PM

» 国保の強制取立 [関係性]
   ―胸糞悪い「美しい国、日本」―  新聞を見ていると、悲惨なニュースが急激に増えている。それも政府の施策が庶民を“いじめる”ニュースである。  「国保滞納 差し押さえ増」「国保、払いたくても」(朝日新聞2月4日付け朝刊)を読んだ妻が、悔しさを表情にためて“胸糞悪い”と私に訴えてきた。  国民健康保険は「自営業者や農林水産業者を主な対象としてきたが、近年は失業者やフリーター、高齢者の加入が増えている」。そして、「失業者や高齢者に医療を保障するセーフティーネット」である。  しかし、保険料収納率の... [Read More]

Tracked on February 09, 2007 at 11:58 AM

» 通貨・物価変動論など 前編 [晴耕雨読]
■ 金の生産と「労働価値」 通貨というもっとも現実的な価値基準を考える前に、金を取り上げて、「労働価値」がどのようなものであるかを説明したい。 かつて貨幣として金が使用されたのは、非腐食性・分割容易性・細工容易性といった物理的特性と使用価値が低いという経済的特性によると考えている。 金は、工業用や宝飾・工芸用として利用されるが、工業用で使われるのは少量で、宝飾や工芸でも奢侈的に使われている。 金が1gで1300円ほどする理由は、希少性や需給バランスだけでは説明できない。 希少性というのは需要... [Read More]

Tracked on February 11, 2007 at 04:30 PM

» 通貨の供給過程 前編 [晴耕雨読]
■ 通貨供給過程 金貨(金属貨幣)が通貨として使われていた時代は、基本的に、国家が通貨発行権を持っていた。 (アメリカ合衆国は現在でも憲法上は通貨発行権を連邦議会に付与している。FRBは法律と屁理屈でのみ正当性が維持されている通貨発行主体である) おおまかに言えば、「国家が金(金属)鉱山や戦争を通じて得た金(金属)を元に金貨(金属貨幣)を発行して統治上必要な物資や労働力を購入することが通貨供給の出発点になる。そうして流れ出た通貨は、国内の一般経済取引にも利用され、一部は課税を通じて国家に戻り再度... [Read More]

Tracked on February 13, 2007 at 07:26 PM

» 学びほぐす(unlearn)・教え返す(unteach) [関係性]
 長々と「マグロ消費と環境」について書いてきた。この中で最も大きな収穫はコメント交流であった。また、コメントによる実体験をわが物として次の記事への導入とさせて頂いた。このことが結局、長い連載となり読み難い内容となったかもしれないが、少なくても私の中の“環境”が整理できたことは間違いない。  このブログ間の関係性は、「学びほぐす(unlearn)」や「教え返す(unteach)」を実行したのだろうと思われる。  「地域の人々和む作業所」(朝日新聞06年11月8日付け朝刊)は、「ぴぐれっと」(横浜にある... [Read More]

Tracked on February 15, 2007 at 04:04 PM

» 預金に利息が付く不思議:近代的預金と「信用創造」 2 [晴耕雨読]
● 預金に利息が付く不思議 預金しているのだから利息が付くのは当たり前だと考えるのは、近代人の証拠である。 文字通りを考えればわかるように、金を預けるのだから、コインロッカーに物を預けるときに通貨を支払うように、預け代を支払うのが本来的な“筋”なのである。 金本位制以前の預金は、金貨を自宅に置いておくことに不安を感じる金持ちが手数料を支払って銀行家に保管してもらっていたというものである。 お利口な銀行家は、預かった金貨をそのままじっと保管しておくのではなく、引き取り客に対応できるようある程度... [Read More]

Tracked on February 15, 2007 at 10:53 PM

» 憲法規定に違背して内閣(行政機構)優位の統治構造が維持されてきた日本 [晴耕雨読]
Q1:「衆議院が内閣を信任しないという意思表示をしてもいないのに、天皇の国事行為に関する条項(第7条)をダイレクトに使って衆議院を解散できるという“荒業”が通用してきたのが戦後日本の政治実態である。」において、あっしらさんは“荒業”が通用してきた原因を何に求めることができると思量されるでしょうか。 A1:まずは、日本国憲法が国民的議論を通じて成立したものではなく、原案が米国政権が主導したGHQによって提示され、大日本帝国憲法の統治構造のなかで政治経験を積んだ行政機構がGHQと交渉しながら成案をつ... [Read More]

Tracked on February 19, 2007 at 05:49 PM

» 赤旗-日曜版-記事の曖昧さ(「円安」問題) [関係性]
 私は「マグロ消費と環境」で、マグロの割当量が減ってもそれを養殖によって賄うという思想には反対である。より一層の蛋白源を消費してマグロを育てる意味があるのか、また、多種多様な魚介類の存在が自然を守っていることを主眼に置けば、ある一種類を集中的に養殖することは環境に無理を与え、薬剤を与えなければ効率を上げられなくなり、消費者の健康にも大きな負担とならないか、と問いたい。  この問題に対して、「日本経済新聞」も「朝日新聞」も私たちに新たな視点を提示していない。旧来依然とした経済効率主義しか語られていな... [Read More]

Tracked on February 21, 2007 at 01:36 PM

» 冷戦とは内ゲバだった ? [晴耕雨読]
>英米金融資本による右派グローバリズムが生まれた頃、マルクスによる左派グローバリズムが生まれた。このセクト内対立は、第2次大戦後、ソ連・中共が生まれたことで激化した。我々はそれを冷戦と呼んだが、実はそれは同一の思想集団の中の内ゲバだった。 やがてソ連が崩壊し、東欧が市場経済に移行し、中国がイデオロギーは保ちながらも、本音では市場経済への移行を始めた。つまり左派グローバリズムは右派にとって脅威でなくなった。そこでマルクスの再評価が始まった。 マルクスの思想を評価することで骨抜きになった左派グローバ... [Read More]

Tracked on February 25, 2007 at 08:46 PM

» 『円安』『円高』情報操作から何を学ぶか? [関係性]
 昨年11月に「『外貨預金』や『投資信託』はギャンブル」(関係性ブログ06年11月23日付け)で、政府の税金投入で「円安」を作り出し、金融機関による「外貨預金」と「投資信託」というギャンブルに庶民の貯金を吸収する(食いつぶす)ことによって、その「円安」を支える構造が出来上がっている、ことを述べてきた。  この「円安」を基礎として、大手製造業も大手金融機関も大収益を上げてきた。言うまでもなく、同時に、非正規雇用の増大を進めて、賃金下落がこの収益を支えたことになる。  この06年10月以降から07年2... [Read More]

Tracked on February 27, 2007 at 12:05 PM

» 「非正規雇用」や「偽装請負」が許される非常識な理由 [関係性]
 キャノンで「偽装請負」がバレても、御手洗キャノン会長が平然としていられる理由がどこにあるのか。  大野秀之さん(32)は闘う姿勢を示した。物言わぬ「請負」労働者からの脱皮である。  「契約におびえず仕事したい」(朝日新聞2月22日付け朝刊)、「『請負』実態を証言」(朝日新聞2月22日付け夕刊)、「偽装請負を告発」(しんぶん赤旗2月23日付け)で、大野さんが衆院予算委公聴会で職場(キャノン)の「偽装請負」について意見を述べた。  大野さんはこの7年近く、数カ月おきに更新される細切れ契約で請負会社... [Read More]

Tracked on March 02, 2007 at 02:37 PM

» 「ゆとり教育」 [晴耕雨読]
 三浦朱門氏はゆとり教育について、斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。 「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審(引用者注:教育課程審議会)をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本は どうにもならんということです。 つまり、できんものはできんままで結構。  戦後五十年、落ちこぼれの底辺をあげることにばかり注いできた労力を、 できるものを限りなく伸ばすことに振り向ける。百人に一人でいい、やがて 彼らが国を引っ張っていきます。限りなくできない... [Read More]

Tracked on March 23, 2007 at 08:27 PM

» 「敗戦責任」と天皇 [その2] [晴耕雨読]
『「敗戦責任」と天皇  [その1]』の続きです。 「● 近代天皇制と前近代の天皇制」の予定でしたが、[その1]でいただいたレスを踏まえ、[その1]の補足的な説明を間に挟ませていただきたいと思います。 --------------------------- [その1]では、戦前及び戦後の近代天皇制が、良く言えば“統治権威”、ざくっと言えば“真の支配者の道具(隠れ蓑)”でしかないという見方を書いた。 そのような見方を書いた背景には、このようなサイトで匿名でならともかく、主要メディアで実名をさらして... [Read More]

Tracked on March 31, 2007 at 06:55 PM

» 国際金融家(寄生者)には読んで欲しくないが:「近代」日本と今後の世界 上 [晴耕雨読]
あまり寄生者を利することを書きたくないという思いもありますが、彼らのほうがずっとエグイのでとっくに承知と割り切って書きます。 >インド人は世の中が良く分かっていたようです。  リカードなんかクソ食らえでしょう。  日本人はどうなのか。  手首を切る必要はありません。  おとなしく首を切られてます。  奇怪なことではありませんか? アジアで唯一「近代主義大国」になったことが、日本をリカード側に立たせてしまいました。 すなわち、外見的には手首を切る側に立ったということです。 明治維新期は、米国で南... [Read More]

Tracked on April 06, 2007 at 08:11 PM

» 「財政破綻」を持ち出す「反新自由主義」者は短慮であり“犯罪者”である。 上 [晴耕雨読]
世の中は面白いもので、知識や情報を得た人たちのある部分は、その能力を活かすのではなく逆行してしまい、現実の真相から遠ざかり現実の表層にこだわって物事を判断しているように思える。 その典型が、「反小泉」や「反新自由主義・反市場原理主義」の立場でありながら「財政破綻」と政策判断を結びつける人たちである。 財務省官僚を筆頭に優良企業の経営者や金融資産保有者そして「新自由主義・市場原理主義」信奉者が「財政破綻」と政策判断を結びつけることに異論はない。 なぜなら、それが彼らにそれなりの“短期”的利益をもた... [Read More]

Tracked on April 09, 2007 at 06:45 PM

» 日本で財務省発行の紙幣にすると、どうなるの?ケネディも大統領令の財務省紙幣発行で暗殺されたって本当 [晴耕雨読]
もし、日本で財務省発行の紙幣にすると、どうなるんでしょうか?やっぱり、ケネディみたいに暗殺されちゃうんでしょうか? そもそも、ケネディが大統領令で、FRB発行券(紙幣)を止め、財務省が直接発行する券(紙幣)にしようとしたことは、ほんとうなのでしょうか? もしほんとうとすれば、それはほんまにトンでもない『だいそれた』(『これは、始末するしかないな』に匹敵する)ことなんでしょうか? そもそも、アリの数よりたくさんいる聡明な経済・金融学者のみなさんは、FRBの《欺瞞》に気がついてないんでしょうか? ... [Read More]

Tracked on June 20, 2007 at 07:53 PM

« 私たちは操作されている-小泉内閣過剰広報予算 | Main | 都会の片隅で一人の男が餓死した »